1泊2日のソロキャンプに必要な保冷剤の量を考える

釣り用クーラーボックスを使ったが保冷力不足だった

こんばんは、パパーマンです。

暑い日のキャンプでは、冷たい飲み物が欲しくなったりと

クーラーボックスが活躍する機会が増えますね。

そんなとき、食料を保冷する能力も気になります。


クーラーボックスは高価だし、簡単に買い換えられるものではないので

手軽に保冷能力を補う方法として、保冷剤を増やす方法が考えられます。


以前、書いた記事

夏でも使えるソロキャンプ用クーラーボックスを考える

で、釣具メーカーのシマノのクーラーボックスのラインナップの中で

標準的な保冷能力をもつ17リットルのクーラーボックス

フィクセルベイシス170を、一泊二日のソロキャンプで使用してみた結果、

もう少し保冷力がほしいと感じた、と書きました。


この時、中に入れていた保冷剤

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結氷点下パックM 81660642(600g) が2個です。





対策として ロゴス氷点下パックGT-16℃ハード をさらに追加


そこで、さらに

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 氷点下パックGTマイナス16度ハード600 81660612
>(600g)を2個追加して試してみました。



この氷点下パックGTマイナス16℃ハードですが、

一般の保冷剤の8倍の能力があるとか、-16℃を16時間キープできるとか

ロゴスの説明には書かれていて、今ある保冷剤の中では

比較的強力なものと考えられます。


注意点としては、氷結体になるまで冷凍庫で36時間から48時間時間かかるので

キャンプに行く前日の夜に、冷凍庫に入れても期待される性能を発揮できないことです。


全部で600g×4個の保冷剤を入れテストしてみる


そこで、どちらの保冷剤も3日間冷凍庫に入れっぱなしで、完全に凍らせて使用しました。

さて確かめたのは8月22日、23日の粕川オートキャンプ場でのソロキャンプです。


この時のキャンプの様子は、

夏が終わる前に行く 晩夏の粕川オートキャンプ場(前編)

夏が終わる前に行く 晩夏の粕川オートキャンプ場(後編)

をご覧ください。

下の写真の様に、12:00に保冷剤を4個入れて自宅を出発。

底面に敷いた2個が氷点下パックGT-16℃ハード600g、

側面の緑色に見える2個が保冷剤 倍速凍結氷点下パックMです。

ロゴス氷点下パックGTマイナス16℃ハード1

キャンプ場に行く途中で、食料を調達しました。

その日の夕食、次の日の朝食と、デザートや飲み物を入れると

クーラーボックス(フィクセルベイシス170)の中は、こんな感じになりました。

もちろん、これはソロキャンプの量です。

(多すぎる、というツッコミは無しでお願いします。)

ロゴス氷点下パックGTマイナス16℃ハード2


ロゴス氷点下パックGT-16℃ハード投入の効果は


翌日の朝食はキャンプ日記でも書きましたが、焼きそばでした。

この豚肉、クーラーボックスの底の方、つまり氷点下パックGT-16℃ハードのすぐ上

に入っていましたが、翌日に朝食を作ろうとしたときにカチコチに凍っていました。

氷点下パックGT-16℃を使うと、食料が凍ってしまうというのは

本当ですね。

結論として、600gの保冷剤を4枚使えば、保冷力は問題ない

ということがわかりました。

粕川08 朝食の材料


とはいえ、クーラーボックスを冷凍庫にする必要はないので

氷点下パックGT-16℃ハードに食料が触れないようにするなど

保冷剤の配置を、もう少し工夫する必要があると思いました。

これは、そんなに難しいことでは無いと思います。


これからしばらくは、まだ暑い日が続きますので

この組み合わせで使用を続けたいと思います。

また、気がつくことがあれば報告します。


それでは、また。
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。