粕川オートキャンプ場 一日のはじまり

今が粕川オートキャンプ場日の出ショーです


前回の記事 粕川オートキャンプ場 すき焼き大好き の続きです。

前回に続き、2月26日(日)の朝、日の出を待っているところです。

太陽が出る瞬間です。

東の空が赤く染まってきました。


起きた時には東の方は厚い雲におおわれていたので、今日は日の出が見えないかとあきらめかけていましたが

それからドラマチックに空の様子が変わり、今はいい感じです。

僕以外にも早起きのキャンパーさんが2、3人、しばらく日の出の風景に見入っていました。


風が無くなり目の前の川が穏やかになると、水面に映る空の様子もまたきれいです。

今日はキャンプに来て早起きして良かったと思いました。

粕川39_日の出
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 すき焼き大好き

すき焼きは冬キャンプの定番でしょう


前回の記事 粕川オートキャンプ場 Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaのレイアウト考 の続きです。

さて、ご飯が炊けたので今夜のおかずの”すき焼き”です。すき焼きは簡単に作れるのでキャンプでも手軽でいいですね。パパーマンはすき焼きが大好きでして、特にこの季節に食べるキャンプでのすき焼きは最高です。

材料は白菜1/8、焼き豆腐一丁、糸こんにゃく1パック、しいたけ1パック、そして牛肉を少々。肉も美味しいのですが、歳をとると肉以外の食材の方も好きになってくるから不思議ですね。

少し前にユニフレームの山フライパン深型17cmを購入したので、これがちょうどすき焼き用の鍋に良いのじゃないかと思っていて、今回実際に使ってみるとサイズ的にぴったりでした。最近、このフライパンを使う機会がとても多いのですが、ソロキャンプでおかずを作るときにはとても便利に使っています。

粕川39_今日はすき焼き

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaのレイアウト考

テンマクデザイン Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaのレイアウト考


2017年2月25日(土)、26日(日)の一泊二日で今年6回目のソロキャンプに行ってきました。場所は先週に続きパパーマンのホームキャンプ場である、岐阜県揖斐川町の粕川オートキャンプ場です。

この日は16時少し過ぎてキャンプ場に到着しました。今回の粕川オートキャンプ場もキャンプを楽しまれている方が結構多かったですね。テントの数でいうと夏場の最盛期の6割くらいという感じです。ただ夏と違って、この時期はソロキャンプの方の割合が多いのでテントの割には人は少ないと感じます。

さてパパーマンの使用しているタープはテンマクデザインのTakibi-Tarp Cotton SOLO Rectaなのですが、このタープのレイアウトを今回のタープはポールを4本使い、川側をオープンにすることにしました。このタープを購入した昨年の秋ころに、よくやっていたレイアウトです。

今回、久しぶりにこのレイアウトにしたのは前回の粕川オートキャンプで鳥の種類が増えていた様だったので、もっと川の方が良く見渡せるようにと考えたからです。このレイアウトの弱点は強風の時に雨が降ると、風でタープ下まで雨が吹きこんでくることですが、今回は天気がいいようですのでいけるかなと思っています。

そうなのです、2週続けて粕川に来たのも鳥の観察の為なのですよ。最近、鳥が増えてバードウォッチングが楽しくなってきたのです。

粕川39_タープの前をあける

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 小春日和の一日だった

青空と粕川の風景


前回の記事 粕川オートキャンプ場 冬鳥 ツグミ の続きです。


2月19日(日) 10:30

今日は青空が広がる良い天気ですね。

一日のほとんどの時間をタープ下でのんびりと、鳥の観察などをしながら過ごしていました。

粕川38_いい天気


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 冬鳥 ツグミ

今回のキャンプサイトで見慣れない小鳥をみつけた


前回の記事 粕川オートキャンプ場 キャンプdeどて飯のレシピ の続きです。

2月19日(日)のパパーマンのテントサイトで、下の写真の様な見慣れない小鳥を観察することができました。パパーマンは鳥には詳しくないので、この写真を撮影している時点では小鳥の名前が分かりませんでしたが、見たところスズメに似た模様で、小鳥というには少し大きめの鳥でした。

