木漏れ日の平湯キャンプ場へ

旅の初日は道の駅で車中泊


今回から先週出発した夏のソロキャンプ旅のお話を書いていきますね。

2017年7月19(水) この日の午後、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にある平湯キャンプ場に向かって出発しました。

出発したのはちょうど梅雨があけたばかりの水曜日。この日は自宅付近のアスファルトの道路を歩いていると倒れそうなくらいの猛暑日でした。

今年の夏も、また海の近くで釣りを楽しみながらキャンプをするのもいいかなと思いましたが、あまりの暑さに本当にひるんでしまいましたよ。(笑) それにもうひとつ暑いキャンプ場を避けようと考えた理由があって、実はこの日起きるとのどが痛くて風邪をひいてしまったようなのです。といっても、そんなに重症では無かったので旅に出るには問題ない程度でしたが。

そこで、今回は少し涼しくて快適なキャンプ場で過ごそうかと奥飛騨の平湯キャンプ場に向かうことにしました。

岐阜方面から平湯キャンプ場に向かうと東海北陸道の平湯飛騨清見ICで降りなければいけないのです・・・

がっ!

うっかり、通り越してしまい・・・次の白川郷ICで降りることになっていしまいました。(泣)

飛騨清見ICから白川郷ICまでの距離は約25km。挽回するにはプラス50キロを走らなければなりません。

さすがに白川郷ICで降りてから途方にくれました。これから頑張って走っても、とうてい平湯キャンプ場にチェックインできる時間に到着できそうにありませんでしたから。

いっそのこと平湯に向かうのはやめて、このまま日本海側に出て海辺のキャンプ場を探そうかという考えが一瞬脳裏をよぎりましたが、今回は釣り道具を持ってこなかったこともあり思いとどまりました。

結局、高山方面に向かって国道を移動していたら桜の郷 荘川(さくらのさと しょうかわ)という道の駅にたどりつきました。ここは昔、スキーに行ったときに利用したことがあることを思い出しました。「桜香の湯」という日帰り温泉があり、車中泊をするにはちょどよい道の駅だったので、ここで一泊することに決定です。

平湯の森01_道の駅荘川の夜


お風呂に入ってさっぱりしましたが、すでに館内の食堂は閉店しており、腹が減ったパパーマンは仕方なく持っていたピーナツを1袋すべて口に入れました。(笑)それから、狭い軽自動車の車内にあふれかえるキャンプ道具と格闘しながら寝ることにしました。

さすがに夜は涼しくて蚊も居ないので、そういった意味では快適でしたが、やはり車内が狭くてリクライニングもままならず夜明まで熟睡はできませんでしたね。(泣)

平湯の森01_道の駅荘川の温泉

2017年7月21(木)すがすがしい朝といいたいところですが、寝不足気味です。おまけに風邪も悪化したように感じます。(笑)それにしても道の駅で車中泊している人って、結構いるものですね。パパーマンの他に10台くらいは泊まっていましたよ。 

平湯の森01_道の駅荘川の朝

高山市に入り、朝早くから開店しているガストで朝食にしました。昨日は夕食を食べられず、お腹がペコペコに空いていたせいもあり、かなり美味しく感じました。

平湯の森01_焼き鮭定食

木漏れ日のキャンプ場へやっと到着


やっと平湯キャンプ場に到着しました。下の写真は平湯キャンプ場の管理棟です。大人一人700円に駐車代1500円を足して2200円がソロキャンプ一泊分の料金になります。駐車代は、この時期すでに夏季料金になっています。(シーズンオフは1000円)

平湯の森01_管理棟

平湯キャンプ場は林間にあるキャンプ場。昼間でも太陽光を大きな木々が優しくさえぎってくれるので、いつも涼しいキャンプ場です。平湯キャンプ場がキャンパーの聖地といわれるのも分かる気がしました。

平湯の森01_木漏れ日

木漏れ日の中で、テントの設営にかかります。

平湯の森01_設営開始

今回はこのへんで。

続きは次回をどうぞ。













関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。