キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーボックスがおすすめ 前編

キャンプで使うクーラボックスには釣り用がおすすめです


暑い季節のキャンプには欠かせないのが、クーラーボックスですね。パパーマンは、このキャンプで使うクーラーボックスこそ、世の中に選択肢がありすぎて、選ぶ時にとても迷うのじゃないかとつねづね思っています。

もちろん価格が高ければ、それだけ高性能なクーラーボックスも買えるわけです。でも高性能なクーラーボックスを求めたために、断熱材が厚くなり、結果として重すぎて使いにくかったりすることもあります。ですので価格、性能をふくめて適正なものを買いたいと思うわけです。

そこで、パパーマンは釣り用のクーラーボックスをキャンプで使うことを提案したいと思います。国内の釣り用のクーラーボックスのメーカーとしては、ダイワとシマノの2社が有名です。これら釣り具メーカーのクーラーボックスは釣れた魚の鮮度を保つことに対して性能をシビアに要求される上に、価格競争も激しいため、キャンプ用品メーカの製品と比べると概してコストパフォーマンスが高いものです。

そのうえ、アウトドアで鍛えられているのでタフに作られていますし、製品によっては便利な機能が付加されていて、きっと気に入る一品が見つかると思います。

さて、現在パパーマンが週末の1泊2日のソロキャンプで使っているのは、ダイワ(Daiwa) クーラーボックス RX SU X 2600Xという商品です。このRX SU X 2600Xはキャンプ専用のクーラーボックスとして、ちょうど1年前に購入し現在まで使用してきました。このあたりで、このRX SU X 2600Xを選んだ理由と、機能と使用感について書いてみたいと思います。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス RX SU X 2600X12

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

海なし県の岐阜で美味しい魚を食べるには

海なし県と人々は言うけども岐阜にはコレがある


日本は周りを海に囲まれた島国ですが、都道府県の中で海に接していない県は、俗に「海なし県」と呼ばれたりします。この「海なし県」という呼び方には、ちょっと残念なイメージもあるように感じませんか。海なし県は全部で8県、北から栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県、長野県、岐阜県、滋賀県、奈良県です。

そんな海なし県の一つ、岐阜県に住んでいるパパーマンですが、海釣りが趣味だし、海の近くの食堂でとびっきり美味い魚料理を食べたりすると、やはり海が近くにあるといいなと思ってしまいます。

うーん、岐阜にもぜひ海が欲しいものだ。(←それはムリだが。)

そんなことを想っていたある時、小さい頃から岐阜に住んでいる方に、「岐阜では美味い魚が食べれないのが残念だ。」という話をしたところ、「岐阜には(あゆ)があるじゃないか。」と返されました。なるほど、なら岐阜でも捕れたてを食べることが出来ますね。

次に、は確かにおいしい魚だけど自分で料理しても限界があるから、おいしいを食べさせてくれるお店はないかと聞いたところ、観光ヤナがたまらなく美味いとのこと。その後、観光ヤナで一度を食べたら、

これが美味しいのなんのって。

いまのところ実家から親が出て来たら、ぜひ連れていきたいお店のナンバーワンはここです。

・・・というわけで、タイトルに戻りますが

今回は海なし県の岐阜で、おいしい魚(あゆ)を食べる方法について紹介します。

洞戸観光やな11


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

名もなき池~モネの池の8月 

岐阜県関市にあるモネの池が話題になっているという


今回は地元ネタです。「モネの池」って聞いたことがありますか。

最近、岐阜県でとても話題になっている池があります。それは元々名前も無い池でした。少し前までは、単に「池」と呼ばれていたらしいです。ところが、透明度が高くて睡蓮の葉が美しく、そこに錦鯉が優雅に泳いでいる風景が絵画のようだと評判になり、最近では、「モネの池」と呼ばれています。

名前の由来ですが、フランスの画家クロード・モネの描いた一連の「睡蓮」の作品にたとえられているようです。モネの睡蓮は、とても幻想的な絵画なのですが、この実在の池の風景も絵と同じくらい幻想的な雰囲気があるとパパーマンは初めて見て思いましたよ。

普通でしたら池といえば、どんな池でも藻がびっちり生えて一面が緑色しているはずですよね。それなのに、このモネの池は泳いでいるコイが宙に浮いているかの様に見えるくらい澄んでいるのです。これって少し不思議でしょ。

こんなに透明度が高いのは水が湧いているからだそうです。いやぁ、こういう発見ってまだまだ身近なところにあるものですね。

パパーマンですが8月28日(日)に家族で見に行ってきました。天気は曇りです。でも人気だけあって、モネの池はかなりの人出でしたよ。
どのくらいかと言えば・・・

ここが岐阜とは思えないくらいです。(笑)

気になった方は、続きをどうぞ。

モネの池01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユニフレームのランタンポールを使い続けるぞ

ユニフレームランタンポールを知っていますか


昔、ユニフレームのキッチンスタンドをファミリーキャンプで使っていたころ、このキッチンスタンド用にランタンポールを購入しました。当時はユニフレームランタンポールといえば、同社のキッチンスタンドのオプション的な存在だったと思います。

このランタンポールはテーブルの板をクランプで挟み固定する様になっています。ですので、たいていのテーブルであればこのランタンポールを取り付けることが可能なのです。パパーマンはソロキャンプの時に使用しているZATAKUⅡに取り付けて使用しています。

ユニフレームランタンポールですが、よくあるランタン用ポールの様に三脚部分が無いため、足を引っかける心配のいらないすぐれものです。ただ、同じく三脚部分を排除したスノーピークのパイルドライバーに販売で負けたのだと思います。あちらはテーブルなんて関係なく、場所を選ばずにポールを設置できますからね。なので、長らく売られていたランタンポールも今では廃盤になっています。

でもパパーマンは、このユニフレーム製のランタンポールを気に入っていて今でも使っています。作りが質実剛健というか、とにかくしっかりしていてユニフレームらしさを感じる道具なのです。ところで、ユニフレームらしさを感じる時はどんな時かと聞かれれば、

時には不要とも思える丈夫な作りこみを見たとき。(笑)


と答えるかな。

ある日のこと、それまでにない強風でタープが崩壊して倒れてしまいました。すると下の写真の様にタープ下のテーブルにしっかり固定していたランタンポールにも大きな力が加わって、この状態から一気にポールが倒れてしまったのです。

ユニフレーム ランタンポール02


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏キャンプでは冷たい流水麺をツルツル食べたい

夏のキャンプ場で、冷たいそばが食べたい時はどうする?


