ファミリーキャンプでテントファクトリーのスカイオーバータープT500を使う

久しぶりのファミリーキャンプは椛の湖オートキャンプ場へGO!


パパーマンの今年20泊目のキャンプは、なんとファミリーキャンプでした。先週末(2017年6月24、25日)は岐阜県中津川市にある椛の湖オートキャンプ場へいってきました。いやぁー、家族3人でキャンプするのはとても珍しいことですよ。(笑)

このキャンプ場を利用したのは2回目のことです。このキャンプ場は椛の湖に面した湖畔サイトと、その上に広がっている林間サイトの2種類のサイトをもつ自然あふれるキャンプ場です。

午後2時半にキャンプ場に到着したパパーマン家。この日、6月24日(土)のキャンプ場の天気は曇りでした。明日の日曜日が雨なのが少し気になるところです。

花の湖01_マップ

まず、管理棟でチェックインをしなければいけません。

花の湖01_管理棟

受付で、チェックイン作業中。

花の湖01_受付

テントファクトリーのスカイオーバータープT500をはじめて張りました


今回のファミリーキャンプを行うにあたり、あらかじめアマゾンで購入しておいたのがテントファクトリーのスカイオーバータープT500 です。このタープは1.2万円くらいの低価格路線ながら、ポリエステルオックスフォード 150Dという厚めの生地を使用しているうえに、生地の裏面 にはシルバーコートを施してあるので夏場に遮熱性効果が期待出来るのです。

実は昨年の夏に、アマゾンでこのスカイオーバータープT500を購入しようと思っていたのですが、2色あるうちのブラウン色がずっと売れ切れ状態になっていて、結局購入できなかった経緯があります。今年はブラウン、パープルともに今のところは売れ切れていないので、今回のキャンプにはこのタープが間にあって助かりました。

花の湖01_オープンタープ

暑い季節は、やはりオープンタープが一番気持ちいいと想うパパーマンです。

2ルームテントやシェルターは防虫対策としてはいいのですが、どうしてもオープンタープより通気性が落ちてしまうので暑い季節になると虫が優先か、暑さが優先か迷うところですよね。

幸いなことに、今回の椛の湖オートキャンプ場には不快な害虫がいなかったこともあり、このオープンタープは家族にも評判が良かったみたいです。ですので、買ってよかったです。

また今回はオープンタープにテントはモンベルのムーンライト5の組み合わせにしましたが、この組み合わせだと設置が早いといわれる小川のロッジシェルターにインナーテントを取り付けるパターンよりも、さらに設置が早いのです。

花の湖01_高台で

今回のサイトは林間なのですが、タープの下から湖畔を眺めることができる展望が最高のサイトでした。

花の湖01_湖の眺めの良いサイト

ファミリーキャンプということもあり、今回はステップワゴン君に登場してもらいました。

花の湖01_スパーダ

オープンタープにムーンライトを組み合わせればサイトを早く完成させることが出来る


最後にムーンライト5の設置も完了しました。これでサイトが完成しました。

ソロキャンプで使用しているムーンライト5はその名の通り5人が定員という設定です。もっとも、5人寝るには難があるかもしれませんが、荷物がなければ3人くらいは十分寝られる広さなのですよ。

花の湖01_ムーンライト5

アウトドアワイングラスはビールが美味しくなるグラスです


普段はキャンプにはあまり縁がないミッチーですが、このコールマンのアウトドアワイングラスはとても気に入っているようで、自宅でもビールを飲む時には愛用しています。

これはパパーマンがソロキャンプで愛用しているコールマンのアウトドアオールドファッションドグラスの姉妹品なのです。このワイングラスにビールを入れるとグラスがレンズの様に丸いので、その効果でグラスについた泡が大きく見えるのですよ。ですので普段ビールを飲まないパパーマンが見ても、このワイングラスにいれたビールはとても美味しそうに見えるのです。

花の湖01_ワイングラスでビール

今回は、このへんで。

続きは次回をどうぞ。













関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。