粕川オートキャンプ場 11月下旬の寒さなので冬支度

秋のソロキャンプは夜からスタート


2016年10月29日(土)、30日(日)の一泊二日で岐阜県揖斐川町にある粕川オートキャンプ場ソロキャンプに行ってきました。前回、粕川オートキャンプ場に行ったのは10月のはじめ(10/1、10/2)の週末でしたから、もうあれから約1か月がたったわけです。

それにしても最近急に寒くなりましたね。特に土曜日は11月下旬なみの寒さになると天気予報は言ってましたので、夜はかなりの寒さになるのじゃないかと思います。

10月29日の土曜日にキャンプ場に到着したのは、午後5時ちょっと前でした。この日は、キャンドリアで使うローソクの加工をしたり、寝袋や装備を冬用に替えたりと準備が忙しかったので出発が遅れてしまいました。

キャンプ場に到着した時にはまだ明るかったのですが、それから急いでテントやタープを設営して会場が出来上がる頃にはすっかりあたりが暗くなってしまいました。秋の日はつるべ落としですね。

というわけで、本日1枚目の写真はいきなり夜から始まります。

粕川29_お茶を入れる


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

UCO キャンドリア用のキャンドル代用品はこれに決定

ローソクのサイズを小さくして再チャレンジ


パパーマンのソロキャンプでは、かかせない存在になったUCOキャンドリア。このキャンドルをUCOの純正キャンドルではなく、比較的価格の安い神仏用のローソクで代用しようという試みが失敗したことについては、前回記事に書きました。

UCO キャンドリア用のローソク代替品を考えた-失敗編-

今回はこれに懲りず、ふたたびローソクの代替にチャレンジした結果について報告します。前回は60号のサイズのローソクを購入し、太すぎてキャンドリアのキャンドルカバーに納まらず失敗しましたが、今回使用したローソクは50号です。


UCOキャンドル代替ローソク50号01
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

UCO キャンドリア用のローソク代替品を考えた-失敗編-

キャンドリア用のキャンドルの価格が高いのです


パパーマンお気に入りのUCOキャンドリアは、3本のローソクを同時にともすのでキャンドルランタンでありながら、比較的明るい灯りが特長です。ところが、専用のキャンドルを購入すると3本セットで700円前後と、結構なお値段になります。

そこでパパーマンが考えたのが、汎用品の神仏用ローソク代替品とすることです。

というわけで、下の写真が今回購入したローソクになります。このローソクですがサイズは60号と一番大きなローソクです。写真の通り缶ビールの2倍ほどの長さがあります。見た目にはリレーで使うバトンとか、ヌンチャクの大きさですね。

このローソクを切断して使おうという計画なのですが、さてどうなるでしょうか。

ローソク60号01

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

テンマクデザイン Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaをソロキャンプで使ってみた編

Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaをこんな風に張りたかった


前回の記事 テンマクデザイン Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaの細部を観察編 の続きです。

パパーマンがソロキャンプ用に購入したテンマクデザイン Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaですが、前回に続き今回は実際にキャンプで使ってみて感じたことなど紹介したいと思います。

下の写真はパパーマンのソロキャンプ道具一式をタープ下に並べたところで、メインポールの高さは180cmに調整しています。こういう張り方って屋台張りというのでしょうか? とにかくパパーマンはずっとこのタープの張り方を試したかったのです。

その理由をお話ししますね。写真の場所はいつもの粕川オートキャンプ場ですが、写真手前を川が流れているのです。こう張ることによって前方の河原をよく見渡せるし、夏は背中の方(南面)から降り注ぐ太陽光線を遮ってくれます。さらにもう一つ、川上から吹きおろしてくる強い風(風向きは写真の右手から左手になります)は幕にぶつからず、すり抜けてしまうのでタープ崩壊の危険性も少ないという、3つのことをを同時に満たしてくれるのです。

それから、このTakibi-Tarp Cotton SOLO Rectaの幅方向は270cmですが、サイズ的にはソロやデュオキャンプで使うには写真の通りジャストサイズではないでしょうか。大きすぎず、こじんまりとまとまった雰囲気も、ソロキャンプで使うタープには必要な条件ではないかと思うのです。

焚き火タープコットンソロレクタ19
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

テンマクデザイン Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaの細部を観察編

テンマクデザイン Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaを選んだ理由


今回は1か月くらい前に購入したテンマクデザイン Takibi-Tarp Cotton SOLO Recta紹介です。

これまでソロキャンプでは、同じテンマクデザインのムササビウイング13ft.TC “焚き火”versionをずっと愛用してきました。今回、Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaの購入に至ったのは、間違いなくムササビウイングを今まで使ってきて、商品の品質や耐久性に強い信頼を持っていたからです。

テンマクデザインTakibi-Tarp Cotton SOLO Rectaを選んだ2つ目の理由は、レクタ(長方形)タイプのタープであることです。レクタは張り方のバリエーションが多いので、サイトに合わせて張り方を変えることが出来る点に期待しています。

