上陸できなかった軍艦島で考えた 判断する力 

こんばんは、パパーマンです。

今年(2015年)、世界文化遺産に登録されたばかりの軍艦島

7/22(水)に家族旅行で行ってきました。

通称”軍艦島”と呼ばれる端島(はしま)は、長崎県長崎市にある、

昔は海底炭鉱で賑わった町があった小さな島です。


僕の住んでいる近くに、明治村という明治時代の建築を集めた野外博物館があります。

はじめて軍艦島に興味を持ったのは、この明治村にあった軍艦島の模型と展示物です。

戦時中の戦艦の様な姿をしている、奇妙な島の白黒写真がとても印象に残りました。

それが、今も長崎にはあるというではないですか。

軍艦島01

軍艦島は陸地からは遠く離れているので、見るためには船でちかづく必要があります。

調べてみると、島を見学するグルーズ船がいくつかあり

なかには上陸して島内を探索できるツアー船もあるようでした。


僕は軍艦島に上陸してみたいと思い、上陸できる船を予約しました。

軍艦島05

この日の長崎の天気は、あいにくの大雨でした。

幸い、移動中の船の上ではほとんど雨には降られませんでしたが

出航して陸から離れるにつれ波が高くなり、少し気分も悪くなってしまいました。


それでも実物の軍艦島を目の前すると感動しましたよ。

ここだけ、明治時代のまま時間が止まっているかのようです。

僕は北海道でも、廃墟となった炭鉱の町を訪れたことがあり

たとえば歌市内市の悲別ロマン座など、

当時の面影を感じることが出来る場所が残っていますが、やはり時の流れの中で

当時の建物は撤去されたりして、残っているところはわずかです。


でも軍艦島は、島自体が当時の姿と変わらず、

今でも明治時代の熱気を感じさせてくれます。

昔は、煙突からモクモクと黒い煙があがっていたのだろうと

想像をかきたてられます。

軍艦島04

真ん中の小さな山が本来の島で、他は全て埋め立てで広げた人工の土地だそうです。

時間を経て廃墟になった姿には、美しさを感じます。

正面の建物は病院です。

軍艦島03

見る角度が変わると、島の様子も変化していきます。

軍艦島02

さて、上陸はどうなったかというと、・・・出来ませんでした。


出航前にクルーズ船の会社に聞くと、

島の近くまで来た時点で、上陸の可否を判断するということでした。

実際に島までくると、今回は明らかに海が荒れていて、桟橋が高波をかぶっていたので

船内のアナウンスにもあったように、船が桟橋に近づくことが大変危険だと判断し

上陸は中止となりました。

この時は、状況がわかりやすかったので、上陸を中止しても、

誰も文句を言う人は居なかったと思います。


せっかくここまで来たのに残念ですが、出航の前に上陸できないという判断をすると、

乗船のキャンセルが殺到するでしょうから、ここは仕方ないことです。



ただ、天気が良くても、波が高ければ桟橋へ近づくのは危険なので

上陸できない判断をしなければならないことも、あるでしょうから

この場合は判断に不満を感じる客ももいるかもしれないと想像されます。


とはいっても、最近は無理なツアーで事故を起こした会社が非難されたりしますから

この判断をくつがえすことは、簡単なことでは無いように思われます。

そこには安全への責任感と、客からの要望に答えるサービス心の間で、

難しい判断をしなければならないので、きっと葛藤があることでしょう。


ここまで大きな責任はないですが

僕たちもアウトドアで遊ぶ時には、わかっていても

危険に近づかなければならないことが、しばしばありますよね。


僕が岐阜に住むようになって驚いたのは、川で泳ぐ人が多いことです。

岐阜は海がない県ですから、そうなのでしょうが

川は、深いところでは急に流れが速くなって流されたりと、

ここから先にいくと危ないというエリアが大抵あって

そこには近づかないというルールのもとで遊ばなければなりません。

そして、時に遊びがエスカレートすると、ルールからはずれ危険を伴うこともあります。


軍艦島06


いつでも冷静な判断ができる力が、アウトドアでは必要ですね。

これからの夏のシーズン、気を引き締めて遊ぼうと思いました。

それでは、また。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏でも使えるソロキャンプ用クーラーボックスを考える

