スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき の細部を観察する

スノーピークほおずき ゆきは結局高いだけのランタンだったのか考えた


梅雨の雨ふりで今日はキャンプに行けなかったので、たまってきたキャンプ道具の記事を書きたいと思います。

今回は、スノーピークほおずき ゆきの紹介をします。スノーピークほおずきは、スノーピークの製品の中でもロングセラーモデルでファンも多いLEDランタンです。特に技術の進化が日進月歩なのがLEDランタンですから、数多くの製品が淘汰されていく中で今でも改良を続けながらユーザーの支持を得ているのはすごいことだと思います。

そんなほおずきの最新バージョンである、「ほおずき ゆき」を最近になって購入したのですが、今ではソロキャンプやファミリーキャンプで大活躍しています。明るさだけを求めるならば、今や1000ルーメンのLEDランタンも普通に手に入るような時代になってきましたが、ほおづきはランタンの明るさだけを追求した製品ではなく、キャンプの夜にとてもやさしい灯りを作ってくれるのが良いところだと思います。

LEDなのに思った以上に癒されるあかりなので、キャンプでは一番身近に置いておきたいランタンになりました。

ほおずき19

ほおずきのラインナップについて


パパーマンの購入したのは、白いほおずき ゆき ですが、他にも色違いでほおずき つち、ほおずき もり の3種類がラインナップされています。いずれもアースカラーなので、どれを選んでもアウトドアで落ちついた色になりますね。



もうひとつ、この記事を書いている時点では「どらえもんエディション」というユニークな色のほおずきが商品化されています。パパーマンは、これを買おうか購入時にかなり迷いました。お値段は通常のほおずきより少し高いですが、やっぱりほしい。(笑)



ほおずき ゆきの箱を開梱


ほおずき ゆきはこの様な箱に入っていました。パパーマンは、いつもこの箱に入れたままキャンプ場まで搬送していますよ。

箱にはLEDキャンドルランタンと書かれています。この名前から、スノーピークはやはりロウソクの様な癒しの灯りをLEDを使って作りたかったのだろうと想像します。

ほおずき10

この箱の中には、ほおずき本体と説明書が入っていました。

ほおずき12

スノーピークほおずき ゆきの主な仕様です


  • 電池:単三電池×3本使用 または ほおずき充電池パック(別売り)
  • 連続点灯時間:10時間
  • 標準照度:100lm(USB接続Hi時)
  • 重量:165g(電池を含まず)
  • サイズ:Φ107×87mm(フック、ロープ含まず)
  • 材質:フック・レンズ/ポリカーボネート樹脂、本体、ユニットフレーム、電池ボックス/ABS樹脂、ランプシェード/シリコーンゴム、ロープ/ポリプレン樹脂
  • 指定外部電源:5V-500mA(USBmicro-Bコネクタ使用)
  • 使用温度条件:稼働時-10℃~40℃、非稼働時-15℃~50℃
  • 防滴仕様:IPX4
  • 光源色:Warm white
  • 点灯モード:通常点灯モード、おやすみモード、ゆらぎモード(各モードで無段階調光可)


ほおずきの点灯時間は先代の8時間からプラス2時間の10時間まで伸びています。LEDを最新型に変えながらも、明るさを上げずに連続点灯時間の方を伸ばして使い勝手を向上させているようです。

ほおずきの明るさはすでに十分という考えのようですが、これは正しいとパパーマンも使っていて感じますね。これ以上明るくならないほうがランタン下の雰囲気を損なわなくていいと思います。

またアウトドアで欠かせない防水性能ですが、防水規格でIPX3が防雨形でこれ以上を防水とよんでいます。ほおずきはIPX4ですので、さらに一クラス防水性に優れている防沫形です。あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がないというクラスになります。

ほおずき11

ほおずき ゆきをはじめて見たとき、ランタン本体の部分がとてもコンパクトだと感じました。ランタンのサイズの大部分はやわらかいシリコーンゴムで出来たランプシェードです。