最後に3つ目の理由は、素材がコットンであることです。コットンは火に強いというのが売り文句でもあるこの焚き火タープですが、パパーマンはタープの下で焚火を本気でしようとは考えていません。ただ、コットンの風合いが好きなだけです。ムササビウイングのポリコットン幕も風合いという点で良かったので、コットンなら、もっと素材の雰囲気がいいのではないかと思ったわけです。

さて、購入の経緯はこの辺にして、早速、このテンマクデザイン Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaの細部を見ていきましょう。

焚き火タープコットンソロレクタ11

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーピーク(snow peak) ガビングフレーム を焚き火テーブルに取り付けた

スノーピークガビングフレームをソロキャンプで試してみた


今回は、スノーピークガビングフレームの紹介です。

キャンプでかかせないのがゴミ袋ですが、このゴミ袋をソロキャンプですっきり使うことは意外と難しいものです。ファミキャンだとお金は張りますが(笑)、定番のスノーピークのガビングスタンドを使えばなんとなくですが様になるものです。でもソロキャンプではガビングスタンドはちょっと大げさな感じがして気が引けてしまいます。ここは見た目のバランスも重要ですから、やはり難しいです。

そんなわけで、パパーマンはソロキャンプではずっと段ボール箱を使ってました。スーパーでもらって来た段ボール箱(飲料系の細長いのがベター)の内側にゴミ袋を事務用クリップでセットしてやれば、見た目もそんなに悪くありません。ゴミ箱なりの見た目とクオリティをアウトドアでは感じますよ。

ただしょせんは段ボールですから、いつかこわれてしまうものです。こわれたらまた新しい段ボールをもらってくればいいのですが、パパーマンはここでふと昔買ったスノーピークガビングフレームの存在を思い出しました。

このガビングフレームですが、ユニフレームのキッチンスタンドと組み合わせて使っていた物です。そういえば気合を入れて買ったキッチンスタンドも、

今ではめっきり出番が少なくなってしまいましたね。(苦笑)

下の写真は、そのスノーピークガビングフレームをユニフレームの焚き火テーブルにセットしたものです。なかなか使いやすいポジションに置けるので、使い勝手は結構いいです。まぁ、段ボール製ゴミ箱はどこにでも置けるわけですが。(笑)

ガビングフレーム01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

冬キャンプ用の封筒型寝袋がオフトン並みにかさばるので対策を考えた

小川キャンパルフィールドドリームDX-Ⅲを軽自動車に収めるために


10月は行事が多くて、なかなかキャンプに出撃出来ないパパーマンです。キャンプでリフレッシュしたいと思いながらも、日にちだけが過ぎてあせりさえ感じる今日この頃。それにしても、もうめっきり寒くなってしまいましたね。

今日は冬キャンプの装備に切り替える準備をしなければと思い、道具を入れ替えるために車と家の間を荷物を運び往復していました。

冬キャンプは、どうしても防寒対策の為に荷物が増えてしまいます。そんな中で、パパーマンの冬キャンプの装備で一番かさばるアイテムといったら、やはり寝袋でしょう。

パパーマンが気に入って使っている寝袋は、小川キャンパルフィールドドリームDX-Ⅲです。これは封筒型シュラフなので余計に大きいのですが、パパーマンはどうしても中で寝返りがうてないマミー型の寝袋は苦手なのです。このフィールドドリームDX-Ⅲは、広げると220cm×95cmとビックサイズな上に、素材がコットン製なので布団並みのスペックなのです。

下の写真はこのフィールドドリームDX-Ⅲを袋に収納した上に、3シーズン使っている寝袋を置いたものです。2つのサイズを比べると3シーズン用の寝袋がダウン製であることもあり、フィールドドリームDX-Ⅲのサイズがとても大きいことがわかると思います。実際にこのフィールドドリームDX-Ⅲを車載すると、パパーマンの車は軽自動車なので積載の限界を超えてしまいます。

さて、このままではキャンプに支障が出てきますので、何か対策を考えなければいけませんよね。


冬用寝袋はかさばるので01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大きな湖のほとりで見つけた赤い夕陽の涙の想い出

少し前に「火事になりそうなキャンプ」という記事を作りましたが、今回も昔作ったオートバイのHPの記事をひとつ紹介します。あっくんが今年の夏休みの自由研究で「鉱物探し」をテーマにしていましたが、パパーマンもお宝探しをするのは好きです。

今回はそんなパパーマンが昔集めた、あるお宝のお話しです。

では以下に昔の記事をそのまま載せますので、乱筆乱文はご容赦ください。

夕陽の涙


さて問題です。
上の写真の3つの物体はいずれも海岸で拾ったものですが正体は何でしょうか?
3つとも答えて下さい。


メノウ



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。