ムササビウイングの小川張り 完成編

ムササビウイングをお使いの方の参考に


このブログにおこし頂く方の中には、検索エンジンから”ムササビウイング”のキーワードで飛んでこられる方が多いようです。私もずっと愛用しているムササビウイングですが、アマゾンでは入荷してもすぐに売れ切れてしまう状態がずっと続いているくらい人気タープのようです。

ですので、最近ではキャンプ場でも時々使っている方を見かけるようになりました。小さいタープながら、ソロキャンパーだけでは無くて、家族やカップルで使っている方も意外と多いように感じます。

パパーマンはこのムササビウイングTC焚き火バージョンと、今シーズンに購入したモンベルのムーンライト5型を組み合わせて、小川張りにしてリビングスペースを作っています。

モンベルのムーンライトは独特の直線的な形状をしたテントです。今では少し古くさい感じもするデザインなのですが、このとがった形状がムササビウイングとも相性が良いようで、この2つを組み合わせた小川張りの姿がパパーマンはとても気に入って使っていました。

そんなある日のことです。いつも利用している粕川オートキャンプ場の強風にやられて、小川張りがまさかの崩壊をしてしまいました。この時はタープのポールが折れたり、ラジオが壊れたりと散々な目にあいました。それから再び小川張りの復活を目指して、少しずつですが強風に負けないポールやガイロープなどの道具を検討しながら準備してきました。

そして7月の終わりに小川張りが思った通りの姿に張れたので、今回ご紹介します。この記事が、パパーマンと同じように小川張りを考えている方の参考になればと思います。

ムササビウイングの小川張り完成01

ムササビウイングの小川張り 初期タイプ


さて、まずはじめに下の写真をご覧ください。

これは一番初期の小川張りの姿です。この状態で強風にやられて崩壊しました。さすがに今みるとポールが細いのですが、この時はそんなことは思っていませんでしたね。この時使っていたのは、ロゴスのシステムロックポールという商品です。伸縮しやすくて使い勝手の良いタープポールで、最大で230cmまで伸ばすことが出来るものです。この時は一番伸ばして使っていました。

粕川18_日曜日のテント

ムササビウイングの小川張り 最新タイプ


次に、これが最新の姿です。

テント後のタープポールはモンベルのアルミタープポール240(2.4m)を使用しました。ラチェット式でパイプ径がΦ32mmと太いものを選んでいます。また後方のポールに大きな力がかからない様に、後ろに引っ張る2本のロープの長さも4mまで伸ばしてやりました。

前側の赤いタープポールですが、これはエリッゼ(ELLISSE)のアルミタープポール(レッド)です。これに中間ポールを1本追加したので245cmになっています。フロントもモンベルのアルミポールで良かったのですが、

見た目を重視して赤いポールを選びましたよ。(笑)

きっと自己満足ですが、ムササビウイングの赤いパイピングには、このポールが良く似合っていると思うのです。

ムササビウイングの小川張り完成02

ムササビウイングの小川張りのコツ


もう一つ、張り方でも工夫があります。

これは初期の写真と比べると分かりやすいと思います。テントをムササビウイングの下に、もっと突っ込んでやるのです。突っ込めば後ろ側のポールとムササビを結ぶロープの長さを短くできます。小川張りは風に弱いといわれていますが、ここが短くなると風にも強くなるというわけです。

また、このロープを短くすればムササビウイングと接続をしている後ろ側の高さを上げることが出来ます。すると、その結果としてテントをもっとムササビウイングに突っ込みやすくもできるのです。

ムササビウイングの小川張り完成04

下の写真は、タープ下からテントの前側をみたところです。このくらいタープ下にテントが入っています。

こうすることで見た目にもコンパクトになり、昔より一体感が増した感じになりました。

ムササビウイングの小川張り完成03

ムササビウイングの小川張り まとめ


パパーマンが使用しているのはムササビウイングTC焚き火バージョンです。ムササビウイングの中でも、この種類はポリコットンという素材を使っています。このポリコットンはコットンが混紡されている分だけ重さはありますが、厚みもあって直射日光をさえぎる効果がとても高いのです。写真の様に濃い日影を作ってくれますよ。ここがムササビウイングを使っていて良かったと思う点です。

以上ですが、参考になったでしょうか。

最後に小川張りについて、これまでに書いた記事をあげておきますのでご参考まで。

ムササビウイングの小川張りに挑戦 ムーンライト5編

ムササビウイングの小川張り 強風のキャンプ場で気づいた問題

ムササビウイングの小川張り 折れたポールを観察する

ムササビウイングの小川張り 小川のアルミ三角自在とガイロープ

ムササビウイングの小川張り モンベルのアルミタープポール240を選んだ理由

エリッゼのアルミタープポール(レッド)をムササビウイング用に購入

エリッゼ(ELLISSE)アルミ タープポール レッドの中間ポールを追加


ムササビウイングの小川張り完成05

まだまだパパーマンの小川張りは進化しますよ。(笑)

それでは、また。














関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

イワタニ カセットガス スモークレス焼肉グリル やきまる
鉄板の表面温度を一定にして、脂が煙になるのを抑制するカセットガスコンロ
煙がでにくいので、アウトドアでも周りが囲まれた空間で使う時に便利なんです

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) CF アジャスタブルテーブルS
買ったばっかりですが、このテーブルはとにかく格好いい!プリムスの本気を感じます

Rockpals ポータブル電源
電源の無いキャンプ場で扇風機を使うために買いました AC/DC/USB給電可能で使いやすいですよ

トップランド(TOPLAND) どこでもファン
上のポータブル電源とセットで使っています DCモーター搭載で省電力+ボックス型で収納しやすいのがポイントです ファンは18cmで一人用扇風機としては十分な風量 パパーマンは木目調を買いました

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。