大津谷公園キャンプ場(2015.9.26)中編

こんばんは、パパーマンです。

まだ、ちょっと早いですが

そろそろ紅葉の気になる季節になってきました。

まだ、山の上の方にいかないと見られないな。

パパーマン家では、この週末にハイキングをかねて

どこにいくか検討中です。

みなさんは、予定がありますか。

それでは前回の大津谷公園キャンプ場の記事

大津谷公園キャンプ場(2015.9.26)前編

の続きをどうぞ。


9月26日(土)

最初に、大津谷公園キャンプ場の紹介をもう少しだけ。

下の写真は、文字通り「クマ出没注意」の看板です。

キャンプ場のところどころに、この看板が立っています。

昔、近くの池田山に登ったことがあるのですが

登山道の入り口にも、同じ看板があって

どこからかクマに見られているような、気になりました。


キャンプ場まで、よっぽど出てこないとは思いますが、

やはり気になりますよね。

大津谷01_熊出没注意


下の写真の様な張り紙も、トイレとか

人目につく要所に張られていました。

張り紙によって、目撃された日にちが違うので

あちらこちらに、熊は出没しているのでしょう。

張り紙の右上にあるクマの顔の絵がひどく怒っていて、

ちょっと可笑しいです。

大津谷01_熊出没注意2

次はトイレです。

僕が見つけたトイレは2か所。

キャンプ場の上にあるトイレは、今回僕が張ったテントの

比較的近くにあるのですが、岩の様なデザインで

モダンな感じです。

清掃もされていてきれいでした。


大津谷01_トイレ1

もう一つは、下の駐車場の近くです。

窓に、さっきのクマの目撃情報の張り紙が張られています。

大津谷01_トイレ2

続いて炊事場です。

写真は、一番上の駐車場から近い場所にあった炊事場です。

もう一つ、下の駐車場から近い場所にも同じような炊事場があります。

炊事場があるので、キャンプ場らしい感じがしますね。

この炊事場がないと、ただの公園です。

大津谷01_炊事場

今日は、暑かったのでムササビウイングをピルツ7に連結したかったのですが

ムササビ用のポールを忘れちゃって、張れませんでした。

いつもはソロキャンプの道具を車に積みっぱなしなのですが

先週、ファミキャンしたときにムササビ用のポールを持っていったら

もとに戻すのを忘れてしまったのですよ。

とても残念です。


大津谷01_ムササビ

ムササビウイングは使えなかったけど

今日も明日も、天気はよさそうなのが唯一の救いです。

痛風の予防に、今日もPA-1を飲んでおきます。

大津谷01_PA-1ムササビ

もうひとつ、スノーピークのパイルドライバーも忘れたので

夜はテントの外は真っ暗になるだろうと

晩御飯の支度を明るいうちから始めることにしました。

まず、鍋に野菜と肉を入れ炒めます。

大津谷01_シチュー1

水を入れて、灰汁を取りながら火が通るのを待ちます。

そうです。今回はシチューです。

大津谷01_シチュー2

鍋にシチューのルーと牛乳を入れたら完成。

シチューに使った牛乳は100ccでしたので

残りの900ccは飲み干しました。

久しぶりに、1Lの牛乳パックを一度にあけましたね。


鍋に入っているのは5皿分のシチューです。

量が多かったせいで、3皿分食べたところで、お腹がいっぱいになりました。

もう食べれません。

大津谷01_シチュー3

テントの外に出てみます。

予想通り夜景がきれいでした。

そして空を見上げると、丸い月が。

大津谷01_シチュー4

今日のお月さまは月齢12.8。

だいぶ丸くなってきました。

明日は十五夜、中秋の名月ですね。

雲の切れ間から、時々出てくる月がきれいです。

しばらく月見をして、寝床に入りました。


大津谷01_月

明日の朝は、シチューの残りを食べねば。

それでは、おやすみなさい。


続きは、次回

大津谷公園キャンプ場(2015.9.26)後編

をどうぞ。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大津谷公園キャンプ場(2015.9.26)前編

