夏に涼しいテントが欲しいので見てきました

僕の住んでいる岐阜は今日、30度を超える気温になりました。職場も流石にエアコンのスイッチが入って、もう初夏の感じになってきました。

こんばんは、パパーマンです。

最近は、これから暑くなってきた時に日中にキャンプサイトで快適に過ごせる方法についていろいろと考え、妄想しています。

じゃあ、日中にキャンプ場で何をしたいのかと聞かれても、せいぜい昼寝しているか、ラジオ聞いているか、読書しているか・・・そんなものなのですが。

大きなタープを張って日陰を作れば暑さには耐えられるかもしれませんが、ピルツ7って、それなりに背が高いのでテントをタープ下に入れにくいです。小型のドームテントだったら全然問題ないのでしょうがね。

ピルツ7の場合、ポールの先端にタープの端を接続するような画像をよく見かけるのですが、これだと強い風が吹いたらテントのポールが曲がってしまう気がして僕は気が進まないのです。(注:のちに気が変わって?ムササビウイングを接続して使いこんでます。ウソつきです。)

それで、風が吹き抜けるような涼しいテントが欲しくなったわけです。

平湯02_朝

あんなテント、こんなテント、いろいろ妄想しましたよ。

はじめに考えたのが アライテント カヤライズ3 これは3人用のフルメッシュテントです。ソロキャンプなのですが、前提として広さ的にはこのくらい欲しいのですよ。



主なスペックは

・重 量:1720g
・サイズ :設営時:間口185×奥行220×高さ115cm 収納時:40×20cm
・カラー:ライトグレー
・素 材:本体:モスキートネット(ナイロンメッシュ) シート:40dnナイロンタフタPUコーティング

この上にタープ張ったら、きっと涼しいのでしょうね。でも天候が悪い時はフライシートも必要になるので、タープに加えフライもそろえることを考えると結構な価格になってきて手が届きそうにありません。


そこで、次に考え始めたのがこれ。モンベル(mont-bell)  ムーンライトテント 5型 です。



写真はフライシートがついていないけど実際はあります。5型なので5人用と思っていましたが、モンベルのカタログ見たら4人用と書かれていました。

アマゾンの商品説明では4人から5人用って書かれていますね。フロアは210cm×210cmの四角の角が斜めに切れた八角形なので詰めて寝ると4人がちょうどかなと思います。これメッシュ部分が4面にあって涼しいんだろうなー。フライと、インナーの間の隙間も大きいし。

と妄想が膨らみまして、実は昨日は会社を休んで近くのモンベルショップに行き店員さんにお願いして、お店にあったムーンライト5型を袋から出してもらい一緒に組み立てた後、撤収までしてきました。店員さんは、いやがる顔一つせず付き合ってくれました。モンベル店の応対は流石です。

そして感想ですが、ムーンライトの名前は月明かりの中でも組み立てられるほど簡単という意味らいしのですが、本当に組み立ては簡単でした。張り綱がないのが一番楽です。ペグダウンは最大で10箇所です。

設営の速さという点では、ワンポールテントには負けると思いますが十分許容できる範囲です。組み立てが面倒だと、テント張るのが嫌になっちゃいますから、こういうテントはいいですね。

室内の広さは、感覚的にはピルツ7と似たような感じです。実用的な面積はもちろんムーンライト5の方が広いのですが、高さが低いので狭く感じます。

テントの中は正確には分かりませんでしたが、高いところで140cmくらいかな。店員さんに、ご検討よろしくお願いしますと言われて帰ってきました。モンベルは値引きが無いけど、うーん、買ってしまいそうです。

買うなら、色はアイボリーにする予定です。この場合はタープを使わずテントだけでいこうかと。タープ張るのも時間かかるし。

やっぱり、妄想は続きそうです。

ムーンライト5型買いました。(#^.^#) こちらの関連記事もどうぞ。

モンベルムーンライト5型 細部まで観察編

このテントは今年になってから使っています。 設営が容易な点はそのままに、弱点の暑さについて何とかしたいと思い ご購入を検討されている方の、少しでも参考になればと思います。 まず、外観から見ていきましょう。 ムーンライトシリーズはA型フレームで出来ているので、 基本的には、三角形があつまって全体の姿になっています。


それでは、今回はこのへんで。










関連記事

0 Comments

Post a comment