野点コーヒー道具その2 ポーレックスコーヒーミルミニ

野点コーヒでは定番アイテム ポーレックスコーヒーミルミニの紹介


パパーマンがキャンプ初心者の頃、

コーヒー豆をキャンプ場でひくなんて、思いもしませんでしたが

キャンプにも慣れてきて、少し気持ちに余裕ができてくると

コーヒータイムをもっと楽しみたいと思うようになり

今から3年前に、とうとうコーヒーミルを買ってしまいました。

コーヒーはひきたてが、やっぱりおいしいですね。

コーヒーミル01

今回は、おそらくアウトドアでは定番の

コンパクトなポーレックス コーヒーミルミニの紹介です。

ポーレックスコーヒーミルミニの主な仕様


紹介するコーヒーミルミニには

兄貴分にポーレックスコーヒーミルという商品があって一度に30gひくことが出来ますが

コーヒーミルミニは、一回りサイズが小さく、ひける豆の量は約20gになります。

これは、ちょうどコーヒー2人分の容量ですね。

高さは、上の写真の様に高さが缶ビールとほぼ同じくらいコンパクトで

おまけにハンドルを取り外した後、本体にまとめられるように工夫されているので

持ち運びが便利です。

  • サイズ:φ5.0×W16.2(最大)×H17.0(最大)cm

  • 本体重量:235g

  • 材質:内刃・外刃:セラミック、フタ・本体・受け容器・シャフト:ステンレス、ハンドル:鉄、内刃ベース:POM、調節ネジ:PP(耐熱温度120℃)、ハンドルホルダー:シリコーン

  • 原産国:日本


実際にコーヒーミルミニでコーヒー豆をひいてみる



それでは、コーヒをひいてみたいと思います。

まず、ハンドルとうわぶたを外します。

すると、コーヒー豆を入れる容器があらわれるので

コーヒー豆を好みの分量だけ入れてやります。

コーヒーミル02
うわぶたとハンドルを取り付けます。(下の写真)

あとは、ハンドルを時計回りに、ひたすら回すだけ。

はじめはガリガリといった感触の手ごたえがあるのですが

しばらくして、ハンドルが軽くなったら作業終了です。

コーヒーミル03

本体のミルの部分を取り外すと、ひかれたコーヒー豆が出てきますので

ドリップする器具に移しましょう。

コーヒーミル04

ポーレックスコーヒーミルミニの構造はどうなっているのか


本体は、大きく4つのパーツに分解されます。

写真左から、ハンドル、うわぶた、ミル、コーヒー受け

基本は、すべてステンレス製なので丈夫です。

ガラス部品を使っているミルもありますが

キャンプに持っていくときは、やはりステンレス製が安心ですね。

コーヒーミル06

要所のミルですが、セラミックで出来ているのが特徴で

メーカの説明だと、コーヒー豆に匂いがつきにくいそうです。

また、写真の十文字のパーツを回転させることで、粗びきから細ひきまで

調整することが出来ますので、自分の好みに合わせて調整しましょう。

ミルの部分ですが、分解して清掃することも可能です。

長く使う道具ですので、こういったところは重要ですね。

コーヒーミル05

まとめ


パパーマン家では実は自宅でも、

このポーレックスコーヒーミルミニを使って、コーヒーを淹れています。

うちは大人が2人なので、ちょうどよいサイズです。

使用頻度はそれなりですが

我が家のコーヒーミルミニは、いまだに壊れる気配はなく、

長く使い続けられる道具だと思います。

お値段は、少し高いと感じるかもしれませんが

コンパクトで丈夫なので、キャンプ道具としておすすめです。





関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

イワタニ カセットガス スモークレス焼肉グリル やきまる
鉄板の表面温度を一定にして、脂が煙になるのを抑制するカセットガスコンロ
煙がでにくいので、アウトドアでも周りが囲まれた空間で使う時に便利なんです

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) CF アジャスタブルテーブルS
買ったばっかりですが、このテーブルはとにかく格好いい!プリムスの本気を感じます

Rockpals ポータブル電源
電源の無いキャンプ場で扇風機を使うために買いました AC/DC/USB給電可能で使いやすいですよ

トップランド(TOPLAND) どこでもファン
上のポータブル電源とセットで使っています DCモーター搭載で省電力+ボックス型で収納しやすいのがポイントです ファンは18cmで一人用扇風機としては十分な風量 パパーマンは木目調を買いました

NITINEN(ニチネン) カセットボンベ式ヒーター
ミスターヒート KH-011
冬キャンプでは足元が暖かくしたいので、コンパクトなこいつを使っています。屋外式なのに燃焼音が静かで、ドロップダウンに強いのがいい。

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。