暑い夏にソフトクーラーの保冷力で大丈夫だったのか

今日も天気が良くて、暑い一日でした。

もう夏、本番ですね。

そしてもうすぐ始まる、お盆休みのキャンプの計画もクライマックスです。

みなさんは、キャンプ道具の準備はOKでしょうか。


以前、ソロキャンプで使用しているソフトクーラー

igloo(イグルー) クーラーバッグ シティトート24の記事を書きました。

ソロキャンプで1泊用のクーラーとは 

この記事の中で、これから夏に向けて使い込んでいく・・・と書いていましたが、

結果として梅雨時期である7/11、7/12の一泊二日のキャンプの時点で、

帰る時には保冷材が、すっかり常温になっており

梅雨明け間近 粕川オートキャンプ場の暑い夜(前編)
梅雨明け間近 粕川オートキャンプ場の暑い夜(後編)


これでは、食中毒にもなりかねないので、ソフトクーラーの使用をやめました。

今考えると、ソフトクーラーを移動すると下のテントの床がいつも冷たかったし、

ファスナーで開閉するので気密性も不十分だったのでしょう。

そこは、ソフトクーラーなので仕方ないと納得しています。


釣り用のハードクーラーボックスが登場

そこで持ち出したのが、僕が海で雑魚釣りに使っているシマノのクーラーボックスです。

ガルヴィのステッカーを貼って、アウトドア用である様に見せかけているつもりですが

フィクセルベイシス170 03

裏面は、つりのエサ箱を取り付けられるようにしたり、便利な釣具用ポケットをつけたりと

すっかり釣り用にカスタマイズしているので、釣り具のクーラーにしかみえず、

少し恥ずかしい感じで使用しています。

本当のところ、キャンプ専用の釣具メーカーのクーラーボックスが欲しいのですよ。

だって釣りで使用した後は、洗っても、なかなか臭いが取れませんし。


粕川07 くーらーぼっくす


釣り用のクーラーボックスはわかりにくい

釣りの趣味がないキャンパーにとって、釣りのクーラーボックスは

どれも同じようにみえるのではないでしょうか。

わかりやすい様に僕の使用しているクーラーボックスを中心にして紹介します。


僕の使用しているフィクセルベイシス170ですが、釣具メーカーでは、ダイワと並んで有名なシマノの

標準的なクラスのクーラーボックスです。


現行品はこちらの シマノ フィクセル ベイシス 170 UF-017N クーラーボックス



僕の所有しているのは、シマノ(SHIMANO) フィクセル・ベイシス 170 ウルトラマリンです。



”170”というのは、クーラボックスの容量が17Lであるということを意味しています。

igloo(イグルー) クーラーバッグ シティトート24が18Lでしたから

ほぼ同じ容量になりますが、断熱材の厚みの差もあり、

フィクセルベイシスの方がずいぶん大きく感じます。


このフィクセルベイシスの保温材は発泡ウレタンですが

フィクセルシリーズには、その他

フィクセルベイシスよりも保冷力は落ちるけど、軽量のフィクセルライト

ひとつグレードが上の3面真空パネルで構成されるフィクセルリミテッド

最高峰の6面が真空パネルのフィクセルプレミアムに分類されます。

クラスの上から、

プレミアム>リミテッド>ベイシス>ライト の順です。

(シマノのクーラーボックスはわかり易いです)


ソロキャンプのクーラーボックス容量はどのくらいが最適か

それでは、ソロキャンプで使っているところを紹介しましょう。

フィクセルベイシス170 02


上の写真は

ついに梅雨明け 炎天下の粕川オートキャンプ場(前編)

ついに梅雨明け 炎天下の粕川オートキャンプ場(後編)

の時に、買った食材を入れたところです。

特に買い物をするときに意識したわけではありませんが、

3食分(一日目の昼・夜と二日目の朝)の食材が17Lのlクーラーにぴったり!という感じで入っています。


ただし、この時は飲み物が500mLのお茶のペットボトル1本だけなので、

夏場は、熱中症予防の為に、もう少し冷たい飲み物を多く持って行ける様、

ワンサイズ上の容量を選択した方が良いと思います。

これは、シマノだったら22Lクラス、ダイワだったら20L、21Lクラスですね。


一泊二日で使用した結果、保冷力はどうだったのか

さて、この時クーラーボックスに入れていた保冷材はこれです。



ロゴス(LOGOS) の保冷剤  倍速凍結氷点下パックM

600gのサイズです。

これを2枚使いました。

説明書では、クーラーボックス8Lに対しこの保冷材1枚が目安なので、

17Lで2枚は妥当なところです。

ほぼ、24時間後の結果ですが

保冷材は溶けていましたが、ひんやり冷感は残っていました。

ただ、もう少し保冷力が欲しいと感じましたので、

これを2枚、追加で買いました。



ロゴス LOGOS 氷点下パックGT-16℃ハード600gです。

次回のキャンプで、計4枚使ったら、どうなるかみていきたいと思います。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏の睡眠をまもれ インフレータブルピローの暑さ対策

暑くてたまらない夏のキャンプを、少しでも快適にすごすには?

