コールマン(Coleman) アウトドアワゴンでフリーサイトに泊まろう

車からサイトまでのキャンプ道具の運搬に便利なアウトドアワゴン


今回はコールマンアウトドアワゴンの紹介です。

キャンプ場でフリーサイトといえば、車の乗り入れが出来るオートサイトより格安なのがメリットです。でもその分、荷物の運搬をしなければいけませんね。そんな時、車からテントサイトまでのキャンプ道具の運搬が、どうしても億劫になってしまうものです。

パパーマンの場合は、特に夏場に重い荷物を持って何回も車とサイトの間を往復すると本当にまいってしまうことがあります。いくらキャンプが好きだといっても、ある一線を超えると、どうしてもやる気が半減しますよ。汗をかきながら道具を運んでいると、「何のために俺はキャンプをやっているか?」と頭の中でもう一人の自分が問いかけてきますから。(笑)

というわけで、車に満載したキャンプ道具の運搬を出来るだけ楽にすることが、フリーサイト利用するキャンプでのポイントになると思うのです。

愛知県に犬山公園という広いフリーサイトがあるキャンプ場があって、パパーマンは時々利用させてもらっています。ここでは良く折りたたみ式のキャリーカート(キャリアワゴン)を利用しているキャンパーさんを見かけるのです。犬山公園では最近、このカートを使うのが流行っている様に思えるのですよ。確かに子供を載せて運んでいる親子連れを見ると楽しそうですし、何よりも楽に荷物が運べて便利そうなのですよね。

そんな姿を羨ましく思いながら今まで指をくわえていたパパーマンですが、このたびコールマン(Coleman)のアウトドアワゴンを手に入れました。そして、このアウトドアワゴンを使うことで、今まであきらめていた駐車場とサイトが離れているキャンプ場も利用することが出来ると確信しましたよ。

それでは、このコールマンアウトドアワゴンについて詳しく紹介していきます。

気になる方は”続き”をどうぞ。


コールマン Coleman アウトドアワゴン01


コールマン アウトドアワゴンの主な仕様


それでは、はじめにアウトドアワゴンの主な仕様を紹介します。
  • サイズ:使用時/約106×53×100(h)cm、収納時/約18×40×77(h)cm、荷台/約88×42×31(h)cm
  • 重量:約11kg
  • 材質:スチール、他
  • 耐荷重:約100kg
  • 付属品:フック付ラバーバンド、収納ケース

コールマン製のアウトドアワゴン耐荷重が100kgあるのが特長です。似たような折りたたみのキャリーカートは他社からも何種類か出ていますが、このクラスは他にドッペルギャンガーくらいです。

キャリーカートは重い荷物を運ぶ道具だけに、出来るだけタフであってほしいですよね。パパーマンの場合はこの耐荷重が100kgというスペックの高さと、やはりコールマンが作っているという安心感から購入に至りました。

アウトドアワゴンを展開してみます


ここからアウトドアワゴンを収納状態から、展開する様子を詳細にみていきたいと思います。

まずアウトドアワゴンが折りたたまれた状態です。赤いカバーがついているのがわかります。

コールマン Coleman アウトドアワゴン06

その赤いカバーには大きなポケットがついていて、ここに写真の様に折りたたまれた板が入っています。この板は後でまた出てきますが、アウトドアワゴンを展開したときに底になるパーツです。

