粕川オートキャンプ場から春日局公園まで歩く

お散歩ルートマップで行き先を探す


前回の記事 雨がふっても日差しの強い日でも快適なBBQ場所を発見した の続きです。

粕川オートキャンプ場 2017年6月18日(日)の午後、足をのばして。。。

それにしても、今日は蒸し暑い日です。湿度が高いので散歩しているだけで汗が出てきます。雨が降りそうで降らない感じなのですが、念のために天気予報を確認すると午後から降水確率が50%になっているではありませんか。あぁ、いつのまにか降水確率が上がっている。

粕川オートキャンプ場の対岸を野球のグランド(揖斐川町営市場グランド)まで歩いてきました。下の写真は、ここで見つけたエリアマップですが、春日局公園という場所があるので、最後にここを訪れたいと思います。

粕川47_地図

春日局公園へ到着


歩いて15分くらいで、春日局公園に到着しました。小さな公園です。

春日局(かすが の つぼね)/斎藤福(さいとう ふく、天正7年(1579年) - 寛永20年9月14日(1643年10月26日)は、安土桃山時代から江戸時代前期の女性で、江戸幕府3代将軍・徳川家光の乳母。「春日局」とは朝廷から賜った称号である。

~ウィキペディアより

粕川47_春日局公園

春日局は、ここで生まれたのですね。

粕川47_春日局出生地

春日局公園にも地図がありました。雨が降らないように、急いでテントに戻ります。

粕川47_春日局地図

雨が降りそうなので撤収を急ぐ


帰り道は粕川オートキャンプ場の一番川下のところで川を渡ります。

粕川47_川を渡る

テントに到着しました。雨が降りそうなので、お隣さんもいませんね。みんな帰られたようです。

粕川47_誰も居なくなったテントサイト

お団子を食べて、最後の休憩です。急いでいても、お団子は忘れない。

粕川47_団子

撤収中。あとは、ユニツアー3をたためば完了です。

なんとか雨に合わずに、すみましたね。

粕川47_撤収

今回のキャンプ日記も、最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、このへんで。

明日もキャンプに行きたいっ!

孤独のキャンプ に戻る。















関連記事

0 Comments

Post a comment