カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


スノーピークのノクターンにそっくりな商品をどう考える?

やっと価格の落ち着いてきたスノーピークノクターン


最近はスノーピークノクターンも供給がやっと追いついてきたのか、すっかり価格が安定してきましたね。先ほど確認したところ、Amazonでは定価の1割引きくらいで売られている様です。一時期はamazonでノクターンの取り扱いが無かった時期もありましたら、これからノクターンユーザーも増えていくことだと思います。

パパーマンも、最近はソロキャンプでノクターンをよく使っています。確かに風に弱くて、すぐに失火してしまうところはいただけませんが、それでも使っているのは燃料がガスということで器具が汚れず点火などの扱いが楽だということと、ケースに収納すれば非常コンパクトで、かさばらないというメリットの方が大きかったようです。

さて、これから手に入れやすい価格になって、ユーザーが一気に増えそうなところへ来たノクターンですが、最近Amazonを眺めていると少しドッキリとしたことがありました。

粕川44_テントを閉じて


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき を実際にキャンプで使ってみた

使ってみて分かったスノーピークほおずきの良いところ


今回は、前回の記事 スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき の細部を観察する に続いて、ほおずき実際にキャンプで使った時に感じたことを書いてみたいと思います。

まず、光量についてです。

パパーマンは、このほおずきを主にソロキャンプのメインランタンとして使っています。といっても、ほおずき1個でファミリーキャンプ用の広いシェルターの中や大きなオープンタープの下をすべて照らすには物足りないかもしれません。

ほおずきの照度は100lmという控えめなスペックですが、構造上ランタンの周囲を明るく照らすというより、周囲はぼんやり照らし、ランタンの真下を明るく照らしてくれます。ですのでテーブルの上に上手くほおずきを取り付けてやれば、ファミリーキャンプでも食卓を照らすには十分な明るさだと思います。

ほおずきは雰囲気のとても良いあかりなので、みんなが集まるテーブルの上を照らすランタンとして使い、その他のエリアにはもっと明るいランタンを設置してサイト全体を照らす様な使い方をするのが良いと思います。

ほおずき01

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーピーク(snow peak) ほおずき ゆき の細部を観察する

スノーピークほおずき ゆきは結局高いだけのランタンだったのか考えた


梅雨の雨ふりで今日はキャンプに行けなかったので、たまってきたキャンプ道具の記事を書きたいと思います。

今回は、スノーピークほおずき ゆきの紹介をします。スノーピークほおずきは、スノーピークの製品の中でもロングセラーモデルでファンも多いLEDランタンです。特に技術の進化が日進月歩なのがLEDランタンですから、数多くの製品が淘汰されていく中で今でも改良を続けながらユーザーの支持を得ているのはすごいことだと思います。

そんなほおずきの最新バージョンである、「ほおずき ゆき」を最近になって購入したのですが、今ではソロキャンプやファミリーキャンプで大活躍しています。明るさだけを求めるならば、今や1000ルーメンのLEDランタンも普通に手に入るような時代になってきましたが、ほおづきはランタンの明るさだけを追求した製品ではなく、キャンプの夜にとてもやさしい灯りを作ってくれるのが良いところだと思います。

LEDなのに思った以上に癒されるあかりなので、キャンプでは一番身近に置いておきたいランタンになりました。

ほおずき19

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

UCO(ユーコ) キャンドリア用サイドリフレクターを使った効果

今回は、UCOのサイドリフフレクターの紹介です。

キャンプの夜の灯りとして、ずっと見ていても飽きないのがキャンドルの炎です。LEDランタンをメインランタンとして使う時にも、キャンドルランタンを一つテーブルの上においておくと、灯りがいい雰囲気になるものです。

パパーマンが愛用しているUCOキャンドリアはキャンドル3本を使用する変わったランタンで、キャンドルを使ったランタンの中では最も明るく、その分実用性も高いランタンだと思います。このUCOキャンドリアにはサイドリフレクターというオプションがあり、以前より気になっていました。

弱いキャンドルの灯りも、3本集めることでやっと明るく照らすことが出来るキャンドリアですが、この反射板を使えばいっそう明るくなるのではないかと期待したのです。

サイドリフレクター09


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

万力でテーブルに固定できるコンパクトなランタンスタンドが欲しかった

2016年の12月に購入して以来、毎回ソロキャンプで使用しているUJack(ユージャック) テーブルランタンスタンドを紹介します。

このランタンスタンドを見つけた時には、「こんなランタンスタンドが欲しかった。」と思ってすぐに購入しました。このスタンドは根元が万力の様な構造になっているのですが、ねじを締めることによりてテーブルに固定出来るのです。

