カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「粕川A.C.(2016年)7-9月 」カテゴリ記事一覧


粕川オートキャンプ場 テントと赤い花

粕川オートキャンプ場の夜明け前


前回の記事

粕川オートキャンプ場 しらす卵かけご飯をおかわり! の続きです。

9月25日(日)の朝です。5時少し過ぎに目が覚めました。

昨晩は気温が高くもなく低くもなくて、過ごしやすい気温だったせいか良く眠れましたよ。パパーマンはキャンプに来て、夜よく眠れることがめったにないのですが、これは良い季節になってきたということでしょうか。

テントの外が明るくなってきたのに気付き、外に出てみると東の空がうっすらと光っていました。でも空にはまだ雲がたくさんあって、今日は本当に晴れるのか疑わしく思いました。

「今日は、晴れてほしいのだけど。」

朝早く目が覚めたせいか、すごい勢いでお腹が空いてきました。

粕川27_夜明け前


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 しらす卵かけご飯をおかわり!


前回の記事

粕川オートキャンプ場 ご飯が炊けるのを待つ時間 の続きです。

9月24日(土)、夜の8時半になりました。

「つや姫」がやっと炊けました。さっそくいただきます。食べてみると、ちょっとやわらかめでした。家の炊飯器で炊いた時は、もっと柔らかかったので、そんなお米なのかもしれません。

準備してきた「しらす」と「生卵」をかけて、しらすたまごかけご飯にしました。これ、最高です。凝ったアウトドア料理よりも、こういう食べ物が美味しいですね。

こんな料理を考えた日本人は偉いと思いながら・・・続けてシェラカプに4杯くらい食べました。(笑)

ところで岡山で育ったパパーマンは、しらすというものを知りませんでした。こういうのは、全部ちりめんじゃこと呼んでいましたね。しらすを知ったのは東京で就職してからです。それまでちりめんじゃこと呼んでいた物の中で、しらすやわらかいちりめんじゃこのことなんだと知りましたよ。

粕川27_しらすごはん


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 ご飯が炊けるのを待つ時間

今晩のお米に山形の「つや姫」を持ってきましたよ


前回の記事

粕川オートキャンプ場 こんな日は薬草風呂に入りたい の続きです。

9月24日(土)の19時少し前に、粕川オートキャンプ場に戻ってきました。

外はすっかり暗くなってしまいましたが、お風呂ですっきりしたパパーマンは元気になりました。(笑)

早速、地面にパイルドライバーをつきさし、ガスランタンを吊り下げて灯した後で、テーブルの上にガスコンロやジャグ、キャンドルランタン、etcの道具一式を並べ、にんまりとしながらも今夜の屋台の開店を急ぎます。

今晩のご飯は、以前に紹介したこともあるCOCOME(ここめ)ですよ。アマゾンで購入して持ってきました。

キャンプにちょうどいいサイズの無洗米パック cocome ←参考までに!

買ったお米は山形の「つや姫」というブランドです。本当は「森のくまさん」というのを食べてみたかったのですが、ちょうど売れ切れだったので、今回は「つや姫」にしました。

COCOMEは1袋でちょうど2合です。メタボ指導を受けているパパーマンですが、これを一晩で食べちゃいたいと思います。(←アホです。)

粕川27_つや姫

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 こんな日は薬草風呂に入りたい

そろそろ雨が降ってくる予感がする


前回の記事

粕川オートキャンプ場 ソロキャンプに新しくレクタタープを投入した の続きです。

9月24日(土)の16時頃のお話しです。

やっと新品のレクタタープを張ったところで、早速雨が降りそうな雰囲気になってきました。写真は山の方を見たところです。山の上は今、間違いなく雨が降っていますよね。

今日は雨に降られる覚悟でやってきたのですが、できれば雨には降られたくはないものです。タープが新品だし、おまけに素材がコットンなので、・・・カビが生えそうだわ。

それにしても湿度が高いせいで、少しでも動けば汗をじっとりとかいて不快です。大きな台風が過ぎたので、カラッと晴れてほしいものです。本当は秋晴れの空の下で、気持ちの良いキャンプをしたいですよ。

粕川27_雨が降りそう


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 ソロキャンプに新しくレクタタープを投入した

久しぶりの泊まりのソロキャンプです


9月24日(土)、25日(日)の一泊二日で岐阜県揖斐川町にある粕川オートキャン場にソロキャンプに行ってきました。前回、粕川オートキャンプ場に泊まったのが8月20日でしたので、今回は約1か月ぶりの泊まりキャンプです。

最近は、台風が過ぎた後もずっと天気が悪い日が続いていました。そんな土曜日の天気予報は曇り時々雨と、いまひとつのコンディションでした。でも日曜日は晴れそうなので迷わず出発することにしました。

買い物をして午後2時に粕川に到着。本日の粕川オートキャンプ場はというと、もう夏が終わった雰囲気でしたね。すっかり気温が低くなっていたので、もう川遊びをする人はほとんどいませんでした。そんなわけで河原に降りられる良い位置に、難なく車を停めることできました。

今回のソロキャンプでは新しいタープを張ることに決めていました。新しいタープはテンマクデザイン Takibi-Tarp Cotton SOLO Rectaです。ずっと前から張るのを楽しみにしていたソロ用のタープです。

使用するメインポールの2本ですが、これまで使っていたモンベルのシルバーと、エリッゼの赤いポールを180cmの長さに調整して使うことにしました。さすがに、もともとは240cmクラスのポールなので、短くして使うと頼もしい感じがしますね。

