テントの中の防虫対策にハエにも効くおすだけベープを使う

最近キャンプで使っているおすだけベープ


最近、キャンプでふくらはぎをブヨにやられまくって、かゆくてたまらないパパーマンです。

もう梅雨に入りしばらくたちますが、この時期になるとキャンパーの大敵である蚊やブヨがキャンプ場には発生しているわけなので、キャンプ生活を快適に送るためには、これら害虫への対策がかかせません。

そこで、毎年パパーマンもいろいろな対策を考えてきましたが、最近テント内の虫対策として使っているのが「おすだけベープ」です。この商品はキンチョーだと「蚊がいなくなるスプレー」、アースだと「おすだけだけノーマット」の商品名で同じタイプの商品がでています。キャンプでこれらの製品を使われている方も、パパーマン以外にすいぶんいるのではないかと思っているのですが、どうでしょうか。

おすだけベープはワンプッシュで使いやすい


パパーマンの使っているおすだけベープはお部屋の中でワンプッシュするだけで、12時間虫の侵入を防ぐという商品です。電池も使わないし、蚊取り線香の様に煙で息苦しくなったりしないので狭いテント内では使い勝手がかなりいいと思います。ちなみに最新の製品は24時間効くタイプもありますので、より長い防虫効果が必要な場合はこちらを選ぶとよいですね。

なにせ、28mL容量の小さなボトルなのに120回分も使用できるわけで、キャンプ専用に1本購入したらいつになったらボトルが無くなるのかわからないほどなのですよ。きっと普通の方は何年も使えるはずです。(笑)

パパーマンは主にテントを張ってインナーテントを作った直後、まだ寝袋などの荷物を入れていない状態でインナーテントの窓を全部閉め、このおすだけベープをワンプッシュしています。

フマキラーの説明によれば、ワンプッシュすると小さくて軽い粒子が長く空間に漂い、床や壁についた蒸散性の高い薬剤が再蒸散することで、優れた効果が長時間続くそうです。つまり蚊はいつも飛んでいるイメージがありますが、実は壁などにじっととまっている時間の方が長いので、このとまっている蚊に対して薬剤が作用する様に考えられた殺虫剤のようです。

おすだけベープ

おすだけベープはなんとハエにも効くほどの威力がある


なにより気になるのが、このおすだけベープの効き目ですね。注目したいのは、おすだけベープはハエにも効くと説明にあることです。それだけ、この薬剤は殺虫効果が高いといえます。なんといっても通常の蚊取り線香や、どこでもベープなどではハエまで殺せませんから。

もちろん哺乳類には無害な成分(ピレスロイド系)を使っているので人体には影響がないはずなのですが、ちょっと効き目がありすぎて大丈夫かなと思うこともあり、プッシュした直後にはさずがにインナーテントには入りませんよ。(笑)

ただ少し残念なのは、インナーテントのファスナーを気をつけて閉めていれば中に虫が入ってくることはあまり無いわけで、防虫効果をなかなか実感できていないのです。それでも入室や退室の時には必ずファスナーを開閉しているので、わずかなスキに入ってきた害虫に寝ている間に刺されるのはたまりませんから、おすだけベープを使っています。まぁそのうち、朝起きたら大物が落ちている日が来て、効果が実感できることを楽しみにしています。(笑)

というわけで、あまりとりとめもない話でしたが、これからもおすだけベープを使って効果を見ていこうと思っています。(ボトル1本なくなるまではね・・・)

今回は、このへんで。














関連記事

0 Comments

Post a comment