パパーマンは廃番になったユニフレームのランタンポールが便利なので今でも使っていますが、UJacのテーブルランタンスタンドは、これと似たようなコンセプトの商品です。ただ、このUJack製のテーブルランタンスタンドのほうがずっとコンパクトですね。

パパーマンは、このUJack(ユージャック) テーブルランタンスタンドをとても気に入っています。だけど、決しておすすめするわではありません。そう書くと、なんだかわかりにくくて申し訳けないのですが、詳しくは続きを読んでみてください。

UJack(ユージャック) テーブルランタンスタンド08
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

燃えよガスランタン! フロンティアPZランタンのマントル空焼き

はじめにPZランタンに点火する前にやっておく儀式


前回 やっぱりガスランタンが好き! コールマン フロンティアPZランタン の記事では最近使い始めたコールマン フロンティアPZランタンの購入までの経緯と仕様の紹介をしましたが、今回は実際にランタンに点火するまでを見ていきたいと思います。

ガスランタンを使う前に、まずはマントル空焼きが必要ですね。パパーマンがマントル空焼きするのは7、8年ぶりになると思いますが、(笑)きっと大丈夫のはずです。それではやってみましょう。

フロンティア PZランタン 17
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

やっぱりガスランタンが好き! コールマン フロンティアPZランタン

今年の冬キャンプを乗り切るために購入したガスランタンフロンティアPZランタンです


今回は、最近使い始めたコールマンのフロンティア PZランタンを紹介します。

少し昔になりますがGENTOSのエクスプローラーEX-777XPにはじまるLEDランタンがキャンプの灯りとして台頭してからというもの、今ではキャンプの灯りはLEDが標準になりつつあるくらいの勢いを感じます。確かにLEDはテント内でも安全に使えるし、手軽に扱える上に明るいのがいいところです。でもパパーマンはソロキャンプに通っていますが、キャンプの夜にはLEDの便利さよりもガスランタンの暖かくて癒される灯りを選びたいと思うのですよ。

燃料系ランタンの中でもガスランタンは扱い方がとても楽なところが気に入っています。ところが冬になるとレギュラーガスはガスの気化熱でガス缶が冷たくなり気化が進まずに照度が落ちるのです。これがドロップダウンという現象で、ガスランタンの唯一の弱点ですね。

そこでこのドロップダウン対策をいろいろ考えていましたが、寒冷地用のCB缶を使うことを考えました。寒冷地用のガス缶はレギュラーガス缶と比べ価格が高いので、なんとかガスを節約できないものかとソロキャンプ用に小さなランタンを探すことにしました。もちろんホヤがフロストであることは重要です。いくら明るくても目に刺さるような眩しい灯りは苦手ですから。

プリムスはパパーマンが好きなメーカーなので 昔からあるIP-2245A-S ランタンを候補として考えましたが、このランタンは小型なのに価格が1万円超えと高価なので直ぐにあきらめました。こんなの買ったら怒られそうですから。(笑)

もっとお値打ちなガスランタンが無いかと探していて見つけたのがコールマンのフロンティア PZランタン。このランタンは実売で4000円を切るありがたいランタンです。コールマンといえば、もともとランタンメーカーなので結構いいランタンじゃないかと思い購入に至りました。

フロンティア PZランタン 00

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

UCO キャンドリア用のキャンドル代用品はこれに決定

ローソクのサイズを小さくして再チャレンジ


パパーマンのソロキャンプでは、かかせない存在になったUCOキャンドリア。このキャンドルをUCOの純正キャンドルではなく、比較的価格の安い神仏用のローソクで代用しようという試みが失敗したことについては、前回記事に書きました。

UCO キャンドリア用のローソク代替品を考えた-失敗編-

今回はこれに懲りず、ふたたびローソクの代替にチャレンジした結果について報告します。前回は60号のサイズのローソクを購入し、太すぎてキャンドリアのキャンドルカバーに納まらず失敗しましたが、今回使用したローソクは50号です。


UCOキャンドル代替ローソク50号01
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。