上高地を歩く~森の中に夜な夜な動く木

上高地を守るエントをみつけた


前回の記事 上高地を歩く~河童橋から明神池を目指して の続きです。

2017年7月21(金)のまだまだ午前中です。

映画ロード・オブ・ザ・リングには「エント」と呼ばれる巨木の姿をした種族が森の中をノッシ、ノッシと歩く場面がでてきますが、昔から木が人が見ていない夜中に歩いて移動するという怪奇話はよく聞きますよね。

下の写真は、ハイキング中に見つけた大きな木の根元の部分です。これの木は完全に地上に木の根っこと思われるものが出ていました。この木を見た時に、歩いてここまでやってきたのじゃないのかとパパーマンは想像してしまいました。

昔の人たちもこんな木を見て、「この木は夜中に歩いているのじゃないか?」と想い、そこから木のお化けとか、森の精のお話が出来たのではないかと思うのです。

平湯の森01_足



そして、こっちの木には頭がついていました。(怖っ。)

このような木も歩いていていくつか見かけました。よく見ると、どれもコブのようなものが木から出てきているようです。もし、もっと暗い場所でコレをみつけたら、本当に怖いかもしれませんよね。これも、よく木が人に話しかけたりするお話の元になっているのではないかと想像してしまいました。

平湯の森01_顔

川の恵みが作った森


遊歩道は川に近づいたり、離れたりしながら明神池まで続いています。

平湯の森01_小川1

明神池まで、あと2.8km。

平湯の森01_明神池28km

水が透き通っているので、まるで魚が空中に浮かんでいるかの様に見えます。

平湯の森01_魚

森の中を、どんどん進みます。

平湯の森01_木

遊歩道をどこまでも。平日のせいか、あまり人とすれ違いませんね。

平湯の森01_小径3

うす暗い森の中を歩いていくと、時々小さな川にぶつかります。

平湯の森01_小川2

小さな昆虫の楽園


とてもわずかですが、花も見つけることができました。アブにとっては小さなオアシスのようです。

明神池まであと少しだぞ。

平湯の森01_花

今回は、このへんで。

続きは次回をどうぞ。











関連記事

0 Comments

Post a comment