こんばんは、パパーマンです。

9月26(土)、27日(日)の一泊二日で大津谷公園キャンプ場に行ってきました。


このキャンプ場、ご存知の方は多いと思いますが

岐阜県内では粕川オートキャンプ場とならぶ人気の無料キャンプ場です。

いつかは行ってみたいと思っていましたが、今回やっと達成できたわけです。


はじめてのキャンプ場なので、今回はキャンプ場の紹介も含めて

キャンプ日記を書いていきたいと思います。

それでは、どうぞ。


9月26日(土)

下の写真はテント設営が、とりあえず完了の図です。

まだ、荷物は4割くらい車に残っているかな。

初めてなので、やっとここまでたどりついた感じがします。

テントの中でいったん休憩です。

大津谷01_テント設営完了

ついたのは、12時半ころだったか、

ここまでかなり時間をついやしています。

かなり働いたので、パパーマンはあせダクの状態です。

大津谷01_設営時間

まずは、大津谷公園キャンプ場までのアクセスから紹介しますね。

実は粕川オートキャンプ場からは、結構近い場所にあります。

場所については、カーナビなどですぐわかるかと思いますが、

キャンプ場自体が南北に細長くて、いったい車をどこに停めれば

キャンプサイトに近くなるのか、わかりにくいと思います。

わかりやすい大きな駐車場に停めると、テントサイトまで荷物運びが

大変になるかもしれません。

駐車場近くのテントサイトは、やっぱり便利で人気の様ですから。




テントを張ることのできるエリアは、かなり広くて

僕も詳しいことは、今回が初回なのでわかりませんが、

僕がテントを張るまでにたどった、およその道を紹介しますね。


上のマップで、大きな駐車場の真ん中を南北に分断している道がありますが、

この道の上で南から北を見ると、下の写真のような風景になります。

左側に見えるねずみ色の欄干が、ちょうど川の上になります。

この道を、このまま北に進みます。

大津谷01_前の道

すると駐車場の北側を東西方向に走る細い道があります。

左右に駐車場を見ながら、この道を左に曲がります。

大津谷01_曲がる

この道は、車一台しか通れない様な細い道なので

対向車が来たらどうしようかと、ふつう思いますよね。

知らないと、入るのをためらうかもしれません。

大津谷01_細い道

道のわきには、ところどころに車が入れるスペースがあります。

対向車が来たら、ここでかわすことができます。

ここに車を止め、キャンプサイトに向かいます。


大津谷01_駐車

ほぼキャンプサイト近くから車を写したところです。

林の向こうに、僕の車が見えますが

そこまで続く道は、ケモノ道ならぬ、キャンパー道。

結構急な坂になっていて、けわしい道なので

カートは役に立ちませんね。

シェルパが必要です。

先ほどは、この道を往復して搬入する作業で

ホトホト疲れて休憩していたのです。

まぁ、でも無料ですから文句は言えませんね。

お金がかからない分、働くしかありません。

大津谷01_キャンパー道

キャンプ場は、大津谷という名前の通り、

3方向を山に囲まれた谷にあります。

その谷の真ん中に小川が流れています。

大津谷01_川

川といっても、とても浅いので

夏場は子供の遊び場として、ちょうどいい感じですね。

大津谷01_遊べる川

川には、橋がかかっていて両側を行き来できます。

その橋の向こうには町が望めますが

これが、夜になるとキャンプ場から見る夜景がきれいなのですよ。

大津谷01_吊り橋と町

それでは、キャンプ場を一周したところで再びテントに戻ります。

僕がピルツ7を張った場所ですが、小石がごつごつしていて

座ると痛いのです。

そこで1週間くらい前に、「ファッションセンターしまむら」で買った

エスニック調のざぶとんを投入しました。

これでなんとか、いやなゴツゴツ感をしのげました。


大津谷01_ざぶとん

お昼ご飯は、スーパーの弁当です。

やっとお昼御飯ですが、実はさっきからあまり時間はたっていません。

大津谷01_お弁当

でも、記事が長くなってきたので、続きは次回にしたいと思います。

大津谷公園キャンプ場の紹介も、もう少し詳しくしますね。


それでは、また。

続きは

大津谷公園キャンプ場(2015.9.26)中編

をどうぞ。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーピーク チタンダブルマグカップ 飲み口が熱くならない

