カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


UJack(ユージャック)のVHH(VeryHeavyHammer)ハンマーは漢のペグハンマー

2代目ペグハンマーは四角いヘッドでいこう!


今回は、UJack(ユージャック)の 鋳鉄ペグハンマー VHH (VeryHeavyHammer)の紹介です。

初代ペグハンマーが壊れてから、しばらくホームセンターで購入した石頭ハンマーを使用していたのですが、ついに2代目のペグハンマーを購入しました。2本目のペグハンマーですから、少し変わったペグハンマーが欲しくなり、ここまでいろいろ物色していましたよ。(笑)

ある日、コールマンのスチールヘッドハンマーⅡを見た時に、「おおっ、これは格好いいぞ。」と思ったのです。

これまでのペグハンマーのスタンダードは間違いなくスノーピークのペグハンマーPRO.Cだと思います。ですので中華製ハンマーを含め、これまでたくさんのペグハンマーがこのスノーピークに似た形状のハンマーを商品化しています。ところがですね、スチールヘッドハンマ―は四角いヘッド形状でして、これを見た時にゴツくて武骨なデザインが格好いいと思ったのです。

それにヘッド部分に銅や真鍮の様なものをつけず、シンプルにスチールだけにして「スチールヘッドハンマー」という商品名にしてしまったところが潔くて、さすがコールマンだと思いました。もちろんスノーピークに真似されたと思われたく無かった部分もあったのでしょう。



四角いヘッド形状に強い印象を感じたパパーマン、そこからまたペグハンマー探しがはじまりました。四角いヘッドのハンマーも探せばいくつかあるものです。そんな中でこれだと思ったのがUjackのVHHハンマー(VeryHeavyHammer)という商品でした。

なにせ、重量がおよそ850gの超重量級ハンマー(名前のとおり、ベリーヘヴィーハンマー)なのです。重量級といわれているコールマンのスチールヘッドハンマーⅡでも重量が700gですから、この150gの差は相当大きいはずです。パパーマンは、もっと重い石頭ハンマーをペグハンマーとしてしばらく使って慣れていましたから、ハンマーにはこのくらいの重量が無いと物足りないかもしれないとも思ったのですよ。

Ujack-VHH01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キャンプにはペグハンマーが必要だという幻想

石頭ハンマーはホームセンターで売っている


パパーマンが長年使用してきたペグハンマーが突然逝ってしまってから、ペグ打ちの時には石頭ハンマーという道具を代わりに使っています。どうでもいいですが、この石頭ハンマーの石頭は「せっとう」と読みます。そしてこれが、結構役に立つ代物なのですよ。



パパーマンはこの石頭ハンマーを、近所のホームセンターで購入しました。値段は確か1000円もしなかったと思いますよ。とにかく重さのわりにかなり安いです。(笑)その時はハンモックスタンドを固定するために鉄製の長い杭をガンガン地面に打ち込む必要があって、それまで使っていたキャンプ用のペグハンマーではヘッドが軽く頼りなく感じ、重いヘッドのハンマーを探していたのです。

石頭ハンマー

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

テントのガイロープをもっと目立つように交換した

ガイロープを交換することに決めたきかっけ


今回は、パパーマンが今年になって使っているユニフレームのユニツアー3のガイロープ(張り綱)を交換したという話です。

ガイロープを交換した理由ですが、けして緑色のテントにオレンジのガイロープの組み合わせが、ロゴスのテントみたいだからということではありません。(笑)ユニツアー3を使うようになって気になったのが、テントの近くを歩かれる方がガイロープに足をひっかけてしまうことが多いということです。

テントの中にいると、足をかけた瞬間にテント全体に衝撃が走るのでまず自分が驚きますし、足をひっけた方がけがをするかもしれません。特に足をかけるのは子供が圧倒的に多いので危ないのです。ですので出来るだけ足をかけないように何か対策をしたいと考えたのです。

ちなみに、その前に使っていたテントはモンベルのムーンライト5なのですが、このテントはガイロープをいっさい使わない優秀なテントなので、今回のようなことをまったく考えたことがありませんでした。ところがユニツアー3はテント本体にガイロープを6本、ひさしの部分に2本、合計で8本のガイロープを使うことになるのですよ。

それから足をひっかける事象が多い時間帯ですが、ガイロープが見えなくなってしまう夜になってからよりも、むしろ人が活動している昼間の方が多いのです。

ガイロープ交換06

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コールマン ポールエンドストッパーでテントのひさしを固定する

コールマンポールエンドストッパーを購入した理由


今回は、最近使っているコールマンポールエンドストッパーについて、ご紹介します。

ポールエンドストッパーという商品があるのは、以前より知っていたのですが、その必要性が最近まであまり感じられず、興味がなかったパパーマンです。ところがソロキャンプでオープンタープを張るときに、ポールエンドストッパーがあれば便利だなと初めて思ったのです。

ソロキャンプでは何でも1人で作業をしなければならないのですが、これはタープを張る時も同様です。タープを張る作業は、まず初めにセンターの2本のポール先端にタープ端とガイロープの輪をはめ込んだ状態のまま、ヨイショとポールを立ち上げるのですが、1人作業だとペグダウンするまでタープにテンションを常にかけておくことが難しくて、タープがゆるむことによって、せっかくはめ込んだガイロープがポロリと外れてしまうことが高い確率でありました。