キャンプではBBQや鉄板焼きをしたり、少し凝ったダッチオーブン料理を作ること、そしてそれを食べることが大きな楽しみの一つですね。ところが暑いときに時間をかけてワザワザ熱い炭をおこしたり、汗を流して熱いBBQを作ったり食べたりしたくないときもあるものです。時には簡単に作れる冷たいものが欲しかったりしますよね。

そんな時には、冷たいそばや、そうめんうどんなどをメニューにしてはどうでしょうか。とはいっても、これが自宅なら冷蔵庫をあけたら氷が出てくるので問題ありませんが、アウトドアでは麺をお湯で茹でた後、氷水で冷やしたりすることが難しいものです。

そこでパパーマンは、今年の夏にシマダヤの「流水麺」をよく利用しました。麺を少しの水でほぐすだけ、30秒で完成します。この流水麺は茹でる必要のない麺ですので、氷の無いアウトドアではとても重宝しますよ。100均で売られているざるそばの皿なんか使うと、見た目に雰囲気がいいですね。

流水麺05


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夢追人とセミの短い夏

オリンピックも盆休みも終わったし


今年のお盆休みはオリンピックで盛り上がっていたパパーマン。日本人もこんなにメダルを獲れるんだと、毎日朝も早くからTVをつけて感動していました。

男子体操、卓球、テニス、柔道、水泳、7人制ラグビー、陸上リレーなど、日本人選手が活躍した名場面はいろいろありましたが、パパーマンが一番感動したのは、4連覇を目指した女子レスリング53kg級の吉田沙保里選手が決勝で負けた直後のインタビューでした。パパーマン、このインタビューを実はTVではなくてラジオで聞いたのですが、これはもらい泣きしましたね。吉田選手の人柄がにじみ出ていたインタビューだと思いました。

そんなオリンピックもいつのまにか閉会式が終わっちゃったし、もう夏という季節も終盤にさしかかりましたね。パパーマンの自宅の庭では、つい最近まで早朝からうるさかったセミの鳴き声が、今はもう聞けなくなってしまいました。


下の写真は、今年の7月17日の夜に自宅の木で羽化しようとしているアブラゼミを撮影したものです。


セミ01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キャンプ用のペグハンマーはこれで十分ではないかと思う

今までに使ってきたペグ専用ハンマーの変遷


以前、少しお話ししたこともあるパパーマンの使用しているペグハンマーについて紹介します。

パパーマンがキャンプをはじめたころは、テントを買ったときについてくる黄色いプラスチック製のハンマーを使用していました。そう、ペグダウンしている時、キャンプ場にカンカンという高音で鳴り響くあのハンマーです。

しばらく使っていましたが、ペグダウンに時間がかかるためキャプテンスタッグの柄がアルミニウムで出来ているハンマーを買い求めました。こんな製品でです。



この製品は軽量でしたが、それまでのプラハンマーと比べてペグダウンのスピードはかなり早くなりました。でもですね、使っているうちに、ヘッドの根本のアルミの柄がポッキリと折れてしまいましたよ。このハンマーは今でも売られているのですが、耐久性が今一つでした。(泣)

次に買い求めたのが、スポーツ用品店ヒマラヤのブランドであるビジョンピークス製です。今では、もう売られていませんがブラスヘッドハンマーという名前の製品です(下の写真)。なんとヘッド部分がブラス(真鍮)で作られてます。この効果で実際にペグを打ち込んだ時に、手に伝わる衝撃を軽くしてくれる様なソフトな感じで、なかなか良い使い心地です。

ヒマラヤハンマー01

このハンマーは見ての通り、あのペグハンマーにそっくりですよね。

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 腹時計より日時計

朝起きて、初めにすることといえば


このあいだの日曜のこと。夏休みの自由研究のテーマを鉱物採集にしたあっくんですが、今度はミッチーと共に河原で鉱物を探しました。カラテカだけあってスタミナは十分なあっくんは、ひたすら河原でお宝を探し続けていたようです。すると小さな煙水晶を見つけたみたいで大喜び。これでなんとか、自由研究が形になりそうかな。

それでは、前回の記事

粕川オートキャンプ場 エンマコオロギの鳴き声がする夜に

の続きをどうぞ。

8月20日(土)の朝。

雲一つない空が広がっています。今日も起きると天気は快晴でした。

粕川の様な河原のキャンプ場では、朝方に良くブヨが良く出没します。なので、テントの外に出たら一番初めに赤いパワー森林香に点火します。パパーマンは、だいたい一度に3巻きを使用しますよ。というのも線香を身の回り3箇所に設置して、ブヨが近づけない様に結界をはるからです。そうしたら、やっと落ち着くことが出来ますね。タープの下でチェアに座り、ラジオを聴きながらくつろぎます。

ちなみにもしブヨに噛まれたら、シャワーで熱いお湯を患部にかけると、かゆみが大分やわらぎますよ。パパーマンは経験済みです。

粕川25_土曜日の朝

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。