野点に行こう アウトドアで抹茶をいただくには

野点(のだて)について紹介します


今回は野点のすすめです。野点は(のだて)と読みます。

野点という言葉はあまり使わないし聞いたこともない言葉だと思います。一言で言えばアウトドアでお茶を楽しむことです。もしかすると野点という言葉から堅苦しいイメージをいだく方もいらっしゃるかもしれませんね。それはお茶といえば難しい作法のことなどを思い浮かべるからではないかと思います。

ここではそのお茶の作法のことなんかまず置いておいて、ハイキングやキャンプに行って自然を感じながらお茶を飲んで帰ってくるということを野点と呼ぶことにして、その楽しみ方をこれからお話ししたいと思います。(*^-^*)

というのも僕は茶道のことなんてまったく知りません。でも抹茶を飲むのが好きなのです。飲んだ後に頭がすっきりするあの感じは、他の飲み物では味わえないと思っています。抹茶をたてて飲んだ時の感覚は、コーヒーを飲んだ時とはまた違うのですよね。

あと、一緒に食べる甘いものは大好きです。(^^)

抹茶を飲む前に甘いものを食べると、抹茶の味がいっそう引き立ちますよ。

という訳で、アウトドア抹茶と甘いものを楽しむ方法について考えていきたいと思います。

野点セット

抹茶道具はどうやって揃えればいいか


抹茶を飲むには、まず道具が必要になります。

最低限必要なものといったら、抹茶茶碗、お茶をたてる茶筅、それと抹茶の粉です。思ったより少ないでしょ。

最近では、アウトドアメーカーのモンベルから野点セットが発売されていたり、他にもセットで売られているものは多くありますのではじめは一式まとめてそろえるのもいいかと思います。



お茶の道具の値段はそんなに高いものではないです。高いものを見れば上はいくらだってありますが、3000円前後で一式そろえることも可能です。

また、道具を揃えていく時には抹茶茶碗とか、気に入ったものを一点ずつ選ぶのもひとつの楽しみだと思います。抹茶茶碗って、いろんなデザインがあって、みているだけで楽しくなりますよ。気に入った道具を手にしたら、きっと使っていて愛着が湧いてくると思います。

では、僕が使っているものを次回から紹介したいと思います。

それでは、今回はこのへんで。










関連記事

0 Comments

Post a comment