粕川27_タープポール


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 シオカラトンボと飛び込み大会

シオカラトンボはみんな男の子なんだ


前回の記事

粕川オートキャンプ場 擬態するショウリョウバッタ の続きです。

大多数の方がいちばん最初に覚えるトンボの名前といったら、オニヤンマ、赤トンボ、そしてシオカラトンボの3つだと思います。ここ粕川オートキャンプ場にも、この3種類のトンボが飛んでいますよ。赤トンボは、どこに行っても一番たくさん飛んでいて、シオカラトンボは少数派のようですね。

「とんぼのめがね」という童謡の歌詞には、「とんぼのめがねは水色眼鏡・・・」という部分がありますが、シオカラトンボの眼は、下の写真の様によく見ると水色ですよね。実はシオカラトンボは、この童謡のモデルになっていると言われています。

シオカラトンボというと写真の様に白い粉をふいたような青いトンボのことですが、実はこの色をしているのはオスだけです。メスはムギワラトンボと呼ばれていて、その名の通り麦ワラの様な色をしていますよ。気になるシオカラトンボという名前ですが、調べたところシオカラトンボのシオカラは、やはり「塩辛」からきているようです。確かに体が白い粉っぽいところは塩を連想しますが、この場合は何を塩漬にしたのでしょうか。まぁ、イカの塩辛のイメージとは似ていませんよね。

パパーマンは子供の頃に、このシオカラトンボが赤トンボを食べている現場を見つけて、「シオカラトンボは赤トンボと仲良しじゃなかったのか・・・」って、とてもショックを受けた覚えがあります。それ以来、シオカラトンボって同じくらいの大きさの赤トンボまで食べる獰猛なヤツだなって思うようになりましたよ。でもトンボって、そもそもヤゴの頃から肉食昆虫なのですよね。

粕川26_シオカラトンボ

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 擬態するショウリョウバッタ

子供にもつかまえやすいショウリョウバッタのお話し


前回の記事

粕川オートキャンプ場 天気予報では小雨だったが出発 の続きです。

9月4日(日) 岐阜県にある粕川オートキャンプ場の午後から。

パパーマンは小さいころ、昆虫を捕まえるのが日課でした。家の前には公園があっていつも遊んでいたのですが、この公園にはいろんな虫が住んでいるのです。虫を見つけると、網を持って走って追いかけては捕まえていたものです。そんな昆虫の中で一番つかまえやすかったのが、比較的よく見かけるショウリョウバッタだったのではないかと思います。

トノサマバッタなどは、近づくと結構な距離を飛んで逃げてしまいます。それに対してこのショウリョウバッタは、飛ぶに飛びますが短い距離なので、子供でも追いかけるのが楽なのですね。

ショウリョウバッタを漢字で書くと、精霊(しょうりょう)蝗虫(ばった)です。これにはお盆のころに姿を見せて、精霊流しの精霊船の形に似た体をしていることからついた名前だという説がある様です。精霊船とは思いつきませんでしたが、ショウリョウバッタは尖った頭と2本の太い触覚が特徴的なバッタですよね。あの形が船首に似ているのかと想像しました。

小さいころ、このバッタをつかまえて両足だけを持ってやると、足を動かして何回もくりかえし体をタテにふるので「おじぎバッタ」とか呼んでいたように記憶しています。

下の写真は、ショウリョウバッタを見つけたので写真に撮ったものです。こうしてみると、まわりの草に色や形がよく似ていますよね。パパーマンは昆虫のこうした精巧な擬態を図鑑などで見て、昔からとても不思議に思っていました。何だか神サマが設計したのじゃないかと思ってしまうほど、ほんとに細部まで草や葉っぱにそっくりなのですよね。

バッタの場合は鳥に食べられないように擬態をしているので、鳥の目をごまかさなければいけません。でも鳥の目は高性能で、こうした神業の様な虫の擬態でも、ほとんど見破ることが出来ると本で読んだことがあります。これを知った時は、また驚きました。では虫さんは、いったい何のために擬態をしているのかと思っちゃいましたね。

粕川26_バッタ


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

粕川オートキャンプ場 天気予報では小雨だったが出発

今日は本当に雨が降るのか雨雲レーダーで調べてみた


2016年9月4日(日)に岐阜県の揖斐川町にある粕川オートキャンプ場へデイキャンプに行ってきました。

天気予報をみると、今日は九州に接近している台風がもうすぐ上陸するということで、これから天気は下り坂になるとのことでした。またその影響なのか、朝から地元の天気予報は一日中小雨で、夕方には雷をともなう雨も降るとの状況です。ところが、自宅付近は曇り空にはなっているけど、昼になっても一向に小雨は降りませんでした。

今週はキャンプ場にどうしても行きたい気分のパパーマンでしたので、時間がたつにつれ、「今日の天気予報は外れじゃないか?」という思いが強くなってきました。そこで降水確率だけじゃなくて、YAHOO天気の雨雲レーダーで雲の動きを見てみることに。すると粕川オートキャンプ場の上には雨雲が無いことがわかり、午後12時過ぎになってやっと出発する決心をしました。

天気を気にしながら粕川へ向かって運転をしていましたが、キャンプ場に近づくにつれて天気はどんどん良くなり、青空も見えてくるようになりました。そしてキャンプ場に着くと、下の写真の様に良いお天気でした。今日の判断は正解だったようですね。

粕川26_目の前が川
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。