バカンス バンブーテーブル これで寛げるよ

ロースタイルで活躍するバンブーテーブル


今回はバカンス バンブーテーブル紹介をします。

ソロキャンプではテントが小さいので、必然的にロースタイルになってしまいました。今までファミリーキャンプではロースタイルの椅子やテーブルは使ってこなかったので新たにローテーブルも揃えたのですが、そんな中で一番活躍しているのが今回紹介するSPICE(スパイス) バカンス バンブーテーブル KJLF2050です。

写真の様に”Vacances”の文字が、なんとなく使っている人の気持ちを優雅にさせる?不思議なテーブルです。(*^-^*)

バカンス バンブーテーブル ロゴ

バカンス バンブーテーブルの主な仕様


バンブーテーブルの主な仕様です。
  • サイズ:天板/500×300×高さ約210mm
  • 折り畳み時/w500×d300×h30mm
  • 重量:1.6kg
  • 耐荷重:5kg
  • 素材:竹(ウレタン塗装)

50cm×30cmのサイズは小さなテントの中でも、とても使いやすいサイズだと思います。

バンブーテーブルを購入したきっかけ


竹製のテーブルって、最近はスノーピークをはじめコールマンやユニフレームが高級なクラスでラインナップしていることもあり、同じ竹製であるこの商品が¥3000円前後のリーズナブルな価格で売られていたので、手にする前は本当に大丈夫かなと不安なところがありましたが、実物はしっかりした作りで長く使えそうな感じでした。

写真の通り、このテーブルの竹の模様もきれいでしょ。有名なメーカーがテーブルで使用している様ないわゆるシナベニヤとは違う素材で竹の繊維の模様がみられて、雰囲気が良いです。

バカンス バンブーテーブル

バンブーテーブルを使ってみて


この他にアルミテーブルを2個所有していますが、やっぱり木製が一番使っていて落ち着きます。これは折りたたみの足を広げてやるだけで使えるので、いつもキャンプ場に着いてテントを張ったら椅子と、このテーブルをまずセッティングして休憩してしまいます。(^^)v

バカンス バンブーテーブル キャンプ

料理用じゃなくて、寛ぎたい時にはぴったりのテーブルかな。こういうテーブルを1つ持っていると癒されます。結構おすすめできるテーブルです。

それでは、今回はこのへんで。

<









関連記事

0 Comments

Post a comment