連発銃を持つ男 コールマン リチャージャブルクイックポンプ

手動ポンプからリチャージャブルクイックポンプ


夏はコットの上で寝ているパパーマンですが、コットは冬は寒いので断熱性を重視してマット系に切り替えています。そのマット、昨シーズンまでインフレータブルマットを使用していたのですが、サイズUPと寝心地の向上のため今シーズンからエアーベットに替えました。

参考記事:エアーベットで快適な冬キャンプの寝床をつくろう

エアーベットを膨らませるには空気を充填するエアーポンプが必要です。パパーマンは最初、手動式のエアーポンプを購入し苦労した為、コールマンリチャージャブルクイックポンプを続けて買いました。この電動式ポンプを使うようになり、空気入れ作業の重労働から解放されて、今はとても助かっています。

今回は、手動式と電動式のポンプ特徴をふまえ、コールマン リチャージャブルクイックポンプの紹介をします。エアーベットの購入を考えている方の参考になれば幸いです。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ01

コールマン リチャージャブルクイックポンプの主な仕様


  • 充電できるバッテリータイプ。使用時間約20分
  • 注入&排出が可能
  • 生産国:中国
  • サイズ:約20×10×11(h)cm
  • 重量:約1.5kg
  • 材質:ABS、他
  • 使用電源:AC電源充電式バッテリー
  • 付属品:AC電源アダプター、ダブルロックバルブアダプター、ミニダブルロックアダプター、ピンチバルブアダプター

リチャージャブルクイックポンプは充電池が内蔵されているタイプのポンプです。コールマンの電動式エアーポンプは、使用する電源の種類によって他にもバリエーションがあります。”4Dクイックポンプ”は本体価格ををおさえた電池式(単一乾電池×4本)、”12Vアドベンチャークイックポンプ”は車のシガーソケット 差し込みタイプです。

パパーマンは、テントの中でエアーベットを膨らませるのでリチャージャブルクイックポンプを選びましたが、車中泊なら12Vアドベンチャークイックポンプの方が便利だと思います。4Dクイックポンプは、キャンプをする頻度が高いパパーマンにとっては、電池代の元がとれないと思いパスしました。キャンプに行く頻度が少ない方は4Dクイックポンプがいいかもしれませんね。

ポンプ先端形状は、3種類のアダプターを交換することによって使い分けられます。パパーマンが使用しているコールマンエアーベットなら、下の写真の一番大きいアダプターにして使うことになります。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ02

エアーベットのバルブへ、ノズルをこの様に差し込みます。写真では分かりにくいのですが、バルブをうまく開けないと空気が全く入りませんので注意が必要です。パパーマンが一番初めに空気を入れようとした時は、空気が全然入っていかないので故障かと勘違いしました。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ03

コールマン デュアルアクションクイックポンプとの比較


さて、下の写真は初めに購入した手動式のポンプです。これも同じコールマンの デュアルアクションクイックポンプという製品です。

何故手動式を購入したかといえば、電動式のポンプは空気を入れるときに結構大きな音がするのを知っていたからです。実際、リチャージャブルクイックポンプも「キーン」という大きな音がしますよ。手動式も全くの無音ではないのですが、 リチャージャブルクイックポンプに比べるとはるかに静かです。リチャージャブルクイックポンプを使ってエアーベットを膨らませるタイミングは、まだ明るいうちにしましょう。(笑)

ところが手動式ポンプを使ってみて分かったのは体力が必要なことです。パパーマンはツインサイズのエアーベットを使っているのですが、エアーをフル充填するにはピストンを120回も往復させないといけません。それはもう毎回、空気入れ作業の途中でゼーゼー息切れをして休んでいましたから。(笑)それに比べて リチャージャブルクイックポンプなら30秒ほどで空気が充填できるのです。もう手動式に比べたら、魔法の道具といっていいくらい。

でも手動のデュアルアクションクイックポンプにもいい点がありますよ。エアーベットを固めに膨らませたい場合、電動式ではちょっとパワー不足なのです。そんなニーズがあれば手動式に軍配が上がります。体力に自信のある方で、ベットは固めが好きな方は手動を選ぶのも一考かと。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ04

手動の デュアルアクションクイックポンプの注意点をもう一つだけ。これは思ったより大きいです。小さい消火器くらいのイメージです。メジャーで測ると長さは45cmありました。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ05

電動式のリチャージャブルクイックポンプ(左)と、手動式のデュアルアクションクイックポンプ(右)を並べると、こんな感じです。
リチャージャブルクイックポンプだと、ずいぶんコンパクトになるのが分かると思います。デュアルアクションクイックポンプは、ホースの部分が潰れないように車に積載しないといけないので、そういった意味でも気を使います。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ06

コールマン リチャージャブルクイックポンプのまとめ


手動式vs電動式のメリット、デメリットをまとめました。

手動式のポンプと比べた利点です

  • 空気入れ作業が楽です
  • コンパクトです思ったより価格も高くない
  • 作業時間が圧倒的に短いです

手動式のポンプと比べたデメリットです

  • 使用時の音が大きいので気を使う
  • 充電が必要
  • エアーベットが固くならない


リチャージャブルクイックポンプですが、体力に自信の無い方にはこちらをお勧めします。(くれぐれも過信は禁物です。)

それでは、今回はこのへんで。










関連記事

0 Comments

Post a comment