連発銃を持つ男 コールマン リチャージャブルクイックポンプ

手動ポンプからリチャージャブルクイックポンプ


夏はコットの上で寝ているパパーマンですが、コットは冬は寒いので断熱性を重視してマット系に切り替えています。そのマット、昨シーズンまでインフレータブルマットを使用していたのですが、サイズUPと寝心地の向上のため今シーズンからエアーベットに替えました。

参考記事:エアーベットで快適な冬キャンプの寝床をつくろう

エアーベットを膨らませるには空気を充填するエアーポンプが必要です。パパーマンは最初、手動式のエアーポンプを購入し苦労した為、コールマンリチャージャブルクイックポンプを続けて買いました。この電動式ポンプを使うようになり、空気入れ作業の重労働から解放されて、今はとても助かっています。

今回は、手動式と電動式のポンプ特徴をふまえ、コールマン リチャージャブルクイックポンプの紹介をします。エアーベットの購入を考えている方の参考になれば幸いです。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ01

コールマン リチャージャブルクイックポンプの主な仕様


  • 充電できるバッテリータイプ。使用時間約20分
  • 注入&排出が可能
  • 生産国:中国
  • サイズ:約20×10×11(h)cm
  • 重量:約1.5kg
  • 材質:ABS、他
  • 使用電源:AC電源充電式バッテリー
  • 付属品:AC電源アダプター、ダブルロックバルブアダプター、ミニダブルロックアダプター、ピンチバルブアダプター

リチャージャブルクイックポンプは充電池が内蔵されているタイプのポンプです。コールマンの電動式エアーポンプは、使用する電源の種類によって他にもバリエーションがあります。”4Dクイックポンプ”は本体価格ををおさえた電池式(単一乾電池×4本)、”12Vアドベンチャークイックポンプ”は車のシガーソケット 差し込みタイプです。

パパーマンは、テントの中でエアーベットを膨らませるのでリチャージャブルクイックポンプを選びましたが、車中泊なら12Vアドベンチャークイックポンプの方が便利だと思います。4Dクイックポンプは、キャンプをする頻度が高いパパーマンにとっては、電池代の元がとれないと思いパスしました。キャンプに行く頻度が少ない方は4Dクイックポンプがいいかもしれませんね。

ポンプ先端形状は、3種類のアダプターを交換することによって使い分けられます。パパーマンが使用しているコールマンエアーベットなら、下の写真の一番大きいアダプターにして使うことになります。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ02

エアーベットのバルブへ、ノズルをこの様に差し込みます。写真では分かりにくいのですが、バルブをうまく開けないと空気が全く入りませんので注意が必要です。パパーマンが一番初めに空気を入れようとした時は、空気が全然入っていかないので故障かと勘違いしました。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ03

コールマン デュアルアクションクイックポンプとの比較


さて、下の写真は初めに購入した手動式のポンプです。これも同じコールマンの デュアルアクションクイックポンプという製品です。

何故手動式を購入したかといえば、電動式のポンプは空気を入れるときに結構大きな音がするのを知っていたからです。実際、リチャージャブルクイックポンプも「キーン」という大きな音がしますよ。手動式も全くの無音ではないのですが、 リチャージャブルクイックポンプに比べるとはるかに静かです。リチャージャブルクイックポンプを使ってエアーベットを膨らませるタイミングは、まだ明るいうちにしましょう。(笑)

ところが手動式ポンプを使ってみて分かったのは体力が必要なことです。パパーマンはツインサイズのエアーベットを使っているのですが、エアーをフル充填するにはピストンを120回も往復させないといけません。それはもう毎回、空気入れ作業の途中でゼーゼー息切れをして休んでいましたから。(笑)それに比べて リチャージャブルクイックポンプなら30秒ほどで空気が充填できるのです。もう手動式に比べたら、魔法の道具といっていいくらい。

でも手動のデュアルアクションクイックポンプにもいい点がありますよ。エアーベットを固めに膨らませたい場合、電動式ではちょっとパワー不足なのです。そんなニーズがあれば手動式に軍配が上がります。体力に自信のある方で、ベットは固めが好きな方は手動を選ぶのも一考かと。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ04

手動の デュアルアクションクイックポンプの注意点をもう一つだけ。これは思ったより大きいです。小さい消火器くらいのイメージです。メジャーで測ると長さは45cmありました。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ05

電動式のリチャージャブルクイックポンプ(左)と、手動式のデュアルアクションクイックポンプ(右)を並べると、こんな感じです。
リチャージャブルクイックポンプだと、ずいぶんコンパクトになるのが分かると思います。デュアルアクションクイックポンプは、ホースの部分が潰れないように車に積載しないといけないので、そういった意味でも気を使います。

コールマン リチャージャブルクイックポンプ06

コールマン リチャージャブルクイックポンプのまとめ


手動式vs電動式のメリット、デメリットをまとめました。

手動式のポンプと比べた利点です

  • 空気入れ作業が楽です
  • コンパクトです思ったより価格も高くない
  • 作業時間が圧倒的に短いです

手動式のポンプと比べたデメリットです

  • 使用時の音が大きいので気を使う
  • 充電が必要
  • エアーベットが固くならない


リチャージャブルクイックポンプですが、体力に自信の無い方にはこちらをお勧めします。(くれぐれも過信は禁物です。)

それでは、また。















関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。