上高地を歩く~夏の空と小径を歩いた記憶

河童橋を目指して歩く


前回の記事 上高地を歩く~明神池に到着です の続きです。

2017年7月21(金)のまだまだ午前中です。

河童橋を目指して歩きます。青い空にモクモクと入道さんがのぼっています。この空は夏の空ですね。ふと子供の頃に見た懐かしい風景を思い出してしまいました。

天気が良くて気持ちのいい日なのですが、パパーマンは夏風邪がひどくなったようで、だんだん体がだるくなってきました。気づけば、いつもより汗をたくさんかいています。これは早く平湯キャンプ場に帰って、ゆっくり休息をとらなければ治りそうにありませんね。(笑)

そんなわけで、上高地のハイキングのお話は今回がクライマックスです。

平湯の森01_夏の小径


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

上高地を歩く~明神池に到着です

穂高神社奥宮=明神池に入るか入らないか


前回の記事 上高地を歩く~森の中に夜な夜な動く木 の続きです。

2017年7月21(金)のまだまだ午前中です。

明神池にやっと到着しました。ここから先は穂高神社奥宮になっています。休憩所があったので、腰を下ろしてしばらく休憩します。今日は平日のせいか年配のグループの方が多い様ですね。

定年後に山登りとかハイキングを楽しまれている方がよくいらっしゃいますが、上高地のハイキングコースはアップダウンが無いし、景色も抜群にいいので足に自信のない方にもちょうどよいコースだと思います。

ここから明神池に行くには実は拝観料が必要なのです。休憩所のベンチに座っていると、「せっかくここまで来たのだから、お金を払っても入る。」とか、「何回も来ているので、自分はやめとくよ。」とかという会話が聞こえてきます。

さてパパーマンは、「ここまできたのだから・・・」と思いながら、拝観料を払って明神池を見に行こうと腰をあげることにしました。

平湯の森01_明神池に到着

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

上高地を歩く~森の中に夜な夜な動く木

上高地を守るエントをみつけた


前回の記事 上高地を歩く~河童橋から明神池を目指して の続きです。

2017年7月21(金)のまだまだ午前中です。

映画ロード・オブ・ザ・リングには「エント」と呼ばれる巨木の姿をした種族が森の中をノッシ、ノッシと歩く場面がでてきますが、昔から木が人が見ていない夜中に歩いて移動するという怪奇話はよく聞きますよね。

下の写真は、ハイキング中に見つけた大きな木の根元の部分です。これの木は完全に地上に木の根っこと思われるものが出ていました。この木を見た時に、歩いてここまでやってきたのじゃないのかとパパーマンは想像してしまいました。

昔の人たちもこんな木を見て、「この木は夜中に歩いているのじゃないか?」と想い、そこから木のお化けとか、森の精のお話が出来たのではないかと思うのです。

平湯の森01_足


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

上高地を歩く~河童橋から明神池を目指して

梅雨明けの穂高連峰がきれいです


前回の記事 上高地を歩く~バスターミナルから河童橋まで の続きです。

2017年7月21(金)のまだ午前中です。

上高地河童橋に到着です。下の写真は河童橋の上から上流を見たところです。正面に見えるのが穂高連峰です。山の景色も奇麗ですが、足元の梓川も透明で本当に奇麗です。

最近、ブログ用のコンデジを壊してしまい仕方なく重いペンタックスの一眼レフを使っているのですが、今日はこんな写真が撮れたのがとてもうれしいです。

平湯の森01_河童橋から上流を
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

上高地を歩く~バスターミナルから河童橋まで

テント真上からドラミングで起こされた


前回の記事 スノーピーク沼でたねほずきも買ってしまった の続きです。

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にある平湯キャンプ場 2017年7月21(金)の早朝。

朝、テントの上の方から「カ・カ・カ・カ・カ・カ・カ・カッ」という音がしてくるのにきづき、目が覚めました。あぁーこれはキツツキのドラミングの音ですね。しばらくテントの中で横になったまま森中に響く、その音をじっと聞いていました。

「いやぁー、爽やかな目覚めですわ。」といいたいところですが、パパーマンは起きると喉がすごく痛かったです。それに鼻水も出てきました。やはり一昨日からひている風邪が悪化してしまった様ですね。