コールマン Coleman アウトドアワゴン08

カバーをとり外すには、このマジックテープを両側とり外してやります。しっかりした作りですね。

コールマン Coleman アウトドアワゴン07

カバーを取り外すと、アウトドアワゴンが折りたたまれている状態が分かります。

コールマン Coleman アウトドアワゴン09

展開する前に、もう一つマジックテープをはずしてやります。

コールマン Coleman アウトドアワゴン10

さて、展開しました。結束タイプの折りたたみ椅子を展開する要領です。

コールマン Coleman アウトドアワゴン11

アウトドアワゴンの底に先ほどの板を展開して敷いてやります。この板はなかなか固いです。

コールマン Coleman アウトドアワゴン12

これで底部が強くなりました。これで少しくらい重い荷物を載せても大丈夫ですね。

コールマン Coleman アウトドアワゴン13

次にハンドルをのばします。それにはハンドルの根元にあるボタンを押して、ハンドルをグイッと引っ張ります。

コールマン Coleman アウトドアワゴン14

ハンドルが伸びましたね。ここまでアウトドアワゴンを展開すれば完成です。これでもう使用可能になります。

コールマン Coleman アウトドアワゴン15

アウトドアワゴンの細部を見てみる


ハンドルはシンプルなT型で、材質はプラスチック製です。ここをつかんで引っ張るのです。あまり気にならないとは思いますが、手が小さいと持ちにくいかもしれませんね。

コールマン Coleman アウトドアワゴン17

アウトドアワゴンは折りたたみ式なので耐久性が心配な方も多いと思います。こういった構造は昔からアウトドア用のチェアなどでよく使われている構造なので、あまり心配ないのではないかなと思っています。実際には、これから使い込んで見ていくつもりです。

コールマン Coleman アウトドアワゴン05

荷物を満載したいときには、ゴムロープで固定すると安定します。フック付きのゴムロープもアウトドアワゴンに同封されているので、必要に応じて写真のDリングを使って荷物を固定しましょう。

コールマン Coleman アウトドアワゴン18

生地に力がかかりそうな部分は、この様に補強されています。よく考えられていますね。

コールマン Coleman アウトドアワゴン19

気になるアウトドアワゴンのタイヤ


タイヤってワゴンの走破性に関わるので、気になる部分だと思います。

まず後ろ側のタイヤです。ホイールの部分は色がねずみ色で塩ビパイプの色に似ていますが、材質はよくわかりません。このタイヤは固定輪(方向が変わらない)です。

コールマン Coleman アウトドアワゴン03

前輪にはロック機構(ブレーキ)があるので、同じようなロック機構はドッペルギャンがー製のワゴンにもついていますが、山善や、テントファクトリーにはついていません。坂道で停車させる時には使えますね。こちらのタイヤは自在輪(タイヤの向きが変わる)になっています。

コールマン Coleman アウトドアワゴン04

タイヤを拡大したところです。タイヤを触りましたがゴムタイヤではない様です。おもちゃのようなプラスチック製ですね。芝生の上でも、タイヤはよく転がりますよ。少し柔らかい土の上でも走ってみましたが、問題なく走破できました。逆にアスファルトではタイヤが太いせいか、思ったより引いていて重く感じました。もちろん走破性自体には問題はありません。見た目によらず、意外に万能なタイヤだと思います。

コールマン Coleman アウトドアワゴン16

コールマンのアウトドアワゴンまとめ


というわけで、アウトドアワゴンを細部まで見てきましたが、丁寧に作りこまれていて、長持ちしそうな印象をもちました。耐久性の評価はこれからですが、耐荷重の設定が100kgと他社製のワゴンよりも一つレベルが高いので期待できそうです。

パパーマンはまだ一度しか使用していませんが、このアウトドアワゴンは実際にフリーサイトのキャンプ場で良く活躍してくれましたよ。もちろん荷物としては結構かさばるのですが、それを上回る使い勝手の良さがあります。これからもフリーサイトでキャンプする時は持っていこうと思っています。

あとは堤防で釣りをするような時も、クーラーボックスやタックルボックス、椅子、バケツ、餌箱・・・と荷物が多いので、このアウトドアワゴンが活躍してくれそうです。

ところで、このアウトドアワゴンの色はコールマンレッドの一択なので

コールマンカラーが嫌いでない方には特におすすめです。(笑)

以上、コールマンのアウトドアワゴンの紹介でした。

この記事が、みなさんのご参考になれば幸いです。

それでは、また。

















関連記事

0 Comments

Post a comment