輪島塗の湯のみの存在価値

こんばんは、パパーマンです。

昔、能登半島のとあるキャンプ場に泊まった時

翌日、輪島の朝市に出かけることがありました。

輪島といえば、輪島塗という漆器が有名ですが

漆器を扱っているお店の中で、お土産を買おうと

輪島塗のお箸を探していたのです。

そんな時、輪島塗の湯のみで、湯気の立つ熱いお茶を勧められました。

チタンダブルマグ01

店の方に勧められるまま湯のみを手に持った瞬間、僕はハッとしました。

湯のみを握っても、全然熱くなかったのですよ。

これが陶器なら、熱くて持てないこともありますが

さすがに木製だけあって断熱性に優れていると感心しました。

そして陶器に比べはるかに軽く、持ちやすいところも気に入りました。


次に、飲もうとして湯のみに口をつけた時に

熱くない飲み口と、木のやわらかい感触にまた感動しました。

この湯のみが欲しいと、この瞬間思いましたが

目玉が飛び出そうな値段でしたので、思いなおしました。(笑)


お店の方も、客の心理を良くわかっていて

自信をもってお茶を勧めていたのですね。


チタンダブルマグカップの優れた特長とは


スノーピークにはチタン製の2重構造になっているマグカップがあります。

写真のカップは僕が愛用している220ccのチタンダブルマグカップですが

軽くて、保温性が良くて、コーヒーを入れてもカップが熱くなりません。

飲み口のほうも、2重構造になっているチタンを接合している部分が、

ちようど薄くなっていて口当たりも良いのです。

それにマット仕上げの処理をされたチタンの表面は、ステンレス製のマグカップのような

金属的な冷たさはなく、持った感触もやわらかくて暖かい感じがします。

先に紹介した漆器の湯のみにはかなわないかもしれませんが、

このスノーピーク製のチタンダブルマグカップもいい線をいっていると思うのですよ。



ただ、お値段の方は、やはり目玉が少し飛び出そうかな。(笑)

まぁ、輪島塗の湯のみほどではありませんが。

チタンダブルマグ02


スノーピークチタンダブルマグカップは長くつきあえる一品


前おきが長くなりましたが、僕のお気に入りのマグカップの紹介でした。

ファミリーキャンプの時にしか持っていかないのですが

もう10年近く使っていると思います。

チタン製品は傷つきやすいのですが、このカップはそんな傷もいい味になるので

これからも永年使えそうな気がしています。


最近、カタログをみたら僕の使っている形状のチタンマグカップは無くなっていました。

現行品は取っ手が折りたたみ出来るように改良されていますね。






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シルバーウィークは鮎川園地キャンプ場でファミリーキャンプ(最終日)

今回の記事がシルバーウィークのキャンプ最終日です。

地産地消といいますが、海のキャンプに行ったら

おいしい魚をたべたいわけで。

それでは、続きをどうぞ。


9月22日(火)

