ユニフレーム ZATAKU Ⅱを実際にキャンプで使ってみた

ZATAKU を定番の焚き火テーブルと組み合わせる


今回は少し前の記事 ユニフレーム ZATAKU Ⅱでロースタイルを目指せ に続き、今回は実際にキャンプでZATAKU を使ってみて感じたことを書きます。

ところで、前回の記事の後に同じ”ZATAKU ”を使っている仲間がいないかとググってみましたが、ヒットするページがかなり少ない様で・・・(汗)

うーん、このZATAKUって、あまり人気がないテーブルなのかなと、そんなことをふと思い。。。

もしかしたら、この記事も役に立つことが少ないかもしれませんが、とにかく今とても気に入っている道具なので、こりずに続編のZATAKU Ⅱ紹介記事を作ってみました。

このシナベニヤのやさしい木目と、頑丈な構造が好きなんですよね。

ZATAKUⅡ11

今回は、主にユニフレーム製品の中でも人気のある、焚き火テーブルと組み合わせて使ったところを紹介しますね。

焚き火テーブルと組み合わせて使いたいわけ


まず、ZATAKU 焚き火テーブルを組み合わせてみます。2つはもともと組み合わせて使える様に設計されていますので、写真の様に、高さ(37cm)も幅(55cm)も当たり前ですがぴったりです。

おまけにZATAKU の方は、テーブルの下に足を入れるスペースがありますので、正面に置くとテーブルの下に足が伸ばせて快適です。

ZATAKUⅡ12

下の写真は、パパーマンのある日のソロキャンプの様子です。焚き火テーブルって今さら説明するまでもないのですが、ステンレス製なので、火(熱)や水に強いのです。

一方、ZATAKU の方はシナベニヤという竹の化粧合板で、こちらは木である以上、熱や水、それから汚れなどに弱くてデリケート。

そこで、この特徴の違う2つのテーブルを組み合わせて、それぞれに役割分担させると使い勝手が良くなります。

まず、写真の様に炭火を使ったり、コンロによる炒め物は焚き火テーブルの方で。万が一炭を落としたり、炒め物による油ハネの汚れは、焚き火テーブルに全て受けとめてもらいましょうね。

正面には木目の素敵なZATAKU の方をおいて、テーブル面の木目をながめて癒されましょう。(爆)

ZATAKUⅡ16

折りたたみテーブルはつなぎ目がポイントだと思う


このテーブルはユニフレームのZATAKU Ⅱですが、この商品の前にZATAKUという商品が売られていました。今はもう在庫が無くなって入手困難ですが、ZATAKUはテーブルが折りたためない構造だったのです。

きっとそれでは収納性が悪かったので、ZATAKU Ⅱでは折りたたみ式に変更したのだと想像しますが、価格も同時に変更されて、3400円アップしています。

つまり、この折りたたみ構造を追加するのに”3400円”かかっているわけですね。


そんな高価な折りたたみ部分ですが、パパーマンはこの構造については、ずいぶん感心しています。

それでは、よく観察してみましょう。

まず目を引くのは、大きな2つの蝶番(ちょうつがい)。僕は市販の蝶番で、この様にゴツイものは見たことがありません。

それから、その蝶番についている大きなスプリングも丈夫そうですよね。スプリングの力によって、展開された状態でテーブルが安定するわけですから、これくらい大きいと頼もしいです。

ZATAKUⅡ13

スプリングを蝶番にひっかけて、テーブルを広げてやります。広げる操作はとても簡単なのに、使っていてもビクともしない丈夫さがZATAKU Ⅱの特長です。まぁ、そんなところがユニフレームらしいというか。

ZATAKUⅡ14

ZATAKU Ⅱにスリムキャプテンチェアが合う


ZATAKU Ⅱは高さ37cmですから、いわゆるロースタイルテーブルなのですが、パパーマンは、このZATAKUⅡを使う時にコールマンのスリムキャプテンチェア を合わせます。

このチェアは、通常は70cmくらいの一般的なハイポジションのテーブルと一緒に使うものですが、背もたれの角度が起きているので、とてもZATAKU Ⅱと相性が良くテーブルの端から端まで手を伸ばせば届きます。

これは、結構パパーマンの目論見通りでした。同じチェアを持っている方はおすすめです。ミッチーも、このチェアとの組み合わせを気に入っていましたよ。

ZATAKUⅡ15

ZATAKU Ⅱをファミリーキャンプでも使ってみる


ZATAKU Ⅱ×1と、焚き火テーブル×1でファミリーキャンプをやってみました。我が家は3人家族なのですが、広さとしてはこれでも十分なサイズでしたよ。

一人当たり、焚き火テーブル1台分のスペースですから、当然といえば当然。4人でも大丈夫だと思いますが、もう一つ焚き火テーブルを追加すると快適ですね。

ZATAKUⅡ18

このまま、インナーテントを付けた我が家のロッジシェルターに入れてみましたが、これもちょうど良いサイズで、ZATAKU Ⅱを買ってよかったと思いました。ソロキャンプでもファミリーキャンプでも大人気のテーブルです。

ZATAKUⅡ19

ZATAKU Ⅱを同じユニフレームのLT トート Mに収納する


下の写真は、ZATAKU Ⅱと焚き火テーブルをたたんで、同じユニフレームのLT トート Mに入れたところです。この通り、ちょうどピッタリサイズですね。焚き火テーブルなら、あと一枚くらい入りそうです。

ZATAKU Ⅱに付属している収納袋は薄手なので、移動中の傷つきが心配な方はこのLT トート Mがおすすめです。

ZATAKUⅡ17

ユニフレーム ZATAKU Ⅱまとめ


以上、ZATAKU Ⅱを使用した感じを書いてきました。

僕もそうでしたが、気になるのは決して安くない16800円という値段ですよね。スノーピークで、この製品に近い ワンアクションローテーブル竹 の23220円よりは安い。

あと、ネットで調べると焚き火テーブルに合わせたサイズのウッドテーブルが売られていますが、これも2万円超えているのでZATAKU Ⅱの方が安い。


ところが、同じ面積になる様に焚き火テーブルを2枚購入すると7200円×2=14400円

で、これだとZATAKU Ⅱが高くなります。

うーん、ライバルは同じユニフレームだったのか。


シナベニヤの木目に癒されたい方!

その場合は、ZATAKU Ⅱがベストチョイスだと思いますよ。

一緒に、癒されましょう。

それでは、またね。










関連記事

0 Comments

Post a comment