テントのガイロープをもっと目立つように交換した

ガイロープを交換することに決めたきかっけ


今回は、パパーマンが今年になって使っているユニフレームのユニツアー3のガイロープ(張り綱)を交換したという話です。

ガイロープを交換した理由ですが、けして緑色のテントにオレンジのガイロープの組み合わせが、ロゴスのテントみたいだからということではありません。(笑)ユニツアー3を使うようになって気になったのが、テントの近くを歩かれる方がガイロープに足をひっかけてしまうことが多いということです。

テントの中にいると、足をかけた瞬間にテント全体に衝撃が走るのでまず自分が驚きますし、足をひっけた方がけがをするかもしれません。特に足をかけるのは子供が圧倒的に多いので危ないのです。ですので出来るだけ足をかけないように何か対策をしたいと考えたのです。

ちなみに、その前に使っていたテントはモンベルのムーンライト5なのですが、このテントはガイロープをいっさい使わない優秀なテントなので、今回のようなことをまったく考えたことがありませんでした。ところがユニツアー3はテント本体にガイロープを6本、ひさしの部分に2本、合計で8本のガイロープを使うことになるのですよ。

それから足をひっかける事象が多い時間帯ですが、ガイロープが見えなくなってしまう夜になってからよりも、むしろ人が活動している昼間の方が多いのです。

ガイロープ交換06

下の写真はユニツアー3のガイロープです。写真の写り方にもよると思いますが、少し見難くありませんか。ユニツアー3に付属のガイロープは径がΦ2.5mmくらいしかなく、少し細めのロープなので気づきにくいということもありますが、もう一つはロープの色も原因だと考えています。オレンジ色は一般には派手な色のイメージがあるのですが、意外とアウトドアでは目にとまりにくい色だと思います。

ガイロープ交換05

ピンクのガイロープは目立つはず


そこでパパーマンが購入したのが、Φ4mmのピンク色のガイロープです。これなら付属のロープより色が明るいし、太くて見やすいと思ったのです。

ガイロープ交換01

付属のオレンジ色のガイロープと購入したピンク色のガイロープ並べると、こんな感じです。太さの違いが分かりますか。

ガイロープ交換09

ガイロープの価格は30mで1000円もしないもので、かなり安価だと思いますよ。まぁ、品質はそれなりだと思います。(笑)ロープの外側の筒の部分と中の芯の間にすき間があり、芯を引っ張るとズレますから。

ゴートレンジ ミリタリーグレード ナイロン製 中芯7本入、引張強度:550ポンド



自在は3角形タイプが気づきやすいわけ


それから自在金具ですが、これは三角のものを選びました。三角タイプの自在は以前使用していたことがありますが、面積が大きくて目につきやすいです。

ガイロープ交換02

この自在も安物ですよ。10個で500円くらいでした。



アルミの自在ですが、外観にシワとかあって悪いところもありましたが機能に影響はなくて使っていても気になりません。

ガイロープ交換03

純正のガイロープの長さに合わせて、新しいロープを切断していきます。切ったガイロープの端はすぐにライターであぶって軽く溶かすことで芯がほつれたり、ズレたりしない様にしてやりました。

ガイロープ交換04

こちらが、純正のガイロープです。

ガイロープ交換07

こちらが、新しいガイロープです。こちらの方がロープの存在感がありますよね。

ガイロープ交換08

下の写真はアルミ自在の部分です。三角形の自在を使うと、自在より下の2本のロープが写真の通り離れるので、これによってロープの存在がいっそう分かりやすくなりますよ。

ガイロープ交換10

ひさしを固定するガイロープはポール1本につき2本で地面に固定できる様に、2本分の寸法をとってやり、ロープの真ん中に結び目をつくることで2本を1体で使える様にしました。

ガイロープ交換11

ガイロープの交換まとめ


これで、全てのガイロープを交換しましたよ。

購入したロープは30mありましたが、ちょうど全部使い切りました。さてこれからしばらく足をひかっける人が減るかどうか、効果のほどを見守りたいと思います。

ガイロープを交換する理由は、人によっていろいろあると思います。パパーマンの場合は、人が足をかけないようにという理由で交換したのですが、結果としてテントに個性が出て、これはちょっと楽しいなと思ったところも正直言ってありました。

というわけでオリジナリティを出すためにガイロープを交換するということはありだと思いましす。最近はガイロープをネットで探せるので手にするのが容易です。ネット上にたくさんあるガイロープの中から自分の気に入ったロープが見つかれば、交換するのも楽しいと思いますよ。

ガイロープ交換12

今回は、このへんで。















関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。