朝、いつも一番早く目覚めるのは僕です。

まず、椅子にすっわってキャンプケトルでお湯を沸かします。

そして、ミッチーがもってきたおいしい紅茶をいれ、

鮎川園地キャンプ場03_キャンプケトル

お茶の時間です。

大好物のおはぎをいただきます。

やっぱり、お彼岸ですからね。

鮎川園地キャンプ場03_おはぎ

お茶をしながら海を眺めると

磯で釣りをする人や、漁船、ヨットが見えます。

エギングの人が多いのですが、アオリイカは釣れているのかな。

僕はイカを一度も釣ったことがありませんが、

タックルボックスには、下の写真のような餌木を入れています。



餌木は良くひっかけて、無くすので高いのは買いませんが。

昨日、漁港でコロッケサイズのイカが泳いでいたのをみつけたので

早速、餌木を投げてみたのですが釣れませんでした。

イカの誘い方が、まだよくわかっていません。

鮎川園地キャンプ場03_ヨット

朝食は、おでんです。

それと、昨日道の駅で買ったゆでだこを、

ガーリックで炒めておかずに食べました。

鮎川園地キャンプ場03_おでん

今日も天気がいいです。

ゆっくりと撤収にします。

鮎川園地キャンプ場03_撤収

帰り道、湯の華温泉によりました。

ここは、毎回来ています。

昨日は、お風呂に入っていなかったので

湯上りに涼しい風に吹かれると、とても気持ちよかったです。

鮎川園地キャンプ場03_湯の華温泉

では、昼ごはんとしましょうか。

海辺を走っていると、魚やカニ料理の店がたくさんあります。

偶然見つけた「まつ田」というお店によりました。


鮎川園地キャンプ場03_まつ田全景

この季節、このあたりでは焼きサバがおいしいのです。

今回、キャンプに来てから

ずっと焼きサバを食べることを夢見ていました。

鮎川園地キャンプ場03_まつ田

僕とミッチーが注文したのは越前浜焼御膳

朝採れの秋サバ焼き、旬の刺身、サザエつぼ焼き、味噌汁。

焼きサバは、脂がのっていて

うまくて涙が出そうでした。

鮎川園地キャンプ場03_浜焼き定食

あっくんは、いくら丼です。

子供は、いくら丼好きですね。

鮎川園地キャンプ場03_いくら丼

この後、敦賀から高速道路を利用して帰りました。

シルバーウィークの海のキャンプは天気に恵まれて

最高でした。

キャンプには、いい季節になってきましたね。


それでは、また。

明日もキャンプに行きたいっ。





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シルバーウィークは鮎川園地キャンプ場でファミリーキャンプ(3日目)

こんばんは、パパーマンです。

最近、PCをwindows10にアップグレードしました。

それからというもの、YOUTUBEを見ていると突然ネットワークが切断され

動画が停止するトラブルが頻繁におきてしまいます。

再起動しないと回線がつながらないので、ストレスがたまっています。

みなさん、windows10への乗り換えは、まだ控えたほうがいいかも。

マイクロソフトのバグ出し試験を手伝っているような、気になってしまいます。

あー、たまらんわい。


さて、気を取りなおして

シルバーウィークに行った鮎川園地キャンプ場の3日目の日記をどうぞ。


9月21日(月)

