格安のsoomloom赤いアルミタープポールを2本購入

soomloomというメーカーさんの格安タープポールを発見


今回はsoomloomという、聞きなれないメーカーさんが作っている格安赤いタープポールを紹介します。

まず購入の経緯から。最近テンマクデザインの Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaを購入したのですが、このタープの1辺を跳ね上げる為に、手持ちのタープポール(モンベル×1とエリッゼ×1)2本に加えて、あと2本ポールが必要になったのです。欲しいタープポールの長さは180cmなので、その昔に購入したコールマンのテントに付属していた同じくらいの長さのポールを数回使用していましたが、だいぶ傷んでいたので新しくポールを買い足すことにしました。

出来れば以前購入した村の鍛冶屋さん(エリッゼ)の様なアルミ赤いタープポールが欲しいと思ったのですが、アマゾンで1本3240円(この記事を執筆時の価格)しますので、これを2本買うと思うとパパーマンにとっては大きな出費になります。そこで別に伸縮をしなくてよいので、もっと安いポールは無いものかと探していました。

すると・・・ありましたよー、ありました!

soomloomというメーカーの格安赤いタープポールsoomloomってあまり知られていないと思いますが、アマゾンで調べてみるとキャンプ用品とかフィットネス用品を商品にしているようです。キャンプ関係ではテントをはじめ、ガスバーナなどの製品が見つかります。

今まで知らないメーカだったので正直言って品質的な面で心配が残りましたが、安い価格(2本で3270円@2016年10月購入時)が魅力だったので購入してみることにしました。

この赤いsoomloom格安アルミタープポールはポール太さがΦ28mmと、長さ180cmのタープにしては極太なので強度では申し分ない上に、実際に数回使ってみましたが品質にも問題がなく(というか、期待以上)、これは結構いいポールだと思いましたよ。

soomloomタープポール01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

冬キャンプの夜 足元を暖めてくれるニチネンミスターヒート KH-011

ニチネンのミスターヒートは小型なのがいい


今年の冬キャンプに備えて、パパーマンは新しくCB缶燃料のカセットガスストーブを購入しました。選んだのはニチネンのミスターヒートです。カセットガスが燃料なので石油ストーブの様な大パワーはありませんが、このミスターヒートは小型なので、キャンプで足元を効率よく暖めるにはちょうど良いサイズだと使ってみて感じました。

下の写真がそのミスターヒートです。パパーマンは今までイワタニのハイパワータイプ(CB-STV-HPR)を使用していたのですが、ソロキャンプの装備が増えてきて相棒の軽自動車からあふれ出してきたので(笑)、一回り小さいガスストーブに替えることでキャンプ道具のコンパクト化を図るために購入することにしました。

そんなわけで、今回はこの小型カセットガスストーブミスターヒート KH-011を紹介します。

ミスターヒート04


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

小川のPilz7 BLACKがカナディアンイーストとのコラボモデルとして復活

パパーマンのソロキャンプ用として、昨シーズン大活躍していたのが小川キャンパルのピルツ7です。下の写真は、昨年に北海道のキャンプ旅をしていた時のものです。

このピルツ7は購入してからすぐに廃番になり、在庫切れになってしまいましたが、昨年、ピルツ7に関する記事をかなり書いていたので、今でも”ピルツ7”をキーワードに訪れてくれる方が後を絶ちません。

そんなピルツ7ですが、いつか復活するかもしれないと思っていたところ、カナディアンイーストとのコラボモデルとして先月復活しました。他にもピルツ9のブラックも追加されています。

ピルツ7復活

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

野点コーヒー道具その4 ナルゲン(nalgene) コーヒービーンズキャニスター

アウトドアの過酷な環境でもコーヒー豆を守りたい


今回はキャンプにコーヒー豆を持っていくためのキャニスターを紹介します。

紹介するのは最近使用しているナルゲンコーヒービーンズキャニスターの500ml(150g)です。ウォーターボトルとして有名なナルゲンのボトルですが、パパーマンがナルゲンの製品を購入したのはこれが初めてです。

このコーヒービーンズキャニスターの第一印象ですが、これはいい!まず持つとプラスチック製だけあって、ボトルが軽量なことに気づきます。アウトドアで使用するので、軽量なことは利点が多いです。そして一度使えば、気密性が非常に高いのが分かります。キャニスターのフタをあけた瞬間に香るコーヒー豆の匂いはたまりませんね。