最近はキャンプに行かない日でも、いつもそんなことを考えています。

こんばんは、パパーマンです。

今回は、夏のキャンプ用枕による暑さ対策のアイデアをご紹介します。


下の写真は、前回のキャンプ

ついに梅雨明け 炎天下の粕川オートキャンプ場(後編)

での一コマです。

ちょうど、コットをテントの外に持ち出してきたところですが、

コットの上にのっているのは、当たり前ですが枕です。

この枕に気付いた方は、パパーマンは家で使っている枕をキャンプに持ってきたのではないか?

と思われたかもしれません。

インフレータブルまくら08

枕といえば以前、ソロキャンプの寝床はどうする その4

で、低反発枕を使っていることを記事にしました。

ところが夏になると、僕は頭に汗をよくかくので、

低反発枕のウレタンに無限に吸い込まれていく、汗が気になってしまいます。


そこで、この暑いシーズンにはインフレータブルピロー(枕)を使っています。

下の写真は、僕が使用しているハイランダー(Hilander)のインフレータブルピローです。

たたまれた状態から、自動バルブを開いておけば、自然にこの写真まで膨らみます。

インフレータブルまくら01

インフレータブルピローの厚さは、こんな感じです。

僕は、もっとまくらが高い方が好きなので、ここからバルブに、口で4回くらい吹き込んでやります。

インフレータブルまくら02

すると、下の写真のようになります。

今度は枕の真ん中付近が少しへこんでいるのが、わかりますでしょうか。

へこみをはさんで、枕の形状が非対称になっているので、頭の位置を変えれば

寝心地も変えることができますね。

インフレータブルまくら03

ところが、このインフレータブルピローは使っていると

ピローの表面が汚れてくるのが気になります。

そこで、枕カバーの出番です。

下の写真のカバーはバーゲンで1つ100円で売られていたものです。

ハイランダーのインフレータブルピローのサイズですが

長さ50cm×幅30cm×厚み7~9cm で

55cm×35cm規格の「小さい枕サイズ」と近いので

市販の枕グッズを利用することができる、すぐれものなのです。

インフレータブルまくら04

そして、このキャンプの日に、はじめて使用したのが、枕パットです。

これは厚めのパイル生地で出来ていて、枕カバーだけでは吸い取れない

頭から出てくる汗を吸い取ってくれます。

近所のホームセンターで、300円くらいで売っていました。

インフレータブルまくら05

裏面は、ゴムバンドになっているので、間単に取り外すことが出来ますし

洗濯もOKです。

インフレータブルまくら06

こうしてみると、家で使っている枕にしか見えませんね。

インフレータブルピローと呼ばれる、アウトドア用品の雰囲気はもはやありません。

でも、これで一晩寝てみましたが、寝心地はかなり向上したのは確認できました。

みなさんにも、もおすすめです。

インフレータブルピローに直接寝ると、ガサガサ音がするのがいやな方にも

ちょうどよいかもしれませんね。

枕パットは、最近では冷感生地(触るとひんやり感じる)が流行っているようで

暑さ対策用品として、暑いシーズンには種類も多く見つかりますよ。

インフレータブルまくら07

では最後になりますが

このインフレータブルピローと枕カバーと枕パッドの3点が収納袋に入るか確認してみましょう。

3枚、まとめてグルグルとまるめていって、最後に付属のコードでしばります。

インフレータブルまくら09

そして、無事袋に入りました。

インフレータブルまくら10

さて、このハイランダーのインフレータブルピローですが、

現在は取り扱いが無い様です。

いい商品だったので、残念です。

今回はアイデアの紹介ということで、勘弁してください。

サイズ的に、このピローに近いのは、コールマンだけどね。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ついに梅雨明け 炎天下の粕川オートキャンプ場(後編)

前回の記事、ついに梅雨明け 炎天下の粕川オートキャンプ場(前編)

