カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


OD缶用ガスランタンのCB缶化と冬対策

OD缶用ガスランタンを卓上でCB缶化して使うには


今回はOD缶ガスランタンCB缶化+卓上化して使う方法について紹介します。

最近のキャンプではガスランタンを本来のOD缶で使用していたのですが、実はCB缶からOD缶へとガスを詰め替えて使っていました。やはりOD缶は価格が高いので、頻繁にキャンプに行っていると出費がかさみますから。

もしガスの詰め替え作業が面倒であれば、今はCB缶アダプターが簡単に手に入るので、これらを使えばいいわけです。そのアダプターの中でも、CB缶を卓上に置いて使いたい場合、三脚のついたタイプのアダプターを選ぶ必要があります。

なので、アダプターについては以前コンロをCB缶化したときに使ったカリフォルニアパティオ製のCB缶アダプターを今回も使用しました。


さてそれでは、このCB缶アダプターをプリムスのランタンに取り付けランタンを点灯したところを見てみましょう。

卓上ガスランタン化05

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

使い込んで分かった!スノーピークたねほおずきの使い勝手

格好いいだけじゃない!スノーピークたねほおずきは実用的だった


今回は、スノーピークたねほおずきの紹介です。下の写真はパパーマンが使っている「たねほおずきゆき」という製品ですが、このたねほおずきを購入する前には本家の「ほおずきゆき」の方を購入して使っていました。


ほおずきの最大の弱点は電池の持ちの悪いことでした。購入した、ほおずきゆきは最新のほおずきなのですが、それでもアルカリ単三電池を3本で電池寿命が10時間しかないのです。これは別売りの充電池パックを使ったときも同じで、寿命は10時間です。

これだと2回くらいキャンプに行けば、すぐに電池交換をすることになりますよね。そこで現在は外部のモバイルバッテリーからUSBケーブルで給電することで、このほおずきを使っています。


ところが、たねほおずきはHiモードでも単四電池3本で40時間もつのですよ。このくらいもてば使用上は問題ありません。乾電池で使う限りにおいては「たねほおずき」の方がずっと実用的です。

もちろん「たねほおずき」は、「ほおずき」よりも小さい分、明るさは60ルーメン(ほおずきは100ルーメン)と暗いので、キャンプの夜に読書や食事をするときのメイン照明には向いていません。だけど、それ以外の使い方をする場合は、コンパクトで電池の持ちの良い「たねほおずき」の方がずっと大活躍するのですよ。

たねほおずき01

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーピークほおずきはマイクロUSBケーブルによるバッテリー給電で使うと便利

スノーピークほおずきが電池消耗ですぐに暗くなってしまうという不満


パパーマンがソロキャンプのメインランタンとして使用しているスノーピークほおずきですが、当初は電源として普通にアルカリ単三電池×3本を使っていました。すると電池が消耗することにより照度が低下してしまうまでの時間が早いため、ここにとても不満を感じていました。

というのも、電池を使った場合のほおずきの連続点灯時間がスペックではたった10時間なのです。これは別売りの充電池パックを使ったときも同じ10時間です。

比較としてLEDランタンの定番であるジェントス エクスプローラー プロフェッショナル EX-777XPの場合はHighモードでの連続点灯が72時間になります。まぁ、ジェントスは単1電池×3本を使用しているわけで、単純に比較するとほおずきが不利なのはいうまでもありません。ただ連続点灯時間だけの比較ではその差は歴然です。

この比較からも、ほおずきは最近のLED照明としてはかなり短い電池寿命だといっていいと思います。

10時間というと2回くらいキャンプにいけば電池が無くなってしまう計算になりますので、これだとけっこう頻繁に乾電池を取り換えるハメになってしまいますから、ここがほおずきの唯一の弱点といってもいいところです。

ほおずきはせっかく気に入って使っている照明なので、バッテリーの寿命をなんとか延ばせないか、また照度が低下するまでの時間を遅らせられないかと考えていました。

そこで、パパーマンはほおずきについているUSB端子にマイクロUSBケーブルを接続し、モバイルバッテリーから給電することを考えたのです。

スノーピークほおずきUSB01

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コールマンのフロンティアPZランタンの入院顛末の話

PZランタンはソロキャンプに使いやすいランタンだった


コールマンフロンティアPZランタンはフロストホヤがついているのが特徴のコンパクトなガスランタンです。パパーマンはランタンのホヤに、はまぶしくないフロストタイプを使っているものが好きなので、このランタンを選びました。

おなじ小型のガスランタンでフロストホヤを使っているもタイプは、プリムスに2245ランタンという商品があるのですが、これが9000円~1万円と結構高いランタンなのですよ。一方、このPZランタンは4000円前後で売られています。コールマンでも安価な価格設定のランタンで、性能も悪くないしお買い得感があったこともあり購入しました。

PZランタンは小さいけどソロキャンプで使うのに十分な明るさで、パパーマンは今年このPZランタンを購入してから、気に入って毎回キャンプで使っていました。



ところがですね・・・。ある日のキャンプで、このPZランタンの異変に気がついたのです。

鮎川13_コールマンフロンティアPZランタン点灯

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーピークのノクターンにそっくりな商品をどう考える?