とはいうものの今日はまだ平日で人出も少ないし、それに天気が本当に最高なのです。平湯キャンプ場に泊まったら、こんな日は上高地まで足をのばしたいところです。

風邪は気になりましたが、まだ体はいけるのじゃないかと思いました。ディパックに鼻かみ用のキッチンペーパーをいれておけば大丈夫かな。(笑)

平湯の森01_起床

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーピーク沼でたねほずきも買ってしまった

昼も夜も涼しくて夏ではないみたいなキャンプ場


前回の記事 ひらゆの森で朴葉味噌定食と露天風呂三昧 の続きです。

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にある平湯キャンプ場 2017年7月20(木)の夜。

真っ暗になったので、コールマンのPZランタンを点火しました。

平湯キャンプ場は、あたりまえですが夜も涼しくて快適でした。ホントここだけ夏じゃないみたいです。

そろそろ夕食の時間です。家を出た日にスーパーで食材を買っておいたのですが、初日は車中泊をする羽目になったので、食材は使えませんでした。本日やっと、クーラーボックスから食材を出して使うことが出来ます。

26Lのクーラーボックスにいっぱいの食材を買ったのに、保冷剤はもうほとんど溶けているので、明日は氷を入手しなければいけませんね。

平湯の森01_PZランタン
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ひらゆの森で朴葉味噌定食と露天風呂三昧

ひらゆの森とはこんなところ


前回の記事 ひらゆの森(平湯温泉)の割引券はキャンプ場の受付で購入できます の続きです。

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にある平湯キャンプ場 2017年7月20(木)の午後。

キャンプ場で購入した割引券で、平湯温泉にある「ひらゆの森」にさっそく入りにきました。

ひらゆの森は日帰り入浴の出来る露天風呂があり、平湯温泉の中でももっとも人が集まるところです。もちろん、ここでは食事も楽しめますし宿泊もできます。

でも一番の魅力はやはり、広い露天風呂ですね。ここは15000坪の広大な敷地に男女合わせて16ヶ所の露天風呂が点在しているのです。その湯船を渡りながら景色を楽しめるのがいいところです。

また湯加減がぬるい湯船もあれば、熱いところもあって、その中で気に入った露天風呂を選べるのです。お湯はもちろんかけ流しですよ。

なんて、ひらゆの森の温泉の紹介をしましたが、まずはお腹が空いたので館内にあるレストラン「もみの木」で昼食です。(笑)

平湯の森01_平湯の森へ
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ひらゆの森(平湯温泉)の割引券はキャンプ場の受付で購入できます

ユニツアー3の設営完了、ここまで本当に長かった!


前回の記事 木漏れ日の平湯キャンプ場へ の続きです。

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷にある平湯キャンプ場 2017年7月20(木)のお昼前です。

やっとユニツアー3が完成しました。いやぁー、ここまでに自宅を出て既に一日かかっているわけですから、テントを張れた喜びもひとしおですよ。

それにしても、このキャンプ場は木漏れ日がいい感じですね。この瞬間にキャンプ場の外に出ると、やはりものすごい暑さなわけですが、ここにいると全くそんな感じがしないのは、下の写真を見ただけでも伝わるのじゃないかと思います。

この森にいると、本当に涼しいのですよ。

そうそう写真のチェアですが、今回もリクライニング角度を変えられるノースイーグルのリクライニングスリムチェア ギャラクシーを持ってきました。最近は、もっぱらこのチェアばかり使っています。

平湯の森01_テント完成

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
Instagramへのリンク
Instagram
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

イワタニ カセットガス スモークレス焼肉グリル やきまる
鉄板の表面温度を一定にして、脂が煙になるのを抑制するカセットガスコンロ
煙がでにくいので、アウトドアでも周りが囲まれた空間で使う時に便利なんです

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) CF アジャスタブルテーブルS
買ったばっかりですが、このテーブルはとにかく格好いい!プリムスの本気を感じます

Rockpals ポータブル電源
電源の無いキャンプ場で扇風機を使うために買いました AC/DC/USB給電可能で使いやすいですよ

NITINEN(ニチネン) カセットボンベ式ヒーター
ミスターヒート KH-011
冬キャンプでは足元が暖かくしたいので、コンパクトなこいつを使っています。屋外式なのに燃焼音が静かで、ドロップダウンに強いのがいい。

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。