フィールド・ドリームDX-Ⅲ 封筒型シュラフ で冬キャンプ

冬キャンプにも封筒型シュラフを使いたい


これから寒くなって、いよいよ冬キャンプの季節になりますね。

冬といえば、首周りをすっぽり囲んでくれるマミー型シュラフが定番ですが

マミー型はシュラフの中で体が窮屈な姿勢になるし、

寝返りも打てないので苦手だという方は多いと思います。

それではということで、冬でも工夫次第で使える封筒型シュラフ

キャンパルジャパンフィールド・ドリームDX-Ⅲの紹介をします。

フィールドドリーム01

キャンパルジャパンフィールド・ドリームDX-Ⅲとは



フィールド・ドリームDX-Ⅲは一言でいえば、家で使っている布団を

小さくした様なものです。

素材がコットンなので、使い始めは本当に新しい布団の様な匂いがしますよ。

コットン製は、触った感じが気持ちいいです。

フィールド・ドリームDX-Ⅲの主な仕様



  • サイズ:220×95cm

  • 重量:約4.2kg

  • 素材:表地/TC、裏地/コットン、中綿/ポリエステル、中空綿2kg(アッパー1000g+アンダー1000g)

  • パッキング:50×30×28cm


フィールド・ドリームDX-Ⅲの特徴



まず封筒型シュラフとしては非常に大きなサイズになります。

写真はピルツ7の中で使っている様子ですが、2-3人用のテントの約半分の

スペースを、この寝袋が使っていることがわかるかと思います。

布団の中で寝返りをうつには80cmの横幅が必要といわれていますが

このフィールド・ドリームDX-Ⅲは95cmもあります。

大柄な僕でも、この寝袋の幅であればゆったりと寝ることが出来ますよ。


また、通常の封筒型シュラフは片側のサイドにしかジッパーがついていないものですが

このシュラフは両サイドと足元のすべてがジッパーで開放できるため

例えば、夏の暑い季節には完全に敷布団と掛布団の2枚に分けて使うことが可能です。

逆に寒い季節はジッパーをしめていけばいいのです。

フィールドドリーム02

冬キャンプでフィールド・ドリームDX-Ⅲを使うには


さて、フィールド・ドリームには弟分があって、

フィールド・ドリームST-IIIが最低使用温度6度であるのに対し、

紹介するフィールド・ドリームDX-Ⅲの最低使用温度は2度です。

より寒冷地仕様になっているDX-Ⅲでも、気温がマイナスになる様な

寒い冬キャンプで使えないかといえば、使えます。

僕は、昨年の冬の終わりから、この寝袋を使い始めましたが

寒い時は毛布と組み合わせればよいのです。


はじめに「家で使っている布団を小さくしたかの様なシュラフ」と紹介したように

サイズが大きい、ジッパーが両サイド開けられる特徴をもつため

毛布と組み合わせて寝るのは容易です。

寒くなるときは、毛布を用意しましょう。

最近の毛布はマイクロファイバー製など、コンパクトになるものがあるので

これらを利用しない手はありません。

フィールド・ドリームDX-Ⅲの気になる収納方法は


ダウンでもない限り、冬用のシュラフのサイズはマミー型でも大きくてかさばりますが、

封筒型シュラフということで、収納時のサイズはそれなりにあります。

ですのでファミリーキャンプでこのシュラフをたくさん積むことを前提とするのであれば

あらかじめ車載スペースと相談した方が良いと思います。


ただ、収納方法は非常に簡単です。

まるで布団の様に、折りたたんで収納袋に突っ込むだけで良いのです。

この時、少しくらい折り目がルーズになっても大丈夫ですよ。(下の写真)

フィールドドリーム03

寝袋の収納袋というよりは、布団カバーに近いですね。

(写真はコンプレッション・ベルトを使っていません。)


フィールドドリーム04

今回紹介したフィールド・ドリームDX-Ⅲですが、今シーズンの冬キャンプでも

ずっと使っていく予定です。

また使用感など紹介して行ければと思います。

それでは、また。








関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。