朝食は、ケチャップごはんと、オニオンスープ。

あっくんの大好物です。

というのも、今日はあっくんのバースデー。

鮎川園地キャンプ場03_ケチャップごはん

ハンモックは、パパーマン家の中で人気アイテムです。

パラシュート生地なので、たたむと非常にコンパクトになる上に

十分な強度があります。

木の支柱部分は自作です。

写真の様に、時にはハンモックのとりあいになります。

ハンモックは寝心地が最高なのですよ。


鮎川園地キャンプ場03_ハンモック

今日は、観光をすることにしていたのですが、

東尋坊、雄島方面にはあっくんが行きたくないという意見でした。

僕もTVで心霊能力者の方が雄島を歩くのを見たことがあるのですが

同行した芸能人の方が、憑りつかれたりして結構ゾッとしましたので

肝試しみたいなことはやめにしました。


そこで道の駅越前に併設されている越前カニミュージアムを訪れました。

事前にチェックした感じでは、面白そうだったのですが

なんと、現在リニューアル工事中で、閉まっていました。

これには、ガッカリ。

鮎川園地キャンプ場03_越前ガニミュージアム

で、いろいろありましたが

結局、また釣りをすることに。

この日は、大樟(おこのぎ)漁港と道の駅越前の間にある

くりや(厨)漁港へ。

この漁港こはトイレもあるし、釣り場に車を横付けできるので

ファミリーフィッシングには好都合です。

鮎川園地キャンプ場03_つり

この日はウマズラハギを5匹釣りました。

はじめは口が小さいので、なかなか釣れず

小さい針にするとやっとかかりました。

魚は全てリリースです。

鮎川園地キャンプ場03_ウマズラハギ

「キャンプに行ったら、一回は焼き肉を食べたいよね。」

との発言に、必ず意見が一致する我が家。

この日は、少し遠くにあるスーパーまで買い出しに行き

肉を買い込んできました。

早速、ユニセラで炭をおこします。


鮎川園地キャンプ場03_ユニセラ

炭が出来上がるまで、時間がかかるのでハンモックに寝て

月を見たりしました。

今日は上弦の月ですね。

鮎川園地キャンプ場03_上弦の月

炭ができたので、まずはソーセージから。

いい火かげんです。

ソーセージも、ガンモも外側がカリッと焼けてくれます。

鮎川園地キャンプ場03_焼きソーセージ

そして、恒例の豚肉を焼いたらファイヤーです。

やっぱり肉は、うまいな。

鮎川園地キャンプ場03_ファイヤー

食後には、スーパーで買ったショートケーキを。

今日はバースデーケーキということで。

鮎川園地キャンプ場03_ケーキ

最後の夜なので、たき火をしました。

今回のマキは、ホームセンターのコメリで買った広葉樹でした。

広葉樹のマキを買ったのは初めてでしたが、ヒノキなんかと比べて

各段に長持ちしますね。

実に静かに、いい感じで燃えてくれました。

少し夜は寒くなってきたので

たき火の近くは暖かくて、とても気持ちが良かったです。

鮎川園地キャンプ場03_たき火

あっくんは、たき火の途中でハンモックに入ると寝てしまいました。

僕もたき火の前にずっと座っていると眠くなり、コックリしてきました。

鮎川園地キャンプ場03_おやすみ

だいぶ、疲れもたまってきたかも。

この後、気持ちよく寝てしまいました。


それでは、また。

おやすみなさい。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シルバーウィークは鮎川園地キャンプ場でファミリーキャンプ(2日目)

シルバーウィークのキャンプは、本当にのんびりしていたし

よく寝たので、会社がはじまっても、なかなか頭が働きだしませんでした。

ちょっと憂鬱な2日間でした。


最近では、連休明け症候群という言葉もあるようで

連休明けに病気にかかることが多いことも分かっていますが

みなさんは、大丈夫ですか。

とはいっても、

ここまで乗りきれば、明日からまたお休みですね。

頑張っていきましょう。


それでは、シルバーウィークのキャンプ日記の続きをどうぞ。


9月20日(日)

それにしても、明け方は冷え込みました。

寝るときは、シュラフなしでも大丈夫だったのですが、

明け方、寒さで目覚めましたよ。

念のために冬用のシュラフをもってきたので大丈夫でしたが、

3シーズン用のシュラフでは、眠れなかったかもしれません。

朝一番に、目の前の磯に一人で釣りに出かける予定でしたが、

あまりの寒さでくじけました。


朝ごはんは、おじやです。

大好物の卵をのせて、いただきました。

鮎川園地キャンプ場03_朝の雑炊

今日も、天気は最高です。

テントの目の前の海がきれいです。

さて、釣りに出かけましょう。

鮎川園地キャンプ場03_今日も天気がいい

今日の目的地は大樟(おこのぎ)漁港です。

鮎川園地キャンプ場からは30分くらいです。



大樟漁港は、去年あっくんと来てサヨリが大漁だった実績のある場所ですが

残念ながら、サヨリの姿はありませんでした。

釣り場には、人がたくさん来ていて

先に来た方の様子を見ていると

大き目の豆アジが釣れているようでした。

そこで、足元でサビキ釣りをはじめましたが、全く釣れません。


なぜ、釣れないのか

うーんと考えたあげく、

釣れている人達の間に移動しました。

すると、やっとアジが釣れ始めました。

きっとここは、コマセが効いているのでしょう。


お昼は、近くのローソンで弁当を買って食べました。

さて、ここから釣るぞ。

鮎川園地キャンプ場03_コンビニ弁当

ミッチーがガシラを釣り上げました。

鮎川園地キャンプ場03_がしら

続いて、ミッチーがアジを釣りました。

ミッチー久しぶりのアジ釣りです。

鮎川園地キャンプ場03_あじ

今日の釣果です。

数は少ないけど、クーラーボックスの中にはアジ、ガシラ、ウマズラハギ、サンバソウ、

そしてリリースしたグレ、クサフグを含めると五目釣りの達成です。

サヨリは釣れなかったけど、キャンプ場に帰ったら天ぷらです。

鮎川園地キャンプ場03_今日の釣果

いつもソロキャンプで使用している鹿番長のスキレット(20cm)で天ぷらをあげていきます。

まず最初はちくわ天です。

鮎川園地キャンプ場03_天ぷらあげちゅう

ちくわ天のできあがり。

あげたての天ぷらに、塩をふりかけて食べていきます。

あげたては、おいしーです。

鮎川園地キャンプ場03_ちくわ天

あっくんも天ぷら作りに挑戦です。

(僕は、食べてばかりです。)

