カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「収納/搬送 」カテゴリ記事一覧


もっとサイトを便利に!コールマン ハンギングチェーンを使いこなす工夫

ハンギングチェーンで自分のキャンプサイトを魅せよう


GWの前半戦のキャンプも終わり、ちょっと自宅で休憩中のパパーマンです。明日からお休みの方も多いと思いますが、みなさんは今年のGWの予定にキャンプが入っていらっしゃいますでしょうか。これから天気がいい日が続くので、ぜひお出かけされるといいと思いますよ。

さて今回は、キャンプサイトで道具の収納に便利なハンギングチェーンをご紹介します。

ハンギングチェーンですが、3年くらい前に登山で使うデイジーチェーンという道具をキャンプサイトで道具を吊るすために流用したのがはじまりだと記憶しています。ディジーチェーンは本格的な山道具なので高価だったこともあり、当時は自作される方も多かったのですが、今ではキャンプ道具を吊るすことが目的の”ハンギングチェーン”として価格も抑えられ、またサイトを飾るためにデザインも華やかなものに進化したものになっています。

下の写真は、パパーマンが使用しているコールマンハンギングチェーンです。コールマンハンギングチェーンには色がアクア(青色)とアプリコット(オレンジ)の2色がありますが、パパーマンはアプリコットを使っています。写真はユニツアー3の前室にシェラカップをずらっと並べて吊り下げているところです。

この場合、使用したシェラカップを炊事場で洗った後にハンギングチェーンにかけておいて、そのまま乾燥させことができますし、シェラカップを使いたくなったら、ハンギングチェーンから直接シェラカップをとることで収納の手間をかけずに済みます。

またハンギングチェーンにキャンプ道具を吊り下げることでサイトを個性的に印象づけることもできます。そしてこれはもっと大切なことですが、自分のお気に入りのキャンプ道具をならべると、それだけで自己満足が出来ます(笑)。

コールマン ハンギングチェーン01

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

熱い夏でも大丈夫 キャンプでの調味料収納方法を考える

家では冷蔵庫に入れている調味料をどうやって収納すれば良いか


みなさんは、キャンプ調味料を持って行くときの収納はどうされていますか。パパーマンは一時期、コールマンのスパイスボックスを使っていたことがあります。このスパイスボックスについては、過去に記事にしていましたね。

コールマンスパイスボックス 調味料の収納はこれ一つでOK

スパイスボックスの弱点は、夏場にしょう油やワサビ、マヨネーズなどの高温になるといたむ調味料を入れておけないことです。塩や胡椒だけならいいのですが、なかなかそうはいかないものです。

それから試行錯誤した結果、現在は下の写真のように100均で購入したプラスチック製の収納ボックスを使用しています。この収納ボックスは、現在使っているダイワの RX SU X 2600Xとの相性も良くて便利なアイテムとなっています。

というわけで、今回は調味料の収納方法についてご紹介します。

調味料入れ02


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コールマン(Coleman) アウトドアワゴンでフリーサイトに泊まろう

今回はコールマンアウトドアワゴンの紹介です。

キャンプ場でフリーサイトといえば、車の乗り入れが出来るオートサイトより格安なのがメリットです。でもその分、荷物の運搬をしなければいけませんね。そんな時、車からテントサイトまでのキャンプ道具の運搬が、どうしても億劫になってしまうものです。

パパーマンの場合は、特に夏場に重い荷物を持って何回も車とサイトの間を往復すると本当にまいってしまうことがあります。いくらキャンプが好きだといっても、ある一線を超えると、どうしてもやる気が半減しますよ。汗をかきながら道具を運んでいると、「何のために俺はキャンプをやっているか?」と頭の中でもう一人の自分が問いかけてきますから。(笑)

というわけで、車に満載したキャンプ道具の運搬を出来るだけ楽にすることが、フリーサイト利用するキャンプでのポイントになると思うのです。

愛知県に犬山公園という広いフリーサイトがあるキャンプ場があって、パパーマンは時々利用させてもらっています。ここでは良く折りたたみ式のキャリーカート(キャリアワゴン)を利用しているキャンパーさんを見かけるのです。犬山公園では最近、このカートを使うのが流行っている様に思えるのですよ。確かに子供を載せて運んでいる親子連れを見ると楽しそうですし、何よりも楽に荷物が運べて便利そうなのですよね。

そんな姿を羨ましく思いながら今まで指をくわえていたパパーマンですが、このたびコールマン(Coleman)のアウトドアワゴンを手に入れました。そして、このアウトドアワゴンを使うことで、今まであきらめていた駐車場とサイトが離れているキャンプ場も利用することが出来ると確信しましたよ。

それでは、このコールマンアウトドアワゴンについて詳しく紹介していきます。

気になる方は”続き”をどうぞ。


コールマン Coleman アウトドアワゴン01


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キャンプ道具箱は宝物入れ 野電とか便利グッズ編

軽自動車の荷室にぴったりサイズのNCボックス


前回の記事 キャンプ道具箱は宝物入れ キッチン収納編 の続きです。

パパーマンが乗っているソロキャンプ用の軽自動車の荷室ですが

写真の様にNCボックスの#13、25が、ちょうど4つ載せられます。

蓋の上に重ねられた、ボックスは蓋の溝にしっかりとはまっているので

この状態で走行中にずれてしまった経験はありません。

キャンプ道具箱10

それでは今回、あと3箱分を紹介します。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キャンプ道具箱は宝物入れ キッチン収納編

キャンプ道具はAstage NCボックス #13に収納して運ぶ


今回は、キャンプ道具の収納ボックスのお話です。

キャンプ道具を収納するためにパパーマンが使用しているのは

ホームセンターの安売りで購入したNCボックスという商品名のコンテナボックスです。

プラスチック製で、軽量なのが特長ですが

強度の方も非常に高くて、アウトドアでの使用に向いています。

このNCボックスにはサイズ違いがいくつかありますが

僕が選んだ箱の大きさは外寸が約L45 xW 30 x H16 cmの#13と、

同じL×Wのサイズで積み重ねが出来る深型の#25です。


これより大きなサイズの方が、もちろん道具がたくさん入りますが

手にもって運ぶときに、重くなって面倒なことがあるので

ソロキャンプで使う様な小型の道具を収納して、現地で運ぶことまで考えると

これくらいのサイズが、使っていてちょうど良いかなと感じます。

その1 調理器具、抹茶道具関係の収納箱


15cmセイロ、ニトリ一人土鍋(炊飯用)、茶筒(緑茶)、茶こし器

野点茶わん、茶杓(ちゃしゃく)と茶筅(ちゃせん)、抹茶の缶、銘銘皿、懐紙

シェラカップとミニシェラカップ、ビニール袋

キャンプ道具箱03


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。