プリムス EXQUIZA SPIDER EX-3233が見つかる

昔懐かしいガスストーブEX-3233が出てきた


パパーマンが、ソロキャンプをはじめてから家の中をさがしても見つからなかったガスストーブ、イワタニプリムススパイダー EX-3233が、ふと古い段ボール箱の中から出てきました。

EX-3233プリムスがはじめて売り出した分離式のストーブで、このストーブを購入したのはもう1990年代のことです。

当時ガスストーブといえば、EPIかイワタニプリムスの2社がシェアを分け合っていた時代。(青い缶のキャンピングガスもあったけど、あまり流通していなかった。)分離式のガスストーブを初めて世に出した時はパパーマンの記憶ではEPIです。

これは便利だなと感心していましたが、そのあとでプリムスが直ぐにスパイダーストーブを発売しました。プリムスも負けてないなと思いながら、プリムスが好きだったパパーマンはスパイダー EX-3233を購入するに至りました。

ガスの分離式ストーブ(スパイダーストーブ)は今では様々なメーカから売り出されていますが、この時代のストーブが原型ですね。

古い道具ですが、せっかくなのでソロキャンプで使い込んでみたいと思っていて、さっそく先日キャンプに持って行ったのでどんなストーブか紹介してみたいと思います。

プリムススパイダーストーブ01

EX-3233をケースの中から出してみる


早速、本体をプラスチックのケースから出してみます。ガスホースが青に黄色のシマシマ模様で、昔のコタツの電気のコードみたいですね。今見ると、なんだか愛嬌さえ感じます。最近はこんなストーブは無くて、ホースといえばシルバーの金属的な感じのものが多いですね。

プリムススパイダーストーブ02

ストーブ本体を組み立てると、こんな感じです。五徳も兼ねた3本足で足を開くと結構安定しています。当時はこの安定感に感心したのですよね。

また、よく見るとわかるのですが、3本ある足の1本は中をガスが通っていてガスのプリヒートを兼ねています。

プリムススパイダーストーブ03

EPI製に比べて、進化したのは着火装置がボンベ側についていることです。着火、消火を繰り返しても火傷の心配は無くなり、安全性が向上しました。ガスホースのシマシマの黄色い模様は、この着火装置の電線が編み込まれたものです。今見ると、結構凝った作りをしています。

プリムススパイダーストーブ04

今後の課題


実際にお湯を沸かしましたが、炎も調子が良くて昔と変わりありませんでした。カセットコンロと違って、ゴォーーーーという頼もしい燃焼音がします。というわけで、今回は今では珍しくもない分離式バーナの説明になってしまいました。(;^ω^)

プリムススパイダーストーブ05

今後の課題として、このままOD缶を使うとガス代にお金がかかるので、CB缶を使えるようにOD缶→CB缶のアダプターを試してみたいと思っています。

というわけで、続きの記事はこちらです。

カリフォルニアパティオ製OD缶→CB缶変換アダプターでガス代節約

というのも、OD缶というのはアウトドア専用ということもあって小さい250g缶でも価格が1本500円前後なのですよ。それに比べて汎用性のあるCB缶ならホームセンターで1本100円をきるくらいの低価格で売られています。 一日でOD缶の250gを1本使ったとすると、これだけで500円前後の出費になってしまうので というわけで分離式のガスバーナ  ...

それにしても、今ではいろんなメーカーから分離式が出ていますね。

それでは、今回はこのへんで。










関連記事

0 Comments

Post a comment