ナルゲンコーヒービーンズキャニスター01
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 老兵は死なずセグロアシナガバチ

老兵は死なず、ただ消え去るのみ


前回の記事 粕川オートキャンプ場 樹上からの使者アオマツムシ の続きです。

11月13日(日)の午後になりました。

この日、前回の記事に書いたアオマツムシの次にパパーマンのチェアにやってきたのは、セグロアシナガバチでした。このセグロアシナガバチはキアシナガバチと並んで、アシナガバチの種の中でも最大のハチです。

アシナガバチは毒針を持っているものの、スズメバチと違って動きもおそいし大人しいハチなのです。ところがですね、やってきたセグロアシナガバチは、チェアにとまって動かずにじっとしていました。これは大人しいというより、元気が無いといった方がいいでしょう。

学研の図鑑によると成虫で過ごすのは4月から10月の期間なので、このアシナガバチもそろそろ寿命のようです。新しい女王バチが巣から飛んでいった後に、巣に残された働きバチなのかもしれませんね。

そうだとすれば仕事もなくなったことだし、ゆっくりと余生を楽しんでいるところかもしれません。

粕川31_セグロアシナガバチ

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 樹上からの使者アオマツムシ

ソロキャンプに欠かせないたべもの


前回の記事 粕川オートキャンプ場 冬鳥ジョウビタキを見つけた の続きです。

11月13日(日)の昼です。

パパーマンがソロキャンプをのんびり過ごすために必要なものは、心地よいチェアと、そこで軽く食べられる物です。そこで、最近は片手でつまめるフルーツなんかをよく準備してきます。

本日、まずいただいたのはミニトマトです。これはコッヘルで水につけて洗ってから食べます。

パパーマンは普段から毎日トマトジュースを飲んでいますが、最近のトマトジュースは甘い種類が人気で、パパーマンも伊藤園の”理想のトマト”を好んで飲んでいます。だけど、実物のミニトマトには酸味があって、これが現実のトマトの味だぞっていうことを思い出させてくれますね。


粕川31_ミニトマト01
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 冬鳥ジョウビタキを見つけた

粕川の日の出と二度寝の幸せ


前回の記事 粕川オートキャンプ場 ただ焚き火をするだけで の続きです。

11月13日(日)の朝です。

6:00頃に目が覚め、朝日を見るためにテントの外に出ました。今日もとてもいい天気です。先週より暖かいですね。日の出を待っていると、しばらくして太陽が昇ってきました。太陽が顔を出す位置が、ずいぶんと南の方に移ってきたことに気がつきました。

朝方、まだ寝ている人の多い静かなキャンプ場をしばらく散歩します。河原に降りると、いい場所から日の出の写真を撮ることが出来ました。そして写真をとったら満足して、暖かい寝床に戻ることにしました。

それにしても、この季節に朝からまた寝るのは気持ちいいですね。平日は仕事なのでこんなことは出来ないのですが、キャンプなら大丈夫です。ソロキャンプの自由を感じる瞬間ですよ。いつしか”二度寝”はパパーマンのキャンプの楽しみの一つになっていました。(笑)

粕川31_夜明け


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 ただ焚き火をするだけで

趣味は焚き火というのもありか?


前回の記事 粕川オートキャンプ場 強風に強いガスコンロを使う の続きです。

夕御飯も終わったので、薪に火をつけ焚火をはじめることにしました。今日は風が強いので、薪に着火するのはとても簡単です。固形の着火剤を1かけら焚火台に投入するだけで、薪に火が移り燃えはじめます。

パパーマンは、よくキャンプ場に通うのですが、時々、中年の男性の方が一人で焚火をするためだけにキャンプ場に来る姿を見かけます。その方は夕方にキャンプ場に到着すると、焚火台と薪と折りたたみのチェアの3点セットだけを車から降ろし、車の側で焚火をはじめるのです。もちろん焚火を利用して食事などは作りません。ただ薪に火をつけて燃やすだけです。

じっと焚き火の炎を見ている男性の姿をみると、きっとこの方は無心になりに来たのではないかと想像するのです。無心になるために焚き火をしているのではないかと。

そして焚き火が終わるとキャンプ場に泊まるわけではなく、すぐに撤収して帰っていかれます。その後は、きっと自宅でいつもの様に家族と食事をされているのではないかと思うのですが、なんだかキャンプと似ている様で、違う趣味にも思えます。

粕川31_焚き火


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。