カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「焚火道具(ファイヤースタンド) 」カテゴリ記事一覧


キャンプの焚き火着火用ライターの新定番503トーチを使う

キャンプでは強風でも消えにくい503トーチが使いやすい


今回はキャンプで着火する時に使っている503トーチを紹介します。

アウトドアで使うライターとしては、普通のライターよりも炎がバーナーの様になるトーチタイプの方が強風に強いので、使い勝手が断然良いと思います。このトーチタイプのライターとして、既にキャンプ用品では定番商品になっているのがSOTOのスライドガストーチですね。

関連記事:ソト(SOTO) スライドガストーチで焚火の着火

パパーマンはSOTOのスライドガストーチをずっと使って来たのですが、ついにどこかで無くしてしまいました。(笑) やはり失くしたときはショックでしたね。

SOTOのスライドガストーチはかなり使い勝手が良くて気に入っていたことから再購入しようかと思ったのですが、1500円を超える価格に迷いが生じてしまい、それならばとトーチタイプのライターとして使えそうで価格の安い503トーチを購入することにしました。

下の写真は503トーチを点火したものです。思った通り、この炎は風にも強くてSOTOのスライドガストーチの様に使えました。

ペンシルトーチ01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キャンプの焚き火に携行したいシルキー ポケットボーイ

焚火用にノコギリを用意するならシルキー ポケットボーイがいい


今回は焚き火用のノコギリとして、シルキー ポケットボーイ の紹介をします。
キャンプで焚火をするときに、あると便利なのがノコギリです。現地で薪を集めたり(勝手に木を切り出してはいけません)、大きな薪を小さく切断したいときに使います。

ところでノコギリとナタとはどちらが焚火の時に役に立つかと言われれば、パパーマンはそれはナタだと答えますが、ノコギリは折りたたむととてもコンパクトになるので、常に携行しても損はない道具だと思います。

パパーマンが、選んだのはシルキー ポケットボーイ の万能目 170mmです。このシルキーポケットボーイですが切れ味が良いことで、結構有名なノコギリです。刃渡りの違いによって130mm、170mm、210mmと3種類のラインナップがありますが、購入した170mmのサイズは、ちょうどホームセンターなどで売られいる薪を切るの目的には良いサイズだと思います。


シルキー ポケットボーイ 万能目 170mm 05
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

中華製焚き火台 メッシュ ファイアースタンドの実力は?

キャンプの夜の楽しみといえば焚き火でしょう


まだ5月なのにラジオの天気予報を聞いていると、「今日は真夏日になるでしょう。」とか言っているものですから、今年の夏はどこまで暑くなるのか少し心配なパパーマンです。

でも暑くなってくると、今年もいよいよ本格的なキャンプシーズンがやってきたのか?と思うのですが、(←単純)キャンプの夜の楽しみといえば、やはり星空観察と焚き火です。

という訳で、

みなさん焚火台の準備は出来ているでしょうか。(←いつもより強引な展開です。)


パパーマン、実は今年のGWのキャンプの間に焚火台を購入したのですよ。

それも中華製です。

中華製といえば、品質とか性能とか大丈夫なのか気になりますよね。そこで今回のタイトルは、「中華製焚き火台・・・の実力は?」なのですが、初めからこんなに良く燃えている焚火台の写真を貼ると記事を書く前から、

実力十分ってことがわかってしまうかも。(笑)