に引き続き、今回は後編をお送りします。


7/26(日) 夜明け

昨夜は、暑かったわけでもないのですが、あまり眠れなかったようです。

やはりキリギリスの鳴声が大きかった。

こうなったら、耳栓が必要ですね。


テントの外が明るくなってきたようなので、外に出てみました。

日の出前は、風がとても涼しくて、すがすがしい空気にあふれています。

そして東の空には朝焼けが見えました。

まだ、粕川オートキャンプ場には人影はなく、みんなテントの中に居るようです。

しばらく川岸の階段に腰をおろし、空を見ていました。

粕川07 朝焼け

それからテントにもどり、タープ下のイスにすわって風に当たって涼んでいましたが、

小さな虫が飛んで近づいてくるので、ひょっとしてブヨかもしれないと思い、

テントの中にはいり、メッシュインナーの入り口を閉じました。

コットの上で横になっていたら、気持ちよくなって寝てしまいました。

粕川07 朝のテントの様子

だけど、気持ちよく寝ていられた時間は、そう長くはなかった様で、

日の出とともに、テントの中の温度は急上昇し、暑さにたまらず目が覚めました。


しばらく、コットの上で目を開けてじっとしていると

テントの上のほうで、何かが動いた気がしました。

よく見ると、キリギリスが2匹、インナーメッシュの上にいました。

しばらく前まで、ここは毛虫君のお気に入りの場所だったのですが

季節は変わりましたね。

どちらも、おしりに産卵管がついているのでメスの様です。

一晩中、テントの外ではオスがけんめいに鳴いていたのに、

こんなところにいても良かったのかな。

粕川07 キリギリス

下の写真は、キャンプ場前の、いつもみている山の様子です。

山の緑も、ずいぶん濃くなってきましたね。

そして、この青い空。

天気がいいのは、とても良いことですが

今日も暑い一日となりそうです。

粕川07 いつもの山

暑すぎて、何もする気がしませんでしたが、

湧き水をペットボトルにくみに行った時に

湧き水で顔を洗い、濡らしたタオルを首にかけたら少し元気が出てきて

朝ごはんを作ることにしました。

今回は、太麺の焼きそばです。

一人前で、この食材をすべて投入します。

(少し、食べすぎです。)

粕川07 やきそばのネタ

スキレットで作ると、鉄板に麺がくっつきません。

いつも、このスキレットには感心してしまいます。

ふたをして、蒸してやると野菜も柔らかくなって完成です。

粕川07 やきそば完成

それにしても、どーにも暑いです。

日陰で、じっとしていれば風も吹いているので、大丈夫なのですが

何かしようと体を動かすと、体中から汗がふきだしてきます。

そこで、考えたのですが、コットをムササビウイングの下まで出してきて

昼寝することにしました。

粕川07 コットを出す

コットで寝た状態で、見える景色です。

風があるので、蚊にさされる心配はありません。

なかなか、優雅な時間です。

あとは、誰かが隣でウチワであおいでくれたら最高ですが。

粕川07 空を見上げる

最後の難関がやってきました。

12時前には、テントを撤収したいと思って、がんばります。

汗が滝のように流れ、肩で呼吸をする様な状態でした。

途中で、一度だけ危険を感じ、車の中でエアコンをつけて休憩しました。

粕川07 テントを撤収するのだが

やっとの思いで、テントを撤収しました。

息が上がっています。

あぁ、カキ氷が食べたい~、と意識が遠くなりつつある頭の中で思いながら

車を走らせていると、いつものかすがモリモリ村に来ていました。

昨日の夜は、今日の行き先についていろいろ計画を練っていたのですが

あまりの暑さのせいで、すべて吹っ飛んでしまいました。

粕川07 かすがモリモリ村

モリモリ村に着いても、すぐに熱い温泉に入ると倒れそうな気がして

しばらくエアコンの効いた仮眠室に横になって、体温が正常になるまでじっとしていました。


その後は、薬草の湯に入り、この日は味噌かつ丼(850円)をいただきました。

粕川07 みそかつ丼

今回は、あまりに体力を消耗したので周辺の開拓はやめにしました。

モリモリ村の後は、まっすぐ自宅に戻りましたが、

やはり寝不足だったのでしょうか、

自宅に戻ったとたん、3時間くらいソファの上で爆睡してしまいました。

キャンプ場で、しっかり睡眠をとるにはどうすればいいのか・・・

今後の課題にしたいと思います。

それでは、また。

明日もキャンプに行きたいっ!
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ついに梅雨明け 炎天下の粕川オートキャンプ場(前編)

