Coleman(コールマン) レジャーシート ピルツ7のテントマットを見つけた

ピルツ7用のテントマットが欲しい


今回は、Colemanレジャーシートテントマット代わりにしてみたので紹介します。

冬の間、ピルツ7は土間仕様でずっと使ってきたのですが

春になると、虫が多く発生するのでインナーメッシュの使用が標準になってきました。

グランドシートは小川キャンパルの純正品を既に使用中でしたが、

インナーの上に敷くテントマットは純正品の設定がなく、インナーのフロア生地が痛むのを

心配しながら使用していました。

Coleman(コールマン) レジャーシートの紹介


Colemanレジャーシートの主な仕様


最近は各メーカーから、起毛レジャーシートが販売されています。

ホームセンターで表地の起毛を触った感じがとても良かったので、

後はこの中から、テントのフロアサイズにあったレジャーシートを探すことにしました。

ピルツ7のフロアは正六角形なので、四角形のレジャーシートが入るかを検討するため

小川のHPからフロアのサイズを調べ、CADで図面を描きながら考えました。

正方形だと190cm×190cmがジャストサイズでしたが、思ったようなものはありません。

いろいろ考えて挙句、正方形ではないのですが

Colemanレジャーシートが良い感じでピルツ7に入りそうだとわかりました。



サイズ:使用時/約200×170cm、収納時/約直径15×45cm
重量:約1.2kg
材質:表地/アクリル、インナー/PUフォーム、裏地/PVC

※このレジャーシートのサイズには、いろんなバリエーションがあるので、購入時はご注意の程を。

色は、他にもチェック柄がありましたが、インナーメッシュの色は真っ黒なので

少しテント内を明るくしたいと思い、ストライプ柄を選んでみました。

実物でレジャーシートのサイズを確認


さて、思った通りにテントのサイズと合っているでしょうか。

ピルツ7の中で実際に広げてみましょう。

Coleman(コールマン) レジャーシート 広げる1

この手の商品は、使った後で購入時と同じ折りたたみ方をしないと

元の形状に戻ってくれないものです。

丸めた後に留めている2本のバンドもレジャーシートに縫い付けられているので

丸めた後にくるバンドの位置も重要です。

ですので、ついでに新品の時の折り方も記録しておきますので参考にしてください。

ストライプ柄と90度方向には、少しずらしながら計2回折られていますね。

Coleman(コールマン) レジャーシート 広げる2


Coleman(コールマン) レジャーシート 広げる3

ストライプの方向には、中心線に合わせて左右2回ずつ折られているようです。


Coleman(コールマン) レジャーシート 広げる4

このまま広げると裏面が上になるので、このままひっくり返してから広げます。

Coleman(コールマン) レジャーシート ピルツ7のフロアシート1

写真では、レジャーシートの幅200cmの方向を入り口から見て左右方向にしています。

僕の場合は寝る向きを考えると、この方向で使うことになります。

Coleman(コールマン) レジャーシート ピルツ7のフロアシート2

サイズは、ぴったりなのでホッとしました。

レジャーシートでカバーできない部分は、荷物を置くことになるので気になりません。

Coleman(コールマン) レジャーシート ピルツ7のフロアシート3

荷物を入れるとこんな感じになります。

Coleman(コールマン) レジャーシート ピルツ7のフロアシート4

使ってみた感想


今まで、この状態で5泊程しましたが、起毛の肌触りが良く、

レジャーシートの上に直接寝転んでも、サラッとしていて快適です。

また表地と裏地の間にクッション性のある素材が入っており、

地面の凸凹もある程度吸収してくれます。

ちょうど良いサイズがあれば、お勧めです。


----2016.1.4以下追記

このレジャーシートをずっと使用していますが、雨でテントのフロアシート下に

運悪く水たまりができ、シートから水がしみ込んだことがあります。

そんな事態でも、このレジャーシートに防水性があるおかげで、レジャーシート上に浸水せず

水で寝袋が濡れるなどの被害が無かった経験があります。

代替品としては、ホームセンターで売っている様なラグやカーペットも考えられますが

これらには防水性がありませんよね。

浸水の程度次第かもしれませんが、こんなところでも役に立つ道具だと感じました。

----追記終わり




入り口付近のカバー出来ないスペースは小さいサイズのレジャーシートで

埋めるのもありかも。




関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

こんにちは。はじめまして。
今度、ソロキャンを始めます。
今までは、娘と母子キャンだったのですが、ソロをはじめるので、ピルツ7を購入しました。
コールマンのレジャーシート持っているので、やってみようと思います。
ありがとうございました。
ナチュラルさん、はじめまして。
僕と同じ様な流れでピルツ7を購入されたみたいで、嬉しいです。レジャーシートはぜひ試してください。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。