そんな時にはポールエンドストッパーを装着してやれば、テンションがゆるんでもガイロープが外れることが一切無くなります。

コールマン ポールエンドストッパー04
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

使い込んだペグハンマーがついに壊れる

ビジョンピークスペグハンマーのヘッドがとれた


パパーマンがずっと使い続けてきたビジョンピークス製のペグハンマーは、このところヘッドにガタがきていて満身創痍の状態だったのですが、先週のキャンプでいつもの様に鍛造ペグをガシガシと地面に打ち込んでいたところ、ついにヘッド部分がポロリと外れてしまいました。

このペグハンマーについて書いた過去の記事です。



今回は、もう寿命だと思うのです。長年愛用してきたので、とっくに元は取った感はあります。なので思い残すことはありませんよ。

ハンマーのメーカーによって壊れ方は当然違うとは思いますが、似たような「なんちゃってペグハンマー」をお使いの方へ、ご参考までに壊れたハンマーを観察してみましょう。

壊れたペグハンマー01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キャンプでテントのひさしを少しだけ開けたい時に使えるフック付きゴムバンド

テント内のプライバシー保護のためにひさしを少しだけ開ける時の工夫


ゴールデンウィークのキャンプのお話の途中ですが、このへんでキャンプ道具のお話を。今回はテントひさしを少しだけ開けるときの工夫です。

テントひさしを開けてテント内に風を入れたいけど、ひさしを全開にすると雨が降りこんできてしまったり、テントの中が丸見えになったりするのでテントひさしを少しだけ開けたい時があるかと思います。こんな時にテントに付属のガイロープを短くして使ってもいいのですが、簡単にひさしを少しだけ開けてやる方法があります。

下の写真はパパーマンが使用しているユニツアー3ですが、インナーテントの窓をメッシュにした時に、フライシートのひさしをあけてしまうと、インナーの中で寝ているのが丸見えになってしまうのです。そこで使っているのが黒いゴムバンドです。

ゴムフック01

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

最強のソロ用2ツームテント ユニフレームのユニツアー3

数量限定で再販された時に購入したユニフレームユニツアー3


今回はパパーマンが最近使っているソロキャンプ用テント、ユニフレームユニツアー3の紹介です。

このパパーマンの使っているユニツアー3は、2015年にはユニフレームの定番商品でした。ところがその後、廃番になってしまいました。それが2017年の2月に数量限定で再販されたモデルを購入したのです。

今回、ユニツアー3を紹介するものの、すでに売れ切れ間近なのかネットで探しても販売されているところはなかなか見つからない状況になっています。というわけで、この記事を書いても誰の役にも立たないと思われるため、なにをやっているのか自分でもよくわからない状況になっていますが(笑)、いつかまたこのユニツアー3が再販されることを祈りつつ、記事を書きすすめたいと思います。

ユニツアー3は、あまり例のないソロ&デュオ用に使える小型2ツームテントです。前室は十分広くて雨の日でも前室内で活動できるところが特徴です。ソロなら足をのばしてリラックスすることも可能なサイズですよ。居住性の良いテントですので、ご興味のある方は続きをご覧ください。

ユニツアー3_14

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

エリッゼステーク限定色購入時に気づいた詐欺に注意の話

エリッゼステーク限定色オレンジを購入した


少し前に購入した新幕のユニフレームのユニツアー3ですが、このテントは使用するペグの数が多くて、付属のアルミペグを手持ちの鍛造ペグであるエリッゼステークの28cmに置き換えようとしたところペグの本数が不足してしまいました。

そこで新たにエリッゼステークの28cmを買い足すことにしました。鍛造ペグについては、今ではいろんなメーカーが作るようになりましたが、パパーマンは長年の間エリッゼステークを気に入って使っていたので、今回もエリッゼステークを選ぶことに迷いはありませんでした。

エリッゼステークの良い点は断面が楕円形になっている効果で、スノーピークのソリッドステークと比べるとペグが地面から抜けにくい様に感じます。そういったところに安心感がありますね。一方のソリッドステークはというと、ハンマーで打ち込むと地面にグイグイと入っていく感触が気持ちいいのですが、その分抜けやすい様に感じます。

もしエリッゼステークが地面から抜けないときは、ペグのヘッドの穴部分にもう一本ペグを差し込んでくるくるとペグを回してやった後で引き抜くと容易に抜けます。これも楕円形の断面をもつエリッゼステークがよいと思うところですね。

さて、今回の購入にあたっては最近発売された限定色オレンジを選びました。まだ実際にキャンプ場で使用したことはないのですが、オレンジ色なら草むらの中でも目立つはずなので、抜くのを忘れてペグを失くしてしまうことも起きにくいのではないかと期待しています。

エリッゼステークの限定色についてはパパーマンが購入したオレンジのほかにも、現在はライトグリーンやパープルが販売されています。今がこれらの限定色を手に入れるチャンスなのです。

エリッゼステーク限定色02
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。