カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「網焼き器(グリル) 」カテゴリ記事一覧


スモークレス焼肉グリルやきまるでホルモンを焼いても炎がつかないか

煙の少ないイワタニやきまるのおさらいです


今回はイワタニのスモークレス焼き肉グリルやきまるを使って焼き肉をすると、炎が本当に上がらないか確認した結果をお話しします。

さて、まずはやきまるについて簡単に説明します。イワタニのスモークレス焼き肉グリルやきまる特長は、なんといっても煙が出にくいことです。パパーマンもこのやきまるを何回か使ってみましたが、煙が出ないというポイントについてはかなりのところまで達成できているのではないかと感じています。

やきまるを使うと煙が出にくいのは、プレートの表面温度を210~250℃にコントロールすることで、脂が煙になるのを防止していることに加えて、プレートのスリット穴から下にためてある水の上に脂を脂のまま落として回収してしまうからです。

もう少しこのイワタニのやきまるについて知りたい方は、以前ご紹介した記事があるので参考にして下さいね。



パパーマンは、キャンプでもシェルターの中や2ルームテントの前室などで焼き肉をするときなど、このやきまるを使えば先ほどの煙が出にくいという点に加え、炎も出にくいので安全上の観点からもいいのではないかと思うのです。(もちろん、テント内での火器使用は自己責任でお願いします。換気には十分気をつけてください。)

というのもユニフレームのユニセラだとかイワタニの炉端大将と比べ、イワタニのやきまるは煙が出にくいことから、そもそも火がつきにくいシステムになっているからです。さて、本当にやきまるを使うと火が出ないか実際に焼き肉をして確認してみましょう。

やきまるのテスト06


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イワタニ スモークレス焼肉グリルやきまる アウトドアで焼き肉を

今回はイワタニスモークレス焼肉グリルやきまるを紹介します。

今年のお花見で初めて使ったイワタニの”やきまる”ですが、このやきまるは昨年発売されたばかりの人気の焼き肉グリルです。パパーマン家には旧式のイワタニ炉端大将があって、屋外で手軽に焼き肉をしたい時にはこの炉端大将を使っていたのですが、つい先日壊れて使えなくなってしまいました。

そこでグリルの買い替えを考えたのです。炭を燃料に使う本格的なグリルもいいのですが、お花見などで炭をおこす時間を省きたい時にはやはりカセットガスタイプのグリルが準備が簡単なので便利に使えます。最初は最新型の炉端大将の購入を考えましたが、これまで使ってきて脂の多い豚肉やホルモンを焼くと大量の煙が出るのが気になっていたこともあり思いとどまりました。

完全にオープンな屋外で焼き肉をすれば煙の心配なんてすることもないのですが、キャンプではシェルターの中やツールームテントのリビングの空間で焼き肉をする機会もパパーマン家では実際は多くて、そうした場合は十分に換気しているつもりでも、煙がシェルター内に充満してしまうので困っていました。(テント内の火気使用は自己責任で。)

もう一つ、炉端大将を使うと肉にすぐ火がついてしまうのにも閉口していました。せっかくの肉なのに火がついて丸コゲになってしまうこともしばしばです。やきまるは鉄板の温度をおさえて焼くのが売り文句のようなので、この点も改善されているのではないかと思い購入に至りました。

焼きまる01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ロゴス ピラミッドグリルコンパクトのロストルを紛失その後

ピラミッドグリルコンパクトロストル無しでは使えない


この土日は久しぶりにいい天気でしたね。週末キャンプに出かけた方も多かったのではないでしょうか。パパーマン家では、小学校最後のあっくんの運動会が無事終わりました。ミッチーの両親も応援に来てくれて、とてもいい思い出になりました。

さて、今回は少し前に紛失してしまったロゴスピラミッドグリルコンパクトロストルのその後について書きます。
パパーマンは、ピラミッドグリルコンパクトをソロキャンプで愛用していていたのですよ。これは、とても小さくて可愛いグリルなので、ソロやデュオキャンプで使うとぴったりなサイズだと思います。このピラミッドグリルを使って焼く焼き鳥が好きだったのですが、肝心のロストルをどこかで失くしてしまい、ずっと使えない状態になっていました。

ロストルというのは炭を受ける網状の金物なのですが、網状になっていることで下から燃焼空気を取り込めるようになっています。ピラミッドグリルコンパクトの構造については、下の記事を参考にしてください。

ソロキャンプで炭火焼 ロゴスピラミッドグリル・コンパクトの組立

そんなわけでして、下の写真がロストルを失ったピラミッドグリルコンパクトのどうしようもない図です。ロストルを失くしたからといって、他のグリルを新しく買う気にはなれないパパーマンですが、問題はロストルだけが手に入るかです。

