ゆるキャン△ (1)の紹介

ソロキャンプ好きの方にはかなりおすすめの一冊


今日は、最近読んだマンガの紹介です。

ゆるキャン⛺」第1巻

僕が知る限りでは、唯一のキャンプを題材とした漫画。

冬になると誰もいないキャンプ場で、ソロキャンプをするのが好きな主人公のリンと

キャンプをとにかくやりたくて友達を次々に巻き込んでいく、もう一人の主人公、

各務原なでしこが、偶然、富士山の見えるキャンプ場で

出会うところから物語が始まります。


絵をよく見ると、リンの使っているテントがモンベルのムーンライト3型だったり、

バーナーがウインドマスター SOD-310だったりと、細部にこだわって描かれている

ところが面白くて、一度読んでから、またじっくりと登場する道具たちを見て

楽しめる漫画です。


そもそも1巻ということもあって、特にキャンプ初心者を意識して描かれているようですね。

焚き火の仕方だとか、キャンプ道具は100均で買うといいとか、

初キャンプで、きっと役に立つ豆知識も満載です。

もちろんキャンプ初心者でなくても、楽しめますよ。

ゆるキャン01

今から2巻が楽しみです


タイトル通り、ゆるーい感じで話は進んでいきますが

キャンプ場でのんびりしている感じとあいまって

この漫画の空気感がパパーマンはとても好きです。


それから、リンちゃんの様な1人でキャンプが好きな人

なでしこちゃんの様な、みんなをキャンプに巻き込む人

実際にキャンプをしていると、似た様な2人は本当にたくさんいます。(笑)

ですので、読者はどちらかに感情移入してしまうのではないかと思いますよ。


パパーマンは、あまりマンガを読まない方ですが

ゆるキャンは、とてもお気に入りの漫画です。

次の2巻が早く読みたいですね。


そうそう、出てくるキャンプ場は実在するキャンプ場なのですよ。

場内がリアルに描かれているので、

もし、一度訪れたことがあるキャンプ場なら

楽しみがさらに増えること、間違いなしです。


これって少女漫画なのですが、

おじさんが読んでも、きっと大丈夫です。(笑)

みなさんも、どうぞ。











関連記事

0 Comments

Post a comment