ユニフレーム ZATAKU Ⅱでロースタイルを目指せ

ユニフレーム ZATAKU の紹介


12月25日はクリスマス。

朝起きてみると、こんなものがツリーの下に。パパーマンへのプレゼントですね。

何やら、UNIFLAMEって箱に書いてありますが。

ZATAKUⅡ01

もしかして、焚き火テーブルと組み合わせるとぴったりな、あの・・・。

ユニフレームの箱をあけてみよう


では、箱を開けてみましょう。折りたたまれた木のテーブルが入っていますね。

ZATAKUⅡ02

取り出して見ると、木の部分は12mmのシナベニア合板で出来ている様です。これはユニフレームZATAKU ですね。

以前から売られていたZATAKUを折りたためるように改良したもので、前から欲しかったテーブルです。

同じユニフレーム焚き火テーブルと、ちょうど同じ37cmの高さに作られていて、組み合わせて使うと統一感があってぴったりなテーブルです。

ZATAKU の間に収納バックらしきものが挟まっていました。こちらは後で確認してみます。

ZATAKUⅡ03

ZATAKUを広げてみる


ZATAKUをそれでは広げてみましょう。広げるとユニフレームらしくカチッとした感じで止まります。折りたたみの真ん中にある金物もガッチリしていて、丈夫そうな印象です。

これは裏返しの状態。脚の部分はアルミ製の様です。

つぎに脚を広げてみましょう。

ZATAKUⅡ04

脚の開き方も動きが固めで、これまたカッチリしています。

ZATAKUⅡ05

ちょうど穴に棒の先がはまるようになっていて、ここで動きが止まります。

ZATAKUⅡ06

脚を4本とも広げてみました。これで完成です。では、ひっくり返してみますか。

ZATAKUⅡ07

これでZATAKU Ⅱが完成しました


おお、いい雰囲気です。やっぱり木のテーブルは落ち着きますね。パパーマンは小学校のテーブル面が合板の机を思い出しました。

仕様では、この状態で耐荷重が30kgなので、考えられるものをすべて載せても余裕の強度ですね。

平面寸法は、横73cm×縦55cmです。この55cmが焚き火テーブルの長さと同じになっています。

これまで、ソロキャンプでは焚き火テーブル一つでやってきたのですが、道具が多くて手狭に感じていました。

ZAKAKU Ⅱと焚き火テーブルを組み合わせると大きなテーブルになって、これは使い勝手が良さそうです。

ZATAKUⅡ08

家ではリビングテーブルに使っても、ちょうどいい高さかな。ロースタイルといっても37cmなので、あぐら椅子等に合わせるとテーブルの方が高めになると思います。

だけど、このくらいの方が普通の高さのチェアとも組み合わせられて、使い勝手がいいですね。このあたりは、実践で確かめてみましょう。

ZATAKUⅡ09

最後に付属の収納袋に折りたたんで入れてみました。この収納袋は生地が薄くて、見た感じはなんだかスケスケですね。

でも、これだけでも移動中にシナベニア面が傷つかないので助かります。僕はユニフレームのLTトートMを持っているので実践ではこっちに入れると思います。

トートバックに入れたところも、次回紹介しますね。

ZATAKUⅡ10

今回はとりあえず広げてみただけですが、次回は実際にキャンプ場で使ってみた感じをレポートします。

それにしても、今日はいいクリスマスでした。(^^♪

それでは、また。



ZATAKUⅡからUFローテーブル900へ


ここからは追記です。
2018年6月現在、ユニフレームHPの商品紹介のページから、これまで紹介してきたZATAKUⅡが消えてしまいました。

そのかわり、ユニフレームの木製テーブルはUFローテーブル900に受け継がれた様です。UFローテーブル900はその名前の通り幅が90cmと、ZATAKUⅡの幅73cmに比べ17cm伸びています。



高さは変わらず焚き火テーブルと同じ37cmなので並べて使えるようです。もちろんZATAKUⅡをお持ちの方は、組み合わせて一緒に使えますね。

ZATAKUⅡ11

というわけで、UFローテーブル900のお話でした。

それでは、今回はこのへんで。










関連記事

0 Comments

Post a comment