2015年のファミリーキャンプ納めは青川峡キャンピングパーク その2

日が暮れたら気温が下がってきたので急いで火おこし


2015年のファミリーキャンプ納めは青川峡キャンピングパーク その1 に続き、

12月30日の夜です。


日が暮れて来たら、急に寒くなりました。

そこで、食事の前にお風呂に入ってしまうことにします。

青川狭キャンピングパークには、管理棟の中に少し広い湯船のお風呂があって

無料で入ることが出来ます。

寒い時には、お風呂にすぐ入れるキャンプ場がありがたいですね。

青川狭キャンピングパーク_お風呂に

お風呂から出て来たら、もう真っ暗でした。

さて、急いで火をおこして食事にしましょう。


今回持ってきた炭は、自宅に残っていたオガ備長炭。

とても火がつきにくい炭ですが、今回はなんとか使い切りたいと思い持ってきました。

ところが、着火剤を忘れたのですね。

新聞紙はありますが、新聞紙から火が移るような炭ではありません。

そこで火おこし器の中で、焚き火用に持ってきた、マキに火をつけ

それから炭をあぶる作戦にしました。

青川狭キャンピングパーク_火おこし

マキに火をつけ、30分くらい頑張ったでしょうか。

やっと炭が使えそうな感じになってきたので、ユニフレームのユニセラに移します。

青川狭キャンピングパーク_火おこし2

キャンプ納めの食事と言ったら、やはり焼き肉でしょう


今回のキャンプの前に、キャンプでの夕食は何にするか家族で話し合ったところ

うまい肉を炭焼きで食べたい、ということで意見が一致しました。

まずは、海鮮ものからBBQが始まりました。

青川狭キャンピングパーク_えび

寒いので、焚き火も開始します。

御飯も完成したので、あとは焼いて食べるだけです。

青川狭キャンピングパーク_焚き火も

ステーキ肉を投入します。

牛肉ですよ。

うまい。この肉はうまいです。

青川狭キャンピングパーク_肉投入

焼き肉のタレをつけて、御飯と一緒に食べると幸せ。

はぁーうまいね。

青川狭キャンピングパーク_肉うまうま

お次は、焼き肉用の肉です。

いい感じに煙が出てきてます。

これもうまいです。

青川狭キャンピングパーク_肉うまうま全景

食事の最後に焚火でしめる


ほぼ食べ終わったところで、ワインを飲みながら、ぼちぼちと。

最後は照明を消して、焚き火を楽しみましょう。

青川狭キャンピングパーク_明かりを消して

焚火台を持ってきて良かった。

いつもホームセンターで買ってくるヒノキですが、ほとんど灰が残らないくらい

良く燃えてくれました。


さて、マキもなくなったし、

火も消えそうなので、後片付けをしてテントに入るとしましょう。


焚き火

青川狭キャンピングパークは、みんなマナーが良くて

夜、大騒ぎする人もなく静かに過ごせました。


さて、今回はこのくらいで。

続きは次回 2015年のファミリーキャンプ納めは青川峡キャンピングパーク その3の記事をどうぞ。










関連記事

0 Comments

Post a comment