釣れない釣りでもお刺身がうまい日曜日の夕方

釣れなくても美味しい釣りがあった


鮎川園地のレポートの途中ですが、

本日はパパーマン家の週末の活動を書きます。(^∇^)ノ


2016年 5月15日(日)は、福井県の敦賀新港に釣りに行ってきました。

海のない岐阜からだと、福井県の敦賀市はメジャーな釣り場になります。

今回は久しぶりにあっくん、ミッチーと3人でファミリーフィッシングでした。


日曜日の敦賀新港の状況は、風が少し強かったものの

日差しも強くて、ちょうどいい気候でした。

一日屋外で釣りをしていたら、結構日焼けしましたね。


写真は左がグレ(メジナ)、右は特大アジ刺身です。

いやぁー、やっぱりとれたての魚の刺身はうまいですね。


ところで、この日の釣果ですが

5cmくらいのハオコゼばっかり釣れて、全然駄目な日でした。

みなさんハオコゼって知っていますか?

毒針のある角をもっている魚で

釣れると口から釣り針を外す時に、刺されないように気を使います。

釣る側からすると、最悪の魚です。

グレ刺身

では、写真の刺身はどうしたのかって。。。

魚屋さんで、買ったわけではないですよ。

ふふふっ。



そんな釣り師になりたいと思った


このお魚ですが、

敦賀新港で、お隣で釣っていたベテランの釣り師より

ミッチーがいただきました。

おじさんに感謝です。


本当にパパーマン家は食べられない魚ばかりで

釣果はゼロだったのですが、おかげで楽しい夕食となりました。

アジの回遊も無くて、サビキ釣りも不発。

虫エサつければ、ハオコゼばかり釣れました。

気温は高かったのですが、水温はまだ低いのかな。


もう少ししたら、敦賀新港も爆釣の季節になると思うのですが・・・

今回は勇み足でしたね。

それではまた。


関連記事

0 Comments

Post a comment