冬キャンプ用に昔買ったアルパカストーブ ts-77 コンパクトの今

冬キャンプでシェルター内の暖房にアルパカストーブを購入した


このストーブはアルパカストーブという韓国製の石油ストーブです。

冬にキャンプを楽しんでいるキャンパーさんなら、誰でも知っているくらい今ではメジャーになったストーブですね。

パパーマンが使ってるのはアルパカ ts-77 コンパクト というモデルでアルパカストーブの中では、一番コンパクトなモデルになります。コンパクトとはいっても、燃料満タンにしておけば1泊2日のキャンプ程度で今までに燃料切れになったことはありません。キャンプには手ごろなサイズだと思います。

我が家には、このts-77 コンパクト が2台あるのですが、買ってから4、5年くらい経っていることもあり、錆びも発生していたりところどころに劣化が見られます。

値段が安くて、アウトドア用と割り切って購入したストーブなので日本製の石油ストーブと同じ品質を期待するのはそもそも間違っていると思いますが、アルパカストーブの購入の参考になればと思うので、気づいた点を書いてみます。

アルパカストーブ01


アルパカストーブはパワーのあるストーブ


冬キャンプの石油ストーブといえば、有名なのは武井バーナ。寸法が160×330mmで、とてもコンパクトですが、値段がお高いのと点火作業が自分しか出来なくなると思われるので、候補から外れました。



やはり家庭で使っているような石油ストーブタイプが、点火も簡単でファミリーキャンプでは安心感があります。

ただし、よくある燃料タンクが取り外せるタイプのストーブでは、灯油を入れた状態で運ぶと燃料漏れを起こしてしまうのが難点なのです。

そこで、燃料タンクが一体のストーブといえば国産ではフジカハイペットが有名どころですが、これもお値段が高い。キャンプ用と割り切れば、フジカの模倣品である韓国製のアルパカストーブがパワーもあって(2800キロカロリー/ h)、お値打ち品です。

パパーマンが輸入代行で購入した頃は、収納ケースつきで1台11,000円くらいで手に入れることが出来ました。ちなみに、この時のストーブ本体だけの価格は5000円台でした。

広いシェルターの中を温めてくれる、パワフルで頼もしいストーブでしたがファミリーキャンプの出撃回数も減ってきて、最近はあまり活躍の場がない状況になってます。

数年経つとアルパカストーブはこうなった


この写真は、2代所有しているアルパカのうち古い方です。

燃料計に注目。雲っているように見えますが、実は凹んでもいます。(泣)私の心も、少しだけヘコみました。

おそらくタンク内に残った灯油に侵されて、透明なプラスチック部分が化学変化したものと思われます。こうなってしまっては、燃料計の針は見れません。もちろん、致命的なダメージではないので給油時に灯油があふれないよう気を付ければ、まだまだ使えますが、やはり気になる方もいることでしょうね。

アルパカストーブ02

僕の持っているアルパカは、自動消火装置(地震などで揺れると火が消える)が無いので家の中で使うと危険ですが、アウトドアでは火がついたまま取っ手を掴んで場所を移動できるので便利です。

さて、ストーブの上の黒い塗装部分ですが、ここは外れるのです。

アルパカストーブ03

外してどうするかといえば、鍋を載せて煮炊きをしたりと調理用のバーナ(コンロ)として使うことが出来るのです。

とはいえパパーマン家では、そんな使い方をしたことはないのですがフタを開けてみると、見事に錆びてますね。(泣)

ここはフタをずっとしていれば気づかなくてよかった。なぜフタをあけてしまったんだろう・・・。

アルパカは使用してないときには室内保管していたので、

錆びの原因はメッキの性能が良くないことに起因している様に思います。

アルパカストーブ04

錆びても、まだまだ使えるので気にしなければよいのですが、どうでしょうか。最近、パパーマンはトヨトミのレインボーストーブが気になります。アルパカほどのパワーは無いようですが日本製なので安心感がありますし夜は照明にもなって、いい雰囲気です。

最近ではスノーピークからレインボーのOEMモデルが発売されていますが、アウトドアで使っている人も多いですね。



電機屋さんとか、ホームセンターに置いているレインボーの現品を見るとアルパカと違い塗装の品質も高いので、長くつきあえそうな気がします。

でもアルパカ2台もちのパパーマンは、ずっと手にできないストーブでしょう。(笑)

それでは、このへんで。


















関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。