ほおずき13

多機能な ほおずき ゆきを使いこなそう


最新のほおずき ゆきでは風に反応するゆらぎモードに加え、辺りが静かになると薄明かりになる、おやすみモードが追加されています。本体の上にボタンがありますが、このボタン一つでランタンのON/OFFはもちろんのこと、通常点灯モード、おやすみモード、ゆらぎモードの切り替えと、各モードでの光量調整を行います。

多機能の操作がボタン一つに集約されているのでパパーマンもそうでしたが、ここは使い方を覚えておかないと慣れるまでは混乱するかもしれません

ほおずきを各モードへ切り替える方法


そこで、自分の覚えの為にも各モードの切り替え操作方法を簡単に書いておきます。

1.通常点灯モード
・消灯状態からスイッチを1回押す。

2.おやすみ点灯モード
・消灯状態からスイッチを長押しする。
・ランプが点滅(約1秒間隔)し始めたら電源スイッチを離す。

3.ゆらぎモード
・消灯状態からスイッチを長押しする。
・ランプが点滅(約1秒間隔)し始めても更にスイッチを押し続ける。
・ランプは早い点滅(約0.5秒間隔)になったら電源スイッチを離す。

どのモードからも1回押しで消灯です。

ほおずき14

気になる電池の取り扱いについて


カバーを外すと、USB micro-bコネクタが出てきます。コネクタに5V-500mA以上の出力を持つ外部電源を接続すると、内蔵乾電池からの出力をカットし、優先的に外部電源を利用できます。また、別売りのほおずき充電池パックを乾電池の代わりに使用するとここからも充電ができます。

ほおずき15

ほおずきを分解してみました。すると本体の上部のフタと、本体、ランプシェードに分かれました。

ほおずき16

さらに本体には電池ボックスがはめ込まれています。使用前に、この電池ボックスに電池を入れるか、もしくは下のような専用の充電池パックを代わりに入れる必要があります



ほおずき17

電池ボックスに単三のアルカリ電池を装着してやります。使えるのはアルカリ電池とオプションの充電池パックだけで、マンガン電池やニッケル水素電池は使えない仕様になっています。エネループが推奨されていないのは残念ですが、単三のアルカリ電池は安いので点灯時間を考えればあまり気にならないと思っています。

ほおずき20

アルカリ電池を入れた電池ボックスを再び本体へセットします。

ほおずき21

スイッチを1回押したら通常モードで点灯します。癒されるあかりに満足してます。(笑)

ほおずき18

スノーピーク ほおずき ゆきのまとめ


スノーピークのほおずきは昔からあるランタンですが、パパーマンが今まで購入出来なかった一番の理由はやはり価格が高かくて手が出なかったからにほかなりません。

税別で9800円、税込みだと1万円を超える価格はLEDランタンとしては飛びぬけた価格だと誰でもそう思うのではないでしょうか。例えば、これまでパパーマンが長年の間使って来たジェントスの定番EX-777XPは今ではアマゾンでも2500円を切る価格にまで下がっている為、スノーピークのほおずき一つでこのジェントスが4個買えることになります。4個といえば、この差は大きいですよね。その上、ジェントスの方が明るいのですから、お得感があります。



パパーマンは、いわゆるスノーピーカーではないと思っていますが、それでもパパーマンがこのほおずき ゆきを購入して満足しているのは、ジェントスが明るさに重点を置いて作られたのとは異なり、ほおずきの灯りが癒されるあかりだからです。

明るすぎず、野外のテーブルの上を照らすのにちょうど良い明るさであることはもちろん、大型のランプシェードの効果でランタンが視界に入ってもぜんぜん眩しくないのもいいところだと思います。なによりこのランタンを使っていると癒される一番の理由は、ランタン自体がほおずきの様に丸っこいデザインであることが大きいと思うのですよ。ホント、このほおずきのデザインには癒されますね。(笑)

最後に、スノーピークのほおずき ですが、

このLEDランタンの優しいあかりに癒されたいと思う仕事で疲れたお父さんには特におすすめです。

キャンプの夜に、このほおずきですっかり癒されてください。(笑)


それでは、今回はこのへんで。

次回は、このほおずき ゆきを実際にキャンプで使用して感じたところを紹介しますね。


スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき を実際にキャンプで使ってみた に続く。














関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。