上高地を歩く~夏の空と小径を歩いた記憶

河童橋を目指して歩く


前回の記事 上高地を歩く~明神池に到着です の続きです。

2017年7月21(金)のまだまだ午前中です。

河童橋を目指して歩きます。青い空にモクモクと入道さんがのぼっています。この空は夏の空ですね。ふと子供の頃に見た懐かしい風景を思い出してしまいました。

天気が良くて気持ちのいい日なのですが、パパーマンは夏風邪がひどくなったようで、だんだん体がだるくなってきました。気づけば、いつもより汗をたくさんかいています。これは早く平湯キャンプ場に帰って、ゆっくり休息をとらなければ治りそうにありませんね。(笑)

そんなわけで、上高地のハイキングのお話は今回がクライマックスです。

平湯の森01_夏の小径


道の途中にあったの目撃情報の看板です。この道は観光客が行き交う人通りの多い道だと思うのですが、こんなところにもが出るようです。パパーマンもそうですが、歩いていてもあまりの鈴をつけている人はいないようでした。でも油断は禁物ですね。

平湯の森01_ツキノワグマ

少し歩くと、また明神岳が展望できる場所がありました。

平湯の森01_明神岳を撮る人

さらに歩きます。

河童橋に近づくにつれ、すれ違う人、追い越していく人が多くなってきた感じがします。

平湯の森01_人が増える

次に上高地に来ることがあったら


今度、この上高地をあるくチャンスがあったら、明神池から先の徳沢というところまで歩いてみたいと思いました。それにはもっと体を鍛えて、お腹を引っ込めないといけません。(笑)

平湯の森01_お腹

水草が気持ちよさそうに、川の流れにゆだねてユラユラとゆられています。

平湯の森01_水草

再び河童橋に到着!ゴールはもうすぐです


河童橋に戻ってきました。出発した時より人が増えていますね。

平湯の森01_河童橋かえりみち

でも残念なことに、穂高連峰の頂上付近が雲にかくれてしまっていました。今日の山の風景は、朝早い時間が見ごろだったようです。

平湯の森01_雲で隠れる奥穂高

上高地バスターミナルに到着しました。今からこのバスに乗って、平湯バスターミナルまで戻ります。

平湯の森01_シャトルバス

最後のもうひと踏ん張り


いっきに歩いて平湯キャンプ場まで戻ろうと思いましたが、そんな気持ちと裏腹に体は言うことをきいてくれません。キャンプ場までの上り坂を歩く前に、ひらゆの森で温泉に入っていったん休憩にしました。

温泉から上がって畳の部屋の休憩所で横になったら、いつのまにか完全に寝ていました。(笑)いやぁー、時間があっという間にたっていて驚きましたね。

やっと少し元気が出るようになり、この後はキャンプ場まで歩いて帰ることが出来ました。

平湯の森01_かえりにひらゆの森による

今回はこのへんで。

続きは次回をどうぞ。














関連記事

0 Comments

Post a comment