冬キャンプ用に昔買ったアルパカストーブ ts-77 コンパクトの今

冬キャンプでシェルター内の暖房にアルパカストーブを購入した


このストーブはアルパカストーブという韓国製の石油ストーブです。

冬にキャンプを楽しんでいるキャンパーさんなら、誰でも知っているくらい今ではメジャーになったストーブですね。

パパーマンが使ってるのはアルパカ ts-77 コンパクト というモデルでアルパカストーブの中では、一番コンパクトなモデルになります。コンパクトとはいっても、燃料満タンにしておけば1泊2日のキャンプ程度で今までに燃料切れになったことはありません。キャンプには手ごろなサイズだと思います。

我が家には、このts-77 コンパクト が2台あるのですが、買ってから4、5年くらい経っていることもあり、錆びも発生していたりところどころに劣化が見られます。

値段が安くて、アウトドア用と割り切って購入したストーブなので日本製の石油ストーブと同じ品質を期待するのはそもそも間違っていると思いますが、アルパカストーブの購入の参考になればと思うので、気づいた点を書いてみます。

アルパカストーブ01

アルパカストーブはパワーのあるストーブ


冬キャンプの石油ストーブといえば、有名なのは武井バーナ。寸法が160×330mmで、とてもコンパクトですが、値段がお高いのと点火作業が自分しか出来なくなると思われるので、候補から外れました。



やはり家庭で使っているような石油ストーブタイプが、点火も簡単でファミリーキャンプでは安心感があります。

ただし、よくある燃料タンクが取り外せるタイプのストーブでは、灯油を入れた状態で運ぶと燃料漏れを起こしてしまうのが難点なのです。

そこで、燃料タンクが一体のストーブといえば国産ではフジカハイペットが有名どころですが、これもお値段が高い。キャンプ用と割り切れば、フジカの模倣品である韓国製のアルパカストーブがパワーもあって(2800キロカロリー/ h)、お値打ち品です。

パパーマンが輸入代行で購入した頃は、収納ケースつきで1台11,000円くらいで手に入れることが出来ました。ちなみに、この時のストーブ本体だけの価格は5000円台でした。

広いシェルターの中を温めてくれる、パワフルで頼もしいストーブでしたがファミリーキャンプの出撃回数も減ってきて、最近はあまり活躍の場がない状況になってます。

数年経つとアルパカストーブはこうなった


この写真は、2代所有しているアルパカのうち古い方です。

燃料計に注目。雲っているように見えますが、実は凹んでもいます。(泣)私の心も、少しだけヘコみました。

おそらくタンク内に残った灯油に侵されて、透明なプラスチック部分が化学変化したものと思われます。こうなってしまっては、燃料計の針は見れません。もちろん、致命的なダメージではないので給油時に灯油があふれないよう気を付ければ、まだまだ使えますが、やはり気になる方もいることでしょうね。

アルパカストーブ02

僕の持っているアルパカは、自動消火装置(地震などで揺れると火が消える)が無いので家の中で使うと危険ですが、アウトドアでは火がついたまま取っ手を掴んで場所を移動できるので便利です。

さて、ストーブの上の黒い塗装部分ですが、ここは外れるのです。

アルパカストーブ03

外してどうするかといえば、鍋を載せて煮炊きをしたりと調理用のバーナ(コンロ)として使うことが出来るのです。

とはいえパパーマン家では、そんな使い方をしたことはないのですがフタを開けてみると、見事に錆びてますね。(泣)

ここはフタをずっとしていれば気づかなくてよかった。なぜフタをあけてしまったんだろう・・・。

アルパカは使用してないときには室内保管していたので、

錆びの原因はメッキの性能が良くないことに起因している様に思います。

アルパカストーブ04

錆びても、まだまだ使えるので気にしなければよいのですが、どうでしょうか。最近、パパーマンはトヨトミのレインボーストーブが気になります。アルパカほどのパワーは無いようですが日本製なので安心感がありますし夜は照明にもなって、いい雰囲気です。

最近ではスノーピークからレインボーのOEMモデルが発売されていますが、アウトドアで使っている人も多いですね。



電機屋さんとか、ホームセンターに置いているレインボーの現品を見るとアルパカと違い塗装の品質も高いので、長くつきあえそうな気がします。でもアルパカ2台もちのパパーマンは、ずっと手にできないストーブでしょう。(笑)

それでは、このへんで。










関連記事

0 Comments

Post a comment