こんばんは、パパーマンです。

7/25(土)、7/26(日)の一泊二日でいつもの粕川オートキャンプ場へ行ってきました。

梅雨もすっかりあけて、空には気持ちのよい青空が広がっていましたよ。

これからが夏本番ですね。

それでは暑い夏のキャンプ日記に、しばらくおつきあいください。



7/25(土) 13:00過ぎに粕川オートキャンプ場へ到着です。

先週はキャンプに出かけられなかったので、今回は気合を入れて

早めに家を出ました。


ピルツ7ムササビウイングを連結させて設営しました。

サイトは、粕川オートキャンプ場の一番東の草原です。

キャンプ場の西の方は、川遊びに都合がいいので、家族連れの方で賑わっており、

この時間になると、テントを張るスペースが見つかりませんでした。

粕川07 サイト全景


今回は、いつものイグルーのソフトクーラーではなく

魚釣りの時に使うクーラーボックスを持ってきました。

というのも、前回の

梅雨明け間近 粕川オートキャンプ場の暑い夜(前編)

梅雨明け間近 粕川オートキャンプ場の暑い夜(後編)

のキャンプの帰る間際に、保冷材が完全に溶けきっていたからです。

ソフトクーラーはコンパクトで使いやすいのですが、

ここまで暑くなると、保冷力が足りませんね。

粕川07 くーらーぼっくす

設営が完了したので、昼ごはんにします。

ムササビウイングの下にできた、涼しい日陰でひと休み。

キャンプ場にくる途中で、いつも寄るスーパーのみそかつ弁当です。

テント設営の時は、炎天下の作業だったので、汗が止まりませんでしたが

日陰でじっとしていると、川の上流から風がふいてくるので気持ちいいです。

粕川07 お弁当

せっかく、いつもよりはやくキャンプ場へ到着しましたが、

この暑さでは、何もする気が起きません。

タープの下で本を読んだり、

しばらく、じっとしていました。

粕川07 ヨーグルトドリンク

買ってきた500mlの麦茶のペットボトルは、すぐに空になりました。

喉が乾いたので、湧き水を汲みに行くとしましょう。

2リットルのペットボトル2本に湧き水を満たします。

この湧き水で顔をジャブジャブ洗うと、冷たくて気持ちがよいです。

ついでにタオルを湧き水で濡らして、首に巻くと汗が止まりました。

これは、暑さ対策になります。

粕川07 湧き水

しばらくすると、また暑くなってきましたので

今度は川に入ります。

川の水も、これがまた冷たくて気持ちいいのです。

できることなら、一日中、川の中につかっていたいです。

家族連れのみなさんは、シャチやサメの浮き輪や、水鉄砲などで遊んでいました。

岐阜には海がないけど、夏は川も冷たくて気持ちいいのですよね。

粕川07 川に入る

目をとじれば、セミとキリギリスの鳴き声が広がる粕川オートキャンプ場ですが、

目を開けると、トンボがたくさん飛んでいるのを見ることができます。

このキャンプ場には生物がたくさんいて、観察していると飽きません。

小さいころ、大好きだったファーブル昆虫記を思い出します。

粕川07 トンボ

あんころ餅で、ティータイム

今回のキャンプでは、ヤカンで何度もお湯を沸かし緑茶をいれました。

ほとんど一日中、お茶を飲んでましたよ。

湧き水で入れるお茶は最高です。

粕川07 ティータイム

そろそろ、日が暮れてきました。

ユニフレームのユニセラの上で炭を作ります。

今回も、こりずに焼き鳥です。

ここのところ、炭で焼く、焼き鳥のおいしさに目覚め、

すっかりはまっていますよ。

火をじっと見ながら、時間が過ぎていきます。

粕川07 夕焼け

夕食を作るセッティングが完了しました。

だいぶ暗くなったので、LEDランタンをつけます。

あとは、炭が出来るのを待つばかり。

ユニセラですが、ソロキャンプには大きすぎですね。

昔、ユニセラ miniっていう小型の商品が売られていたのですが、

再販はしないのかな。

粕川07 夕飯の準備

炭の火がおさまるのを待っていましたが、なかなか火力が落ち着いてくれません。

そこで、この火で炊飯をしてみたらどうだろうと思いつきました。

早速、米を入れた土鍋をユニセラにのせます。

火が弱かったのか、土鍋から水が吹きこぼれることはありませんでしたが

奇跡的に、とてもおいしく炊けました。

粕川07 ユニセラで炊飯

火が落ち着いたので、焼き鳥を作ります。

鶏肉から油が落ちると、焼き網が炎上して、すごい煙です。

焼き鳥を10本いただきました。

粕川07 焼き鳥

お腹がいっぱいになったので、テントに入ります。

今日は天気がよかったせいか、日が落ちると気温が下がり

夜は寝やすい温度になってくれました。

前回、7/12の粕川オートキャンプ場は、夜も暑かったので大変でしたが

今回は大丈夫です。

その代わり、目を閉じるとキリギリスの鳴き声が耳について

なかなか、眠れません。

粕川07 テントの中へ

テントの外に出て、空を見上げるときれいな月がでていました。

今日は月齢9です。

粕川07 月齢9の月

今日は、とても暑い一日でしたが、

明日は、どうなることやら。

それではまた。

おやすみなさい。

ついに梅雨明け 炎天下の粕川オートキャンプ場(後編) に続く
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