鮎川園地キャンプ場03_あっくんあげる

今日釣った魚もあげていきます。

ほくほくで、うまかったですよ。


鮎川園地キャンプ場03_さかなの天ぷら

最後は、かき揚げでした。

結局、ずっとあっくんが天ぷらを揚げていました。

とても、うまかったです。

鮎川園地キャンプ場03_あっくん活躍

今日は彼岸の入りです。

月齢6.8のお月さま

明日は上弦の月ですね。

鮎川園地キャンプ場03_今日の月

さて、明日はどこに行きましょう。

東尋坊とか、雄島とか行ってみようかという話もありましたが

怖がりの二人は、びびって行きたくないといっています。


それでは、また。

おやすみなさい。





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シルバーウィークは鮎川園地キャンプ場でファミリーキャンプ(1日目)

こんばんは、パパーマンです。

今年のシルバーウィークは、長期連休となりましたが

みなさんは、どこかに出かけられたでしょうか。


パパーマン家は、9/19(土)から9/22(火)まで、3泊4日で

今回も鮎川園地キャンプ場に行ってきました。

鮎川園地キャンプ場の管理人さんは大崎釣具店のおかみさんです。)

鮎川園地キャンプ場は家族3人で来るのは2回目ですが

パパーマンは今年4回目、あっくんは3回目です。

今年にはじめて訪れましたが、すでにお気に入りのキャンプ場です。


そろそろ、海辺のキャンプ場も涼しくなってくる季節なので

きっと、すごしやすいんじゃないかとか思いました。

それと、連泊して時間もあるので、

海でファミリーフィッシングも楽しめたらいいなと考えていました。

鮎川園地キャンプ場03_看板

岐阜を、朝早く出てきたので11時過ぎころに到着しました。

鮎川園地キャンプ場は予約できないので、ゆっくり出発していると場所がなくなる・・・

と思っていましたが、

まだこの時間では、キャンプ場はガラガラでした。


我が家のテントは、キャンパルジャパンのロッジシェルターです。

見た目は大きいのですが、立てるのは簡単です。

あっくんもペグうちのお手伝いです。

鮎川園地キャンプ場03_ペグうち

早くキャンプ場に到着した特権として

パパーマン家は海辺の景色のいいところにテントを張ることにしました。

岐阜には海がありませんので、この機会に海を堪能しておきたいと思います。

海は、ずっと見ていても飽きないものですね。

鮎川園地キャンプ場03_テント完成

ロッジシェルターの中より、外を見たところです。

浜辺は石がごろごろしていて、海水浴には向いていませんが

沖に伸びる磯が目の前にあって、ここで釣りが楽しめます。

釣り竿を所有しているキャンパーの割合が

一番高いキャンプ場といってもよいほどです。

この季節は、エギングでアオリイカ狙いの人が多いですね。

鮎川園地キャンプ場03_テントないからみた景色

ただし、この日は青空が見えて天気は良かったのですが

風が強くて、波が高かったので磯釣りをするのは危険でした。

鮎川園地キャンプ場03_波が高い

昼ご飯は、焼きそばを作りました。

そうそう、キャンプ場の近くにはスーパーマーケットなんてありませんので

到着前に、食材の買い出しは、まとめてしておいた方がいいですよ。

鮎川園地キャンプ場03_焼きそば

午後になると、本当にいい天気になってきました。

日差しもありますが、夏の様につよい日差しではなくて

優しい感じです。

鮎川園地キャンプ場03_いい天気

お腹を満たしたら、あっくんはハンモックでマンガを読みだしました。

マッタリとしています。

鮎川園地キャンプ場03_ハンモックで漫画

そして、ミッチーはと見れば

これまた、あっくんが持ってきたマンガを借りて読んでました。

ああ、せっかく天気がいいのに。

鮎川園地キャンプ場03_寝転んで漫画

ということで、あっくんをつれて、近くの鮎川漁港へ釣りに行きました。

鮎川漁港には、駐車場とトイレがあります。

エサは途中で管理人さんのお店、大崎釣具店により、青虫を1パイ購入しました。

しかし、鮎川漁港で釣れるのはフグばかり。

奇跡的にチンタが1匹だけ釣れましたが、リリースしました。


