ミズカマキリっていう水生昆虫を見たことありますか

水面に落ちた枯れ枝が突然動き出した!


前回の記事 今年初めてのセミの鳴き声に気づく の続きです。

粕川オートキャンプ場 2017年7月11日(日)の昼です。

キャンプ場の広い駐車場にある小さな池は、パパーマンが毎回散歩のときに訪れる観察ポイントです。ここは写真の様な黒くて大きなコイから赤い金魚まで様々な魚が泳いでいて、見ていて楽しい池なのです。

この日も池に来て魚を見ていました。すると空から細い枯れ枝が風に吹かれたかの様に飛んできて、ポトリと池の水面に落ちました。パパーマンはこの木の枝が落ちた瞬間をすべて見ていたのですが、それがしばらくして水面で動き出すとは、全く想像も出来ませんでした。

そうなのです。木の枝が水に浮かんだと思っていたのですが、しばらくしてバタバタ泳ぎ出したのです。この時はナナフシが水面に落っこちて、溺れそうになって必死にもがいているものだと思いました。

というのもコイツ、泳ぎがあまりに下手くそだったからです。 長い手足をはげしくバタバタとさせていたので、コイに気づかれて食べられちゃうのではないかと思ったほどです。

粕川48_池の鯉

ナナフシ君危うしのはずがいつのまにか


はじめは水面に浮かんでいたナナフシ君でしたが、しばらくすると沈み始めます。あーこれでナナフシ君も助からないかと思いました。

粕川48_ミズ水カマキリ

しかしこのナナフシ君は最後の力を振り絞ってコンクリートの壁に手をのばし、なんとかしがみつくことに成功したのです。これで水に流されてしまうことは無くなったのかもしれません。だけど若干ですが、先ほどから水中に沈んでいるのは確かなので、すぐに溺れてしまうのではないかと思っていたら、・・・・あれっ。

このナナフシ君の様子が変だと思ったのはこのあたりからです。溺れそうにジタバタしていたはずが、なんだか壁をつかんだ時から、自信に満ち溢れているというか、ゆっくりとして落ち着きのある動きに変わっています。

粕川48_ミズ水カマキリ2

そして長い手足で壁をつかみ、壁にお腹を着けるように体の向きを変えていくではありませんか。おぉー、よくみればナナフシだと思っていたこの昆虫の体は、ナナフシの形じゃありませんね。

粕川48_ミズ水カマキリ3

水生昆虫ミズカマキリとは


この昆虫ですが、オシリにしっぽの様な長い管がついています。これはタガメとかタイコウチの様な水生昆虫が持っている特徴ですね。パパーマンはやっとここで、この細長い昆虫の正体がミズカマキリだということがわかりました。

パパーマンは小さいころ、田んぼの脇の水路でゲンゴロウやタイコウチを捕まえて遊んだ想い出があるのですが、ミズカマキリを見たのは今日が初めてでした。今まで昆虫図鑑の中でしか見たことがないミズカマキリの実物を目の前にして、なんだか興奮してしまいました。

それにしても水生昆虫のくせに、ミズカマキリは泳ぐのがとても下手すぎです。(笑)そこになんだか愛嬌を感じる昆虫ですね。

粕川48_ミズ水カマキリ4

ミズカマキリはカメムシ目・タイコウチ科に分類される水生昆虫の一種です。きれいな池や沼、用水路に生息していて、オタマジャクシや小魚、水に落ちた昆虫などをエサとしています。

この池には金魚をはじめ小魚がたくさんいるので、狙っているのかもしれませんね。ミズカマキリは日本全国に分布していますが、最近では農薬の使用で個体数が減少しているそうですよ。

とても珍しい水生昆虫ですね。ミズカマキリがどれくらい珍しいのか専門の虫屋さんで調べてみたら、一匹800円くらいで売られているようでした。(笑) まぁー、これはちょっとやらしい話だったかもしれませんが。

さてこのミズカマキリ、このままそっとしてあげましょう。

粕川48_ミズ水カマキリ5

今回は、このへんで。

続きは次回をどうぞ。














関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。