お求めやすい価格の焚火台をお探しの方は、ぜひこの続きも読んでいってください。

パパーマンが人柱になった?中華製焚火台の紹介です。


ファイヤースタンド11


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユニフレームのネイチャーストーブは実用的だったか

風の力を利用するネイチャーストーブを使ってみた


最近、2次燃焼をさせるソロストーブ(solo stove)が流行っていているようです。

小枝を燃やしても煙が出させない燃焼技術は、ネイチャーストーブ系の

革新的な進化だと思いますが、最近では中華製の模倣品がネットで出回るようになり

全体的に価格も下がってきているので、模倣品なら比較的手に入れやすい状況です。


本能:「あぁ、流行りのsolo stove、とても欲しいのだけど。」

理性:「あなたはよく似ている道具を過去に手にしたはずではないか。」

本能:「あれは、小枝をたくさん集めるのが大変で、結局使えなかったんだ。」

理性:「もう一度、使ってみてから考えてはどうかな。」

本能:「・・・・・・。」


パパーマンが思い出したのは、ユニフレームネイチャーストーブという道具です。

もう買って10年以上経っていますが、購入当初に2、3回くらい使っただけで

それからは、ほとんど使用していません。

そこで、このネイチャーストーブを、もう一度引っ張り出してきて

再評価してみることにしました。

ネイチャーストーブ06


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

焚き火の前に鉈(ナタ)でマキ割り

マキ割りをなぜやるのか


今年も寒くなってキャンプで焚火を楽しむ季節になりましたが、焚火のマキ割りで使用しているパパーマンお気に入りのナタ)を紹介します。

焚き火では、いつもホームセンターで買ってきたマキを使用しています。買うのは一番値段の安いヒノキのマキで、近くのお店では一束380円で売っているものです。

針葉樹のヒノキは比較的燃えやすい木材なのですが、買ってきた太い薪をそのまま焚火に使うと芯が焼け残ってしまうことがあります。そこで薪割りをして木を細くしてやると燃えやすくなるので当然焚き火の火力も強くなるし、焚火が終わったらきれいに灰になってくれるのであと片付けも楽になります。

そんなわけで少し面倒な作業ではありますが、パパーマンは焚き火前に薪割りをすることにしています。

ナタ00

上の写真のナタは1年ほど使っています。なかなか使い心地が良くて気に入っていますよ。

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ソト(SOTO) スライドガストーチで焚火の着火

焚火の着火に失敗しないために


ファミリーキャンプで焚火をすることになったら、お父さんは、まず焚火台の上に買ったばかりの薪を組みあげ新聞紙を丸めてその下に入れます。それから次にライターで新聞紙に着火しますよね。

そういう時に普通のライターだと風が吹いていて火がつかなかったり、新聞紙についた火が消えてしまうと子供は、

「なんだ、お父さん。」とがっかりしてしまうかもしれません。というのも、

火をつけるその瞬間が、その一日のキャンプの中でお父さんが一番注目される瞬間

だからです。

ソト(SOTO) スライドガストーチ00

というのは全てパパーマンの経験なのですが(笑)。

同じような経験のある方や着火に失敗しないようにと思った方は、耐風性能の高いこのスライドガストーチがあれば着火の成功率が上がるはずですよ。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ソロにぴったりサイズの焚き火台 ノースイーグル 折りたたみ串焼きBBQII

ソロにはいつもより小さい折りたたみ串焼きBBQ II


ソロキャンプではファミリーキャンプで使っている焚き火台より一回り小さい焚き火の方が絵になっていいなと思います。

パパーマンはソロキャンプにはNorth Eagle(ノースイーグル) 折りたたみ串焼きBBQ II NE1410を使っています。コストパフォーマンスはなかなか高い商品です。これは炭火焼などをするグリルなのですが、パパーマンは焚き火台として使っています。特にロースタイルのソロキャンプには製品の足が高くこともあり、ちょうどいい道具だと思います。

この折りたたみ串焼きBBQ IIをグリルとして使うなら、ユニフレームのユニセラⅢと同じくらいのサイズになのでファミリーキャンプでも十分な大きさです。焚火台として使うなら、ソロキャンプにちょうどいいサイズですね。

それに折りたたみ串焼きBBQ IIは低価格で、とてもコストパフォーマンスの良い製品ですよ。

今回は、このNorth Eagle(ノースイーグル) 折りたたみ串焼きBBQ II を紹介しますね。

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。