夕飯は、ダッチオーブン料理をすることになっているので

釣りは早めに切り上げ、キャンプ場で炭おこしを始めることにしました。

ユニフレームのファイアグリルを使用します。

鮎川園地キャンプ場03_火おこし

炭が出来上がるまでには、時間がかかりるので

その間に、ハリオのフタがガラスのご飯釜(3合炊き)で炊飯をはじめます。

鮎川園地キャンプ場03_炊飯

鮎川園地の名物といってもいいかな、

この日は夕日がきれいでした。

鮎川園地キャンプ場03_夕日

ダッチオーブンに野菜と手羽を入れます。

味付けは、イタリアンハーブソルトとコショウだけです。

鮎川園地キャンプ場03_ダッチオーブン

上蓋にも炭をのせ加熱します。

時々、ふたをあけて焼き加減をみますが

なかなか焼き具合が進まず、炭を追加して

完成を待ちます。


鮎川園地キャンプ場03_ダッチオーブン焼けたかな

テント前の様子です。

風が強くて、焼けた炭から時々火の粉が飛んできます。

このくらい火をテントからはなしておけば、テントが溶けて

穴が開くことはないでしょう。

鮎川園地キャンプ場03_ダッチオーブン焼けたかな待ち遠しい

ダッチオーブン料理がやっと完成です。

できたころには、お腹がペコペコでした。

待ったかいがあって、とてもおいしくいただきました。

手羽肉が、シューシーでとてもやわらかい出来です。

普通の網焼きでは、こんな仕上がりになりませんね。

さすが、ダッチオーブンです。

鮎川園地キャンプ場03_ダッチオーブン完成

おなかがいっぱいになったので就寝です。

この日は、日が暮れるころにテントがいっぱいになりました。

真っ暗な中で、テントを張る人も結構いました。

GWなみの盛況ぶりです。


さて、明日は3人で釣りに行く予定です。

ミッチーはサヨリを釣って、天ぷらにしたいと言っていますが

どうなるでしょうか。

こればかりは、釣りをしてみないとわかりませんね。

明日の釣果を楽しみにして、寝ることにします。


それでは、また。

おやすみなさい。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

100均の使える道具 折りたたみできるザル&ボウル

こんばんは、パパーマンです。

今日は、ザルボウル紹介です。

このザルボウルは運転していて眠気がおそってきた時に

眠気覚ましにと、北海道の旅の途中にはいった

100円均一ショップで偶然みつけたものです。


文字通りシリコーン製で折りたたみ出来るものですが、キャンプで結構便利に使えます。

それまで同じように折りたたみのできるザルだけ持っていて、ボウルもいつか欲しいなと

思っていたので、この機会に揃えて買いました。


おりたたみできるザルとボウル01

下の写真はボウルの上にザルを重ねています。

サイズは同じなのですが、折りたたまれた状態でぴったりと

重なるようにできています。

おりたたみできるザルとボウル03

横から見ても、スキマはほとんどありません。

おりたたみできるザルとボウル02

使用時の状態です。

このザルとボウルに取っ手がついている、同サイズのものも100均で売られていました。

家庭で使うときは取っ手がついていたほうが、使いやすいかな。

おりたたみできるザルとボウル04

使用時の状態でも、ぴったりと重ねることができます。

おりたたみできるザルとボウル05

秋晴れの粕川オートキャンプ場でBBQをしよう(前編)

でスキレットできのこを焼いた時に使用しています。

これだけで、スキレットにあふれんばかりの量がありましたから

ソロキャンプでは十分なサイズといってもよいと思います。

おりたたみできるザルとボウル06

この商品ですが、僕の住んでいる近くの100均には置いていませんでした。

100均は、いつも同じものが置かれているわけでは無いので

欲しい時に見つけたら、すぐに買っておいたほうが良いですね。


100均がやはり最安ですが

アマゾンでも似たような製品の取り扱いが、いくつかあるようです。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。