食べても美味しい手長エビのすくい方 夏の夜の楽しみ2015年

手長エビとは

こんばんは、パパーマンです。

大型の台風11号が去ってから、暑い日が続きますね。

少しの間、ブログの更新が出来ませんでしたが、

7/18には家族で僕の岡山の実家へ行ってました。


ここ3年くらいは、毎年夏に実家に帰ると、夜は近くの川に手長エビをすくいに行きます。

あっくんも小学5年生になったので、手長エビをうまく捕まえられる様になり、

とても楽しんでいる様です。

一方、ミッチーはというと、あまりエビを捕まえること自体に興味が無いようで、

成果も、なかなか上がりません。

女性には基本的に狩猟本能が無いので、これは仕方無いことですね。


ところで「手長エビ」って、みなさんご存知でしょうか。

僕は小さい頃から、川で捕っていたのでなじみが深いのですが

居酒屋では無くて、川に居るのをみたことがある方は、案外と少ないかもしれません。

手長エビとは、淡水・汽水域に生息し、一番前の足(手にあたる)二本だけが、

その名の通り、他の足に比べて長い特徴があります。

特にオスは、この手が長くて、体長の2倍ほどになります。

昔、水槽に手長エビを飼っていたことがあるのですが、

この長い手を器用に使って、獲物を捕まえて食べていました。

手が長いだけあって、オスはメスに比べて大きく見えます。

ですので、大型のオスを捕まえるのが、手長えびを捕獲する時のステータスですね。


手長エビの捕まえ方と道具


手長エビの捕り方にはえさ釣り、エビかご仕掛けなどがあります。

専用の細い針に、イトミミズをつけて手長エビを釣るのも面白いのですが

我が家は、暗くなってからエビ網と懐中電灯を持ち、川辺の岩場でエビをすくいます。

釣りに比べ、すぐに結果がでるのが網で捕獲する魅力です。


使用するエビ網ですが専用のものを使ったほうがよいです。

というのは、手長エビを取る場所の状況にもよりますが、

岩と岩の間などに網を入れることもあるので、

直径15cm以内の網が、使いやすいからです。

売られているエビ網は、このくらいのサイズです。

エビ網は釣具屋さんで売られていますよ。

我が家で使用しているエビ網を2種類だけ下に紹介しておきます。



下のエビ網は、今年買ったのですが、伸ばすと柄の部分が170cmになるのが特徴です。

この手の折りたたみ網では、一番長いので、漁を出来る範囲が広がります。

値段がちょっと高いのが難点です。



必要な道具としては、エビ網の他に懐中電灯と捕ったエビを入れるバケツ

(もしくはクーラーボックス)と、出来ればポンプ(空気が出るプクプクですね)があればベターです。

また、足場が悪いところを移動するので、懐中電灯は小型軽量で強力な

LEDライトが使い勝手がよいですよ。

出来ればライトは集光が出来るタイプが良いです。

一度に広い範囲を照らすと、手長エビが一度に逃げちゃいますから。


エビ網で手長エビをすくいあげる方法

手長エビは、日中は岩場の影に隠れていて、なかなか姿を見せてくれませんが

暗くなると、活発に動きはじめ、岩の上にも姿を現します。

このタイミングが手長エビを捕まえる絶好のチャンスです。

懐中電灯で、手長エビを見つけたら、すばやくすくい上げましょう。

手長エビは懐中電灯の光に当たると、すぐに岩陰に逃げようとしますので

見つけてから、2、3秒の間が勝負ですね。

エビの体は半透明なので見つけにくいのですが、目玉はライトの光を当てると

反射して赤く光ります。

赤い2つの光を探すのがポイントです。



それでは、今年の我が家の成果を報告します。

下の写真は、7/18(土)の夜の成果です。

3人で1時間がんばって中型のサイズが3匹でした。

いまひとつの成果に終わりました。

獲っているのが、下流なので、潮の満ち引きの影響がります。

水面と岩の位置関係によって、捕まえ易い時間帯と捕まえにくい時間帯があり

この時は、悪い時間帯でした。

その上、台風の通過した直後だったこともあり、川の水が濁っていたことが

捕りにくい原因として重なりました。

・・・・というのが、いい訳なのですが。

