ついに梅雨明け 炎天下の粕川オートキャンプ場(前編)

こんばんは、パパーマンです。

7/25(土)、7/26(日)の一泊二日でいつもの粕川オートキャンプ場へ行ってきました。

梅雨もすっかりあけて、空には気持ちのよい青空が広がっていましたよ。

これからが夏本番ですね。

それでは暑い夏のキャンプ日記に、しばらくおつきあいください。



7/25(土) 13:00過ぎに粕川オートキャンプ場へ到着です。

先週はキャンプに出かけられなかったので、今回は気合を入れて

早めに家を出ました。


ピルツ7ムササビウイングを連結させて設営しました。

サイトは、粕川オートキャンプ場の一番東の草原です。

キャンプ場の西の方は、川遊びに都合がいいので、家族連れの方で賑わっており、

この時間になると、テントを張るスペースが見つかりませんでした。

粕川07 サイト全景


今回は、いつものイグルーのソフトクーラーではなく

魚釣りの時に使うクーラーボックスを持ってきました。

というのも、前回の

梅雨明け間近 粕川オートキャンプ場の暑い夜(前編)

梅雨明け間近 粕川オートキャンプ場の暑い夜(後編)

のキャンプの帰る間際に、保冷材が完全に溶けきっていたからです。

ソフトクーラーはコンパクトで使いやすいのですが、

ここまで暑くなると、保冷力が足りませんね。

粕川07 くーらーぼっくす

設営が完了したので、昼ごはんにします。

ムササビウイングの下にできた、涼しい日陰でひと休み。

キャンプ場にくる途中で、いつも寄るスーパーのみそかつ弁当です。

テント設営の時は、炎天下の作業だったので、汗が止まりませんでしたが

日陰でじっとしていると、川の上流から風がふいてくるので気持ちいいです。

粕川07 お弁当

せっかく、いつもよりはやくキャンプ場へ到着しましたが、

この暑さでは、何もする気が起きません。

タープの下で本を読んだり、

しばらく、じっとしていました。

粕川07 ヨーグルトドリンク

買ってきた500mlの麦茶のペットボトルは、すぐに空になりました。

喉が乾いたので、湧き水を汲みに行くとしましょう。

2リットルのペットボトル2本に湧き水を満たします。

この湧き水で顔をジャブジャブ洗うと、冷たくて気持ちがよいです。

ついでにタオルを湧き水で濡らして、首に巻くと汗が止まりました。

これは、暑さ対策になります。

粕川07 湧き水

しばらくすると、また暑くなってきましたので

今度は川に入ります。

川の水も、これがまた冷たくて気持ちいいのです。

できることなら、一日中、川の中につかっていたいです。

家族連れのみなさんは、シャチやサメの浮き輪や、水鉄砲などで遊んでいました。

岐阜には海がないけど、夏は川も冷たくて気持ちいいのですよね。

粕川07 川に入る

目をとじれば、セミとキリギリスの鳴き声が広がる粕川オートキャンプ場ですが、

目を開けると、トンボがたくさん飛んでいるのを見ることができます。

このキャンプ場には生物がたくさんいて、観察していると飽きません。

小さいころ、大好きだったファーブル昆虫記を思い出します。

粕川07 トンボ

あんころ餅で、ティータイム

今回のキャンプでは、ヤカンで何度もお湯を沸かし緑茶をいれました。

ほとんど一日中、お茶を飲んでましたよ。

湧き水で入れるお茶は最高です。

粕川07 ティータイム

そろそろ、日が暮れてきました。

ユニフレームのユニセラの上で炭を作ります。

今回も、こりずに焼き鳥です。

ここのところ、炭で焼く、焼き鳥のおいしさに目覚め、

すっかりはまっていますよ。

火をじっと見ながら、時間が過ぎていきます。

粕川07 夕焼け

夕食を作るセッティングが完了しました。

だいぶ暗くなったので、LEDランタンをつけます。

あとは、炭が出来るのを待つばかり。

ユニセラですが、ソロキャンプには大きすぎですね。

昔、ユニセラ miniっていう小型の商品が売られていたのですが、

再販はしないのかな。

粕川07 夕飯の準備

炭の火がおさまるのを待っていましたが、なかなか火力が落ち着いてくれません。

そこで、この火で炊飯をしてみたらどうだろうと思いつきました。

早速、米を入れた土鍋をユニセラにのせます。

火が弱かったのか、土鍋から水が吹きこぼれることはありませんでしたが

奇跡的に、とてもおいしく炊けました。

粕川07 ユニセラで炊飯

火が落ち着いたので、焼き鳥を作ります。

鶏肉から油が落ちると、焼き網が炎上して、すごい煙です。

焼き鳥を10本いただきました。

粕川07 焼き鳥

お腹がいっぱいになったので、テントに入ります。

今日は天気がよかったせいか、日が落ちると気温が下がり

夜は寝やすい温度になってくれました。

前回、7/12の粕川オートキャンプ場は、夜も暑かったので大変でしたが

今回は大丈夫です。

その代わり、目を閉じるとキリギリスの鳴き声が耳について

なかなか、眠れません。

粕川07 テントの中へ

テントの外に出て、空を見上げるときれいな月がでていました。

今日は月齢9です。

粕川07 月齢9の月

今日は、とても暑い一日でしたが、

明日は、どうなることやら。

それではまた。

おやすみなさい。

ついに梅雨明け 炎天下の粕川オートキャンプ場(後編) に続く
関連記事

0 Comments

Post a comment