キャンプではCB缶の使えるDometic社の3Way冷蔵庫が便利

3Way冷蔵庫があれば毎日氷を買い足す手間がなくなります


今回は、キャンプで便利に使える3Way冷蔵庫について紹介します。パパーマン家で使っているのはDometic社のモービルクール(mobilcool)という商品ですが、モービルクール自体はすでに昨年(2017年)生産中止となっています。現在はコンビクール(COMBICOOL)というほぼ同じサイズ・仕様の後継機にモデルチェンジされているようです。

さて、みなさんは大型連休などに連泊でキャンプへ出かけられた経験はないでしょうか。そんな時、クーラーボックスの中の氷(あるいは保冷剤)の溶け具合が毎日気になりませんでしたか。クーラーボックスの中の肉や魚の様な食材を傷めないように(もちろん、食中毒にならないように)するには、氷がある程度残っていなきゃいけないのですが、この氷の管理って結構気を使うと思うのです。

1泊2日のキャンプならば、よほど安いクーラーボックスでない限り、適切な量の保冷剤を入れておけばクーラーボックスの中が帰るまで冷えていると思います。だから、あまり氷のことなんて気にしてないと思うのです。

ところが連泊となると2日目の朝にはそろそろ氷を追加しなきゃいけないかな?とか、午後にスーパーに買い出しに行った時に氷を買ったら、この氷が溶けないようにすぐにキャンプ場に戻ってクーラボックスに入れなきゃいけないとか、結構氷について気にかける必要があると思うのです。

そんなことを繰り返すうちに、とうとう氷について考えることが面倒になり、思考を停止したパパーマン家。(;^ω^) 最後にたどり着いたのが、AC/DC電源の他にCB缶も使用できる3Way冷蔵庫なのでした。

キャンプで使う冷蔵庫としては今のところ、この3Way冷蔵庫が唯一実用的な商品ではないかと思うのですが、とても価格が高いのが玉にキズですよね。

自分の場合もモービルクール購入時には価格が価格だけに、これが本当に役に立つかどうかかなり慎重に考えました。何しろ我が家としては小川キャンパルのロッジシェルターの次に高価なキャンプ道具でしたので。(笑)

そのモービルクールを購入する際に考えていたことの一つが、3Way冷蔵庫はキャンプで万能に使えるのか?ということでした。実際に3Way冷蔵庫を使ってみるとクーラーボックスとは使い勝手が違うところが多々あり、3Way冷蔵庫さえあればクーラーボックスなんて無くてもいいという訳ではありません。

そんなクーラーボックスと3Way冷蔵庫の違いについて、購入時に検討する際のご参考になればと思い、今回は少し詳しくお話ししたいと思います。

モービルクール

光り輝くカワトンボが美しい

メタリックボディのカワトンボに出くわす


少し前の写真ですが、今年2018年4月29日に岡山県玉野市の、みやま公園で見つけたカワトンボです。

公園には大きな池があるのですが、カワトンボが棲めるような川があったかどうかはわかりません。見つけたのは遊歩道の脇の木でしたが、そこには川はありませんでした。

このカワトンボ、メタリックの青いボディーと透きとおる翅が宝石のようにとてもきれいなトンボでした。

深山公園01_かわとんぼ01

夏にやってきたアカモズ

夏になると鳥さんをみつけるのが難しいです


8月8日の夕方、近所の公園を散歩中にアカモズをみつけたというお話。

最近は公園を散歩していても、なかなか野鳥の写真を撮るのが難しいと感じます。鳥自体は公園のどこかに居る雰囲気はあるのですが、木には葉が生い茂っていて鳴き声は聞こえても、なかなか鳥の姿を見つけることができませんし、夏の日差しの強いときは逆光だと鳥をみつけても真っ黒なシルエットだけしか見えず、どんな鳥だか判別できないことが多いです。

その点、わかりやすいところにやってきてくれる鳥はいいですね。今回見つけた鳥はそんな鳥です。(笑)

下の写真の鳥は、はじめは雀かと思っていましたが、写真を撮りながら観察しているとそうではないような雰囲気を感じました。白いロープは地上から0.8mくらいの高さなのですが、このくらいの高さの場所にとまって昆虫を捕っているモズを、この公園でよく見かけたことがあります。

公園で写真33_あかもず01

富山の朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場の紹介です

ヒスイ探しのできる朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場


今回は2018年7月に3泊4日でキャンプをした朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場をご紹介します。

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場は、富山県下新川郡朝日町にある海辺のキャンプ場です。名前の通りキャンプ場前の海岸ではヒスイを探すことができのですが、実は日本でヒスイが採れるのは、富山県のこのあたりから県境を挟んで新潟県糸魚川市ののヒスイ海岸あたりまでだけなんです。だから、ここはキャンプをしながらヒスイ探しを楽しむことのできる全国でも特別なキャンプ場なのですよ。

みなさんはヒスイって、どのくらいの価値のある石か知っていますか。パパーマンは、現地で子供の握りコブシくらいのヒスイの原石が3万円で売られているのを見て少し興奮しました。!(^^)! そんな価値のあるヒスイですが、海岸で探すのは無料なんですよ。まさに一獲千金のお宝探しができるキャンプ場です。

キャンプ場に泊まりながらヒスイ探しをするのは、なかなか楽しいレジャーですよ。小さなお子様連れのファミリーキャンプなら特におすすめです。海岸を歩けば、ヒスイ以外にもきれいな石がきっと見つかると思うので子供も十分楽しめるはずです。もちろん他にも夏は海水浴や、それから一年中釣りもできますよ。

朝日ヒスイ海岸01_入口

夏休みは父子キャン△ キャンプの思い出はヒスイ探しと共に

最後のヒスイ探検隊の出発


前回の記事 夏休みは父子キャン△ じゃがバターを炉端焼き器で簡単に作る の続きです。

富山県下新川郡朝日町にある朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場 7月25日(水)の朝。

今朝は夏休みの父子キャンプ生活最後の朝です。

そこで、キャンプ場前の朝日ヒスイ海岸で今日こそはなんとかヒスイを見つけたいと、なんと5時に起床しました。キャンプ場に来た最初の朝は10時まで寝ていたあっくんも、気合が入っていたせいか疲れがたまっていたにもかかわらず本日は早起きができましたね。

それではまだ眠い目をこすりながら、さっそくヒスイ探しに行ってみましょう。

朝日ヒスイ海岸01_早起き

夏休みは父子キャン△ じゃがバターを炉端焼き器で簡単に作る

先週、いつも使用しているPCが調子悪くなってから更新が滞っていました。(泣)今でもこのPCは修復できていないので、少し前に買ったノートPCの方でで書いていますが、なれないので効率悪いです。(*´Д`)

とはいえ、更新しなきゃということでなんとかやってますよ。

では、キャンプ日記の続きをどうぞ。(^^)/

今日も釣れない釣りの話からです


前回の記事 夏休みは父子キャン△ 高級魚のキジハタ釣れた! の続きです。

富山県下新川郡朝日町にある朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場 7月24日(火)の夕方。

キャンプ場に戻ってから、また懲りずにキャンプ場前の海岸へ釣りに行きました。(笑)今日は朝まづめに釣りをして、昼はヒスイ探し、そしてまた夕方には夕まづめを狙って釣りと、体力の続く限り遊んでいます。

それにしても、日本海の夕日はきれいですね。

なので、この夕日に免じて「釣れなくても許す!」 

ええー、今回は全然釣れませんでしたよ。(笑)

朝日ヒスイ海岸01_釣りで根掛かり1