やっと価格の落ち着いてきたスノーピークノクターン


最近はスノーピークノクターンも供給がやっと追いついてきたのか、すっかり価格が安定してきましたね。先ほど確認したところ、Amazonでは定価の1割引きくらいで売られている様です。一時期はamazonでノクターンの取り扱いが無かった時期もありましたら、これからノクターンユーザーも増えていくことだと思います。

パパーマンも、最近はソロキャンプでノクターンをよく使っています。確かに風に弱くて、すぐに失火してしまうところはいただけませんが、それでも使っているのは燃料がガスということで器具が汚れず点火などの扱いが楽だということと、ケースに収納すれば非常コンパクトで、かさばらないというメリットの方が大きかったようです。

さて、これから手に入れやすい価格になって、ユーザーが一気に増えそうなところへ来たノクターンですが、最近Amazonを眺めていると少しドッキリとしたことがありました。

粕川44_テントを閉じて


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき を実際にキャンプで使ってみた

使ってみて分かったスノーピークほおずきの良いところ


今回は、前回の記事 スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき の細部を観察する に続いて、ほおずき実際にキャンプで使った時に感じたことを書いてみたいと思います。

まず、光量についてです。

パパーマンは、このほおずきを主にソロキャンプのメインランタンとして使っています。といっても、ほおずき1個でファミリーキャンプ用の広いシェルターの中や大きなオープンタープの下をすべて照らすには物足りないかもしれません。

ほおずきの照度は100lmという控えめなスペックですが、構造上ランタンの周囲を明るく照らすというより、周囲はぼんやり照らし、ランタンの真下を明るく照らしてくれます。ですのでテーブルの上に上手くほおずきを取り付けてやれば、ファミリーキャンプでも食卓を照らすには十分な明るさだと思います。

ほおずきは雰囲気のとても良いあかりなので、みんなが集まるテーブルの上を照らすランタンとして使い、その他のエリアにはもっと明るいランタンを設置してサイト全体を照らす様な使い方をするのが良いと思います。

ほおずき01

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき の細部を観察する

スノーピークほおずき ゆきは結局高いだけのランタンだったのか考えた


梅雨の雨ふりで今日はキャンプに行けなかったので、たまってきたキャンプ道具の記事を書きたいと思います。

今回は、スノーピークほおずき ゆきの紹介をします。スノーピークほおずきは、スノーピークの製品の中でもロングセラーモデルでファンも多いLEDランタンです。特に技術の進化が日進月歩なのがLEDランタンですから、数多くの製品が淘汰されていく中で今でも改良を続けながらユーザーの支持を得ているのはすごいことだと思います。

そんなほおずきの最新バージョンである、「ほおずき ゆき」を最近になって購入したのですが、今ではソロキャンプやファミリーキャンプで大活躍しています。明るさだけを求めるならば、今や1000ルーメンのLEDランタンも普通に手に入るような時代になってきましたが、ほおづきはランタンの明るさだけを追求した製品ではなく、キャンプの夜にとてもやさしい灯りを作ってくれるのが良いところだと思います。

LEDなのに思った以上に癒されるあかりなので、キャンプでは一番身近に置いておきたいランタンになりました。

ほおずき19

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

UCO(ユーコ) キャンドリア用サイドリフレクターを使った効果

今回は、UCOのサイドリフフレクターの紹介です。

キャンプの夜の灯りとして、ずっと見ていても飽きないのがキャンドルの炎です。LEDランタンをメインランタンとして使う時にも、キャンドルランタンを一つテーブルの上においておくと、灯りがいい雰囲気になるものです。

パパーマンが愛用しているUCOキャンドリアはキャンドル3本を使用する変わったランタンで、キャンドルを使ったランタンの中では最も明るく、その分実用性も高いランタンだと思います。このUCOキャンドリアにはサイドリフレクターというオプションがあり、以前より気になっていました。

弱いキャンドルの灯りも、3本集めることでやっと明るく照らすことが出来るキャンドリアですが、この反射板を使えばいっそう明るくなるのではないかと期待したのです。

サイドリフレクター09


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
Instagramへのリンク
Instagram
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺5巻
TVアニメ2018年1月放送開始!
楽しかったクリスマスが終わり、大晦日、お正月が近づいて…。
過ごし方はそれぞれ違うみたいだけど、やっぱりリンは一人でキャンプに…?
あなたは次の初日の出、どう見ますか?
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


ユニフレーム ダッチオーブンスーパーディープ 6インチ
廃版になっていましたが2018年限定商品として復刻!!手に入れるなら今がチャンスです。
パパーマンはソロキャンプ用にすぐに購入しましたよ。
黒皮鉄板なので洗剤で洗えて手入れが楽です。

テンマクデザイン サーカスTC
ポリコットン素材の設営が容易なテント
冬の冷たい隙間風にも有効なスカートがついているのが嬉しいです
コスパもとても高いですよ!

エリッゼステーク
村の鍛冶屋さんの丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

イワタニ カセットガス スモークレス焼肉グリル やきまる
鉄板の表面温度を一定にして、脂が煙になるのを抑制するカセットガスコンロ
煙がでにくいので、アウトドアでも周りが囲まれた空間で使う時に便利なんです

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) CF アジャスタブルテーブルS
買ったばっかりですが、このテーブルはとにかく格好いい!プリムスの本気を感じます

Rockpals ポータブル電源
電源の無いキャンプ場で扇風機を使うために買いました AC/DC/USB給電可能で使いやすいですよ

NITINEN(ニチネン) カセットボンベ式ヒーター
ミスターヒート KH-011
冬キャンプでは足元が暖かくしたいので、コンパクトなこいつを使っています。屋外式なのに燃焼音が静かで、ドロップダウンに強いのがいい。

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。