粕川オートキャンプ場 老兵は死なずセグロアシナガバチ

老兵は死なず、ただ消え去るのみ


前回の記事 粕川オートキャンプ場 樹上からの使者アオマツムシ の続きです。

11月13日(日)の午後になりました。

この日、前回の記事に書いたアオマツムシの次にパパーマンのチェアにやってきたのは、セグロアシナガバチでした。このセグロアシナガバチはキアシナガバチと並んで、アシナガバチの種の中でも最大のハチです。

アシナガバチは毒針を持っているものの、スズメバチと違って動きもおそいし大人しいハチなのです。ところがですね、やってきたセグロアシナガバチは、チェアにとまって動かずにじっとしていました。これは大人しいというより、元気が無いといった方がいいでしょう。

学研の図鑑によると成虫で過ごすのは4月から10月の期間なので、このアシナガバチもそろそろ寿命のようです。新しい女王バチが巣から飛んでいった後に、巣に残された働きバチなのかもしれませんね。

そうだとすれば仕事もなくなったことだし、ゆっくりと余生を楽しんでいるところかもしれません。

粕川31_セグロアシナガバチ

キャンプの食費を抑えるためには焼きそば


今回のキャンプは出費を抑えるというテーマがあったので、2日目のお昼ご飯はモヤシ焼きそばにしました。近くのスーパーで焼きそばの麺が1袋あたり16円で売られていたので、この麺を2袋と30円のモヤシを一袋購入し、炒めたらソースをかけて完成です。

粕川31_焼きそば

撤収前にコーヒーを一杯だけ


午後3時頃になると、もう日が傾いてきて夕方の雰囲気です。そろそろ撤収をはじめるとしましょうか。その前にまずお湯を沸かしてコーヒータイムです。

粕川31_お湯を沸かす

コーヒー豆をポーレックスコーヒーミルミニに詰めます。すると豆のいい香りがしてきました。

粕川31_コーヒーミル

ユニフレームのコーヒーバネットでドリップ中です。

粕川31_ドリップ

淹れたてのコーヒーと、柿マンジュウをいただきます。

粕川31_お団子

あぁー美味い。

コーヒーを飲んで気合いを入れたら、道具を一気に撤収しました。

今回のソロキャンプでもいろんな昆虫を発見出来ましたが、次回はどうかな。

粕川31_お団子2

今回のキャンプで空になったCB缶は3本でした。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

今回のキャンプ日記はこのへんで。

それでは、また。

明日もキャンプに行きたいっ!


粕川オートキャンプ場 ガスランタンがドロップダウンする季節 に戻る。

















関連記事

0 Comments

Post a comment