手長えびすくい01

下の写真は7/19(日)の成果です。

この日は気をとりなおして、あっくんと2人で漁に出ました。

今回はミッチーは留守番です。

前日は、水面の高さがパッとしなかったので時間をずらして出かけました。

バケツの中が見にくいのですが、この日は大型のオスを3匹獲得しましたので

満足して帰りました。

手長えびすくい02


捕まえた手長エビを食べる

捕った手長エビは食べましょう。

エビなので、とても美味しいですよ。

下の写真はバターソテーですが、油で揚げると殻まですべて食べられるので

お勧めです。

食べる上での重要なポイントですが、手長エビは生きたまま持ち帰り、

バケツに水道水を足して、最低一晩は泥を吐かせた後で食べた方が、断然美味しいです。

ですので、ポンプ(ブクブク)を準備しておくといいですね。

手長えびすくい03

みなさんの、近くの川に手長エビがいれば、ぜひ楽しんでください。

夏の思い出が残ればいいですね。

それでは、また。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

どこでもベーププレミアムで、世界最強にヘンシ~ン♪(後編)

どこでもベーププレミアムを組み立てよう


前回の どこでもベーププレミアムで、世界最強にヘンシ~ン♪(前編) に続き、今回は後編をお送りします。

今回は、どこでもベーププレミアムの組み立てから、実際に使ってみたところを書きます。

まずパッケージの中身ですが、左からベルト、本体、電池(単三×2本)、薬剤カートリッジになります。基本はどこでもベープGO! 未来(5倍効く)と同じですが、ベルト、本体などはゴージャスな感じに仕上がっていますね。

世界最強どこでもベープ15倍05

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

どこでもベーププレミアムで、世界最強にヘンシ~ン♪(前編)

どこでもベーププレミアムの特徴


今回は2週間ほど前に近所のホームセンターで見つけて、思わず買ってしまった強力な虫除けアイテム

どこでもベープ プレミアム セット の紹介です。

フマキラーやりましたね。正直言って、お店でこれを見た瞬間、ニヤリとしてしまいました。特に僕と同じ仮面ライダー世代の方なら、見たら分かっていただける秀逸なデザインなのです。(笑)

そして、世界最強クラスの効きめ!とフマキラーさんが効能について謳っているように、このどこでもベーププレミアムは、これまで以上の防虫効果を期待できる製品のようです。

それでは、どこでもベーププレミアムについてみていきましょう。

(注;下の写真はパパーマン家の専属モデル「あっくん」による特撮映像です。)

世界最強どこでもベープ15倍01

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
Instagramへのリンク
Instagram
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

イワタニ カセットガス スモークレス焼肉グリル やきまる
鉄板の表面温度を一定にして、脂が煙になるのを抑制するカセットガスコンロ
煙がでにくいので、アウトドアでも周りが囲まれた空間で使う時に便利なんです

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) CF アジャスタブルテーブルS
買ったばっかりですが、このテーブルはとにかく格好いい!プリムスの本気を感じます

Rockpals ポータブル電源
電源の無いキャンプ場で扇風機を使うために買いました AC/DC/USB給電可能で使いやすいですよ

NITINEN(ニチネン) カセットボンベ式ヒーター
ミスターヒート KH-011
冬キャンプでは足元が暖かくしたいので、コンパクトなこいつを使っています。屋外式なのに燃焼音が静かで、ドロップダウンに強いのがいい。

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。