ロストルが無くなったピラミッドグリルコンパクト01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユニフレーム「森の着火剤」を使ってユニセラで炭をおこしてみる

ユニフレームには自社ブランドの森の着火剤があった


しばらく前に作った、このブログの記事を読みかえすたびに

気になるところが多いパパーマンです。

ユニフレームのHPで、ユニセラ TG-IIIの製品紹介のページを見ていると

炭への着火もラクラク
炭を入れてロストルで着火剤に着火して差し込むだけ。
※岩手切炭のご使用を推奨します。備長炭には着火しません。

と下の写真の様な着火方法が紹介されています。

これについて以前、ユニフレームのユニセラTGで炭をおこす方法の記事で

この方法では、風が吹くと火が真上に上がらないのでうまく火がつかないと書きました。


この時、パパーマンが使用したのは

ホームセンターや百均ショップで良く売られている固形着火剤でした。

そして後で気がついたのですが、ユニフレームユニセラTG-Ⅲのページにある写真をよく見ると

森の着火剤という、ユニフレームで作っている商品だったのです。

ここで、自然と疑問が浮かび上がります。


この着火材を使うと、結果が変わるのでしょうか?


そこで、この森の着火剤を使用すれば、

ロストルの上で火をつけるだけで炭がおきるのか、もう一度試してみることにしました。

ユニセラ11


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

BBQでオガ備長炭の火おこしに挑戦

パパーマンとオガ備長炭の戦いの経緯


今回のBBQで使用するのはオガ備長炭です。

これは、なかなか手ごわい炭なのですよ。オガ備長炭というのはホームセンターにもたいてい売られている炭で、特徴としてはチクワみたいに真ん中に穴があいている炭です。おそらく、みなさんも一度クリアは見かけたことがあるのではないかと思います。

というわけで、けして珍しい炭では無いのですが、このオガ備長炭の最大の弱点はとても火がつきにくいことなのです。

パパーマン家が、このオガ備長炭を購入したのは4、5年前のことです。それから何回か火おこしに挑戦しましたが、うまく着火しなかったり、「おおっ着火した!」と思っても、使っているとすぐ消えてしまったりするので手の打ちようがなく毎回挫折しました。

使えないので捨ててやろうかと思いましたが、それも惜しい(くやしい)のでとりあえず倉庫にずっとしまっていました。最近は炭おこしの腕が昔より上がったと実感しているので、このオガ備長炭を火おこしして今回はBBQに再挑戦したいと思います。

備長炭01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

100均の使える道具 焼き網・鉄板クリーナー

100均でBBQ後の焼き網清掃グッズを見つけた

BBQ後の焼き網や鉄板を掃除するための道具を紹介します。

これは先日、ピラミッドグリル・コンパクトでBBQをする前に、

100均のお店”seria”で購入したものです。

下の写真が、そのクリーナです。

写真の通り、金ブラシと先端に鉄板用のスクレーパーがついています。

一度使用してみましたが、100均といえど十分に使用に耐えうるものでした。

けして使い捨てではありませんよ。


焼き網の清掃道具ですが、よくある亀の子タワシでは、

いくらこすっても、ガンコな汚れの部分が落ちなかったりするので

この手の金属製ブラシは一つ持っておくと便利です。

100均アミ用ブラシ02
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

BBQ後の掃除が簡単になる厚手のアルミホイルを使ってみた

BBQ後の掃除簡単にするアイテムを購入

屋外で活動するのが、とてもすがすがしい季節になりました。

BBQをやるなら、やっぱりこの季節はいいですよね。

今回は、炭火を使ってBBQをやった後で

掃除が楽になるという厚手アルミホイル紹介です。

タケダコーポレーションマルチホイル9続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ソロキャンプ用のロゴスピラミッドグリル・コンパクトでBBQ

前回の記事

ソロキャンプで炭火焼 ロゴスピラミッドグリル・コンパクトの組立

に続き、

今回は実際にベランダで、ロゴスピラミッドグリル・コンパクトを用いて一人BBQを行ってみます。

ピラミッドグリルコンパクト25

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

イワタニ カセットガス スモークレス焼肉グリル やきまる
鉄板の表面温度を一定にして、脂が煙になるのを抑制するカセットガスコンロ
煙がでにくいので、アウトドアでも周りが囲まれた空間で使う時に便利なんです

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) CF アジャスタブルテーブルS
買ったばっかりですが、このテーブルはとにかく格好いい!プリムスの本気を感じます

Rockpals ポータブル電源
電源の無いキャンプ場で扇風機を使うために買いました AC/DC/USB給電可能で使いやすいですよ

トップランド(TOPLAND) どこでもファン
上のポータブル電源とセットで使っています DCモーター搭載で省電力+ボックス型で収納しやすいのがポイントです ファンは18cmで一人用扇風機としては十分な風量 パパーマンは木目調を買いました

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。