この鳥の写真を自宅へ帰ってから調べると、これは「ツグミ」という名前の鳥だということを知りました。

いつも使っている学研の鳥の図鑑によればツグミの体長は24cm。夏にはシベリアで繁殖し、秋に群れで日本に渡ってくる鳥で、冬には単独で生活し、明るい開けた場所でエサを探すそうです。

ちょうど今の時期は単独生活中だということですね。この日は結構ツグミを見かけましたが、2羽以上を同時に見たことはありませんでしたから。そしてツグミを観察していると、群れから離れて1人で気ままに過ごす短い季節を楽しんでいるように思えました。

この後、春になると群れになってまた渡っていくそうです。その時には、仲間と別れて暮らしている時間に起きた出来事の数々を、お互いに話しあったりするのでしょうかねぇ。(笑)

粕川38_ツグミ01
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 キャンプdeどて飯のレシピ

モツ煮がとても美味そうだったので今回はどて煮


前回の記事 粕川オートキャンプ場 朝日を浴びていつもより活気のある風景 の続きです。

最近、youtubeでソロキャンプをしている動画をよく見ることが多いのですが、その中でモツ煮を作って食べている方の動画をみたら、これがとても美味しそうに見えたのです。それで思わずパパーマンも、ソロキャンプでモツ煮を作って食べてみようと思ったわけです。

ただ同じモツ煮を作るのも芸がないので、ここは中京地区特有の赤みそを使って煮込む”どて煮”を作ることにしました。そして最後はこいつをご飯にかけて”どて飯”として食べてみようかと思います。いわゆる名古屋めしの一つなので、あまり外の地方では作らない食べ物ではないかと思います。

パパーマンも生まれつきの岐阜県民ではないので、引っ越してきたころは赤みそというものに抵抗がありましたが、最近徐々に慣れてきました。(笑) 中でも、どて煮の味噌の味つけはピリカラなので結構好きですよ。

粕川38_どてめし2


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 朝日を浴びていつもより活気のある風景

春は少しずつ近づいている様です


前回の記事 粕川オートキャンプ場 アウトドア箸はチタン製か木製なのか の続きです。

2月19日(日)の朝になりました。

目覚めたら、もうすっかり太陽が昇っていました。最近は日の昇ってくる位置が、だいぶ川の方角(東)に戻りましたね。寒いといっても、季節が少しずつ春に近づいているのを感じます。

昨夜は、比較的暖かくて過ごしやすかったように感じました。寝坊したのもありますが、よく眠れたようです。

それにしても今日は天気がいいですね。気のせいでしょうか、目の前の景色もいつもより活気があるように見えます。

粕川38_朝日

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 アウトドア箸はチタン製か木製なのか

今夜は雨と強風がやってきたけど大丈夫!


前回の記事 粕川オートキャンプ場 先週の大雪が残したもの の続きです。

2月18日(土)の夜。

雨と強風のせいで、暗くなってから焚き火を楽しんでいたキャンパーさん達の炎が次第に消えていきました。雨はそれからも降ったりやんだりをくりかえしていましたが、最後には雨が上がりました。それまでタープを叩いていた雨音も消え、また静かな夜に戻ります。粕川の空に雲がなくなってオリオン座が見えるようになったら、なんとなくホッとしました。

強風だけは寝るまでずっと吹いていましたが、今の装備は風に対してある程度強いと思っていたので普段とおりに夜更かしを続けます。(笑)

「そうだ、こんな風の強いときこそ、カセットコンロに取り付けたばかりの自作風防の効果を確かめておかなくては。」と思いながら、やっと夕食に焼き餃子を作りはじめます。

コンロに着火しましたが、風防のおかげで火は安定して燃焼している様です。ちょっと一安心しました。
今夜ぐらいの気温ならこのイワタニのフーボー君はレギュラー缶でも火力は十分だし、新たに風防をつけたことで風にも強くなったので、なかなか頼もしいです。

粕川38_餃子焼き中

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。