カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41火力だけじゃないぞ

カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41紹介


今日は、愛用しているカセットコンロ

イワタニ カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41紹介です。

イワタニ カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41 炊飯

イワタニのバーナーとのつきあい


僕がキャンプを始めたのは、大学生の頃なのですが、

当時はじめに手にしたカセットガスストーブが イワタニプリムスのIP-2243なんです。

こんなやつ




(調べたら、今でも売っていたのですね。少し感動しました。)

買った時は確か青いソフトケースに入っていたのですが、

後からハードケースが単体で販売されたので、ケースだけ追加購入したり

延長用五徳を取り付けてみたり・・・・、とにかく可愛がっていました。

ある日、殻つきの牡蠣を直接バーナに載せて焼いていたら

牡蠣の煮汁がバーナのガスが出てくる穴に詰まってしまい

何回も自分で修理を試みたものの、使用不能になってしまいました。


当時のバーナといったら、イワタニプリムスとEPIが人気を2分していましたが

初めて手にしたのがイワタニプリムスであったこともあって、

少しイワタニ贔屓のパパーマンによるカセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41

の説明です。(笑)

ずいぶん、話が脱線してきました。

すいません。

主な カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41の仕様



まずは主な仕様から紹介します。

  • サイズ:幅337×奥行302×高さ93mm

  • 本体重量:約1.9kg

  • 火力:最大発熱量4.1kW(3,500kcal/h)

  • 素材・材質:本体/アルミニウム、トッププレート/プレコートフッ素鋼板、ごとく/ホーロー用鋼板(ホーロー加工)、バーナー/真鍮(メッキ加工)、器具せんつまみ/耐熱ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、ケース/PE(ポリエチレン)樹脂
  • 生産国:日本

  • セット内容・付属品:本体、専用キャリングケース

  • ガス消費量:約286g/h(気温20~25度の時、30分間のガス消費量を1時間換算したもの※イワタニカセットガス使用)、連続燃焼時間:約55分(気温20~25度の時、強火連続燃焼にてカセットボンベを使いきるまでの実測値)、点火方式:圧電点火方式


五徳がホーロー加工になっていたりと、フラッグシップだけあって

目立ちませんが使う側のこともよく考えている商品と感じられます。

イワタニのカセットコンロで最強の火力をほこる


仕様としてはイワタニのカセットコンロシリーズの中では、現在最高の4.1kWを誇るところが

一番の特長ですね。

キャンプ道具の中でも火器って

「火力が強いのが偉いぞ!」っていう信仰らしきものがあります。

この点では、存在感がある道具です。

ただ、ソロキャンプではパワー全開で使用する場面はあまり無く、

火力をもてあまし気味というのが僕の感想ですが。

キャンプでも頼もしい安全装置


それから、注目は一般家庭で使われるだけあってイワタニ独自の安全装置を

搭載していることです。

  • イワタニならではのマグネット方式を採用

  • 簡単装着、危険防止を徹底的に追及したイワタニならではのマグネット方式を採用

  • 圧力感知装置

  • ボンベ温度が上がると自動的にガスを遮断する圧力感知装置付き

このあたりは、はじめからキャンプ道具として作られたガスバーナーには

無い部分ですので、キャンプでも安全にこだわるなら、

カセットフー BO(ボー)はかなりおすすめです。


毎年カセットコンロの爆発事故が時々ニュースになったりしますが

これら安全装置があると安心して使うことが出来ます。

カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41をアウトドアでもすすめる理由


この カセットフー BO(ボー)ですが、ダブル風防により「風に強い」というのがうたわれているので、

アウトドアでの使用も想定されている様ですが、あまりキャンプ場で

他の方が使用しているのを見かけることは少ない感じがしますので

僕がキャンプでこのカセットガスコンロをおすすめするる理由を書きます。

五徳に圧倒的な安定感あり


まず、IP-2243の様なコンパクトなシングルバーナに比べ

鍋を置いたときの圧倒的な安定感があることです。

これは、カセットコンロなので誰もが認めるところかと思います。


また、この手の家庭用カセットコンロでは逆に小さい鍋を使うソロキャンプの様な場面で

五徳の幅が大き過ぎて、逆に載せられなかったりするのですが

これは写真の様に意外と五徳の幅が比較的狭く小さい鍋にも対応出来ています。

イワタニ カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41 五徳サイズ

ケースつきであること



イワタニ カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41 購入以前も

岩谷産業のカセットコンロを使っていたのですが、

梱包されていた紙の箱でキャンプ場へ持ち出すうちに、

ボロボロになってしまいました。

仕方ないので、ミッチーがケースを自作してくれましたが、

手作りのカセットコンロケース

ここに至るまでにはかなり苦戦をした様で、苦労のあとがあちこち見られます。

専用ケースはコンロがぴったり収まっているので、がたつきも無く

見た目も良いうえに、アウトドア用品は車に積むときなど、

積載でコンロが壊れないように気を配る必要がありますが、

この専用ケースがあれば万全になります。

イワタニ カセットフー BO(ボー)EX CB-AH-41 ケースを開けた

冬でもガスを完全に使い切ることが出来ること【重要】


この カセットフー BO(ボー)はヒートパネルの効果が抜群なのですよ。

本当に、カセッドガスが空になる直前まで火力が変わらないのは流石だと思います。

今までに、アウトドア用のガスのツーバーナなど使用してきたのですが

冬になるとヒートパネル機構が着いているにもかかわらず、

ドロップダウン現象を起こし、毎回残念な感じがしていました。

でもCB-AH-41を使ってからは、この不満から解消されました。

まとめ


カセットフー BO(ボー)CB-AH-41の欠点といえば、

どう見てもアウトドア用品っぽく見えないところでしょうか。

あとは、アウトドア用のガスストーブと比べて大きいことくらいですね。


とにかく強い火力とドロップダウンしないヒートパネルの威力、

アウトドア用品にはない安全性や防風性、五徳の安定感など

キャンプで使っても、先の欠点を十分補えるものはあるでしょう。


また、 カセットフー BO(ボー)はガス燃料特有のドロップダウン現象が嫌で、

灯油バーナやガソリンバーナを使っている方にもお勧めですよ。

やはりガス器具は、火器の中でも一番使い勝手がいいですからね。




ところで、ケース単体だけで売られていますよ。

昔はケース無しで売られていたので

持ってない方がいらっしゃれば。



最近、値が下がっているこちらも気になります。

これもケースが付属していますよ。





関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。