桃太郎公園 栗栖園地 オオカマキリは自分の体色を知っているのか

カマキリ虫とハリガネムシ


前回の記事

桃太郎公園 栗栖園地 ハチにそっくりなホソヘリカメムシ の続きです。

9月11日(日)の午前のお話しです。

今日は蒸し暑いので、タープの下から一歩も動く気がしなかったパパーマンです。それでも何か面白いことは無いかと思いながら、椅子に座って周囲を観察していました。草原で何かが動いている気がしたので、そちらに目を向けると大きなカマキリを発見しました。よく見るとオオカマキリです。このオオカマキリ、何度か飛びながらこちらに一直線に向かってやってくる模様です。

カマキリ虫といえば、小さいころは捕まえると必ずやっていたことがあります。それはお腹をつついて弱らせたあと、水につけてハリガネムシという黒い線状の虫をお腹から出すことです。みなさんも、そんな遊びをしていませんでしたか。今思えばハリガネムシって寄生虫なので、気持ちの悪いことをしていたと思うのですが・・・。でも子供の頃は、ハリガネムシが寄生虫だなんて全然知りませんでしたね。

あれはカマキリ虫の子供かと思ってましたよ。(笑)

ところでハリガネムシは、水中生物なので水中でオスとメスが交尾をして卵を産むわけです。そのためには最後にカマキリ虫のお腹の中で成虫になったハリガネムシが、再び水中に戻らないといけません。この為にハリガネムシはカマキリ虫の頭脳を操って、川に飛び込ませるそうです。そんなことをどうやっているのか本当に不思議ですよね。なんだか映画や小説の中の世界のようです。

桃太郎公園03_かまきり


オオカマキリはなぜここにやってきたのか


このオオカマキりですが、なんだかパパーマンの方に向かっているみたいです。まず草原からユニフレームの焚き火テーブルに上ってきましたよ。

桃太郎公園03_かまきり2

そして、ごみ袋の上にまでやってきました。オオカマキリは緑色の個体と、茶色の個体がいるのですが、これは茶色のようですね。ここから翅を使って飛びます。

桃太郎公園03_かまきり3

そして、コールマンのチェアの方へ移りました。この時、パパーマンはすでに椅子から退散しています。(笑)

桃太郎公園03_かまきり4

オオカマキリが椅子の上まで上ってきました。

こちらを向いて、「どうだっ!」って言っているのかも。

桃太郎公園03_かまきり5

そして、この位置でピタリと動きがとまりました。獲物を待っている様です。

この時にパパーマンは思ったのですよ。オオカマキリは自分の体色が分かっているではないかと。それなので、わざわざこの茶色い椅子の生地の上までやってきたような気がしてなりませんでした。

オオカマキリには緑色と茶色の個体がいて、卵から生まれた時はどちらの色のカマキリ虫も一つの卵の中に混ざっているようです。それで、枯草の上では茶色いカマキリ虫をよく見て、緑の草原では緑のカマキリ虫をよく見る気がしますよね。それは見つかりやすい色の個体は、鳥に食べられて自然淘汰された結果だという説があります。

それはそうなのかもしれませんが、今日のオオカマキリを観察していると自分の体色にあった居場所に移動することもあるのじゃないかと思ったのですよ。そうだとすると、このオオカマキリは自分の背中の色を見たのでしょうか。まぁ、カマキリ虫の首って後ろまで回るので、みることができるかもしれませんね。

ということでパパーマンの昆虫観察でした。

桃太郎公園03_かまきり6

桃太郎公園の空は雲におおわれて


キャンプ場の上空には白い雲が広がっています。12時近くになると、人がだいぶ減ってきたようです。

桃太郎公園03_ムーンライト5

健康のため、野菜ジュースを飲むパパーマンです。(笑)さて、パパーマンの帰る時間も近づいてきました。

桃太郎公園03_野菜ジュース

今回は、このへんで。

続きは次回をどうぞ。
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。