プリムスのガスランタンP-573の潔さ

プリムスP-573を使うと思ってもいなかった効果を実感


前回の記事 2017年25泊目のソロキャンプは粕川オートキャンプ場 の続きです。

久々にキャンプに持って来たプリムスP-573ですが、コイツはメッシュホヤといっても直視すると眩しいくらいの灯りなので、少し離れたところにつけることを考えました。というわけで、まずユニツアー3のひさしを支えるポールにスノーピークのランタンフックを取り付け、そこにP573をぶら下げるセッティングにしています。

先週のキャンプでもそうだったのですが、ちょうど今の粕川オートキャンプ場は夜になると灯りに向かって羽アリが集まってくるのです。すると、今回は狙ったわけではありませんが強力な光りを発するP-573ガスランタンの方へと羽アリ達が導かれている様で、前室の中にはあまり羽アリが入ってきませんでした。

夏のキャンプでは、虫よけの為に離れた場所に明るいランタンをつけておくことがセオリーのように言われていますが、今まではあまりそんなことは考えもしませんでした。でも今回、偶然にもそのような効果を確かめられたので、ヘェーと感心してしまいましたね。(笑)

蛾が多いキャンプ場では、きっとこれは有効な手段なのでしょうね。

粕川50_巨大な灯り
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユニフレームの山フライパン深型はプリムスのイータパワーと相性が良いサイズか?

山フライパンは救世主になれるか


前回の記事 プリムスのイータパワー P-ETA-EFでフライパンを使うとこうなる でユニフレームのごはんクッカープラスのセットに入っている小さな黒皮鉄板のフライパンがプリムスイータパワーでは使えないというお話をしました。

実はこの時に神のお告げがありやぶれかぶれで、パパーマンはすぐに同じユニフレーム山フライパン深型を買っちゃってました。(笑)ですので、今回は、この山フライパンプリムスイータパワー P-ETA-EFの相性をみていきたいと思います。

まず下の写真左が山フライパン深型(直径17cm)で、右がごはんクッカープラスのフライパン(直径14.3cm)です。山フライパン17cmにはフライパンの高さが通常のものと「深型」がありますが、パパーマンが選択したのは深型の方です。深型はハンドル下の高さが十分ありますので、これならばイータパワーの風防と干渉しないと思ったのですが。


山フライパン深型07
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

プリムスのイータパワー P-ETA-EFでフライパンを使うとこうなる

プリムスイータパワー P-ETA-EFはココに注意


以前、過酷な冬キャンプにPRIMUS(プリムス)のイータパワー P-ETA-EFで挑む の記事でご紹介したイータパワー君ですが、冬キャンプの風の強い日でも活躍していただいてます。イータパワー君は専用のヒートエクスチェンジャーが溶着されたコッヘルつきのバーナでして、少々高い価格設定も、これなら納得できる一品だと使っていて思います。

ところで、パパーマンは専用のコッヘル以外にもユニフレームごはんクッカープラスをイータパワー君で使っているのです。この製品を購入しようかと考えている方の中には、他のコッヘルも使えないかと考えられる方もいらっしゃるのではないかと思います。(ただし念のため断っておきますが、説明書には専用コッヘル以外は使わないようにとの注意書きがありますので。)

そんな正しくない使い方をしていて、ちょっと困ったことがありました。困ったといっても、まぁーこれは自業自得なのですが。(笑) 購入する前にそんなことになるかもしれないと心配し、さんざんネットで調べたものの結論が出せなかった点です。なので、ここでご紹介しておきます。

PRIMUS(プリムス)のイータパワー P-ETA-EFの問題03


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

過酷な冬キャンプにPRIMUS(プリムス)のイータパワー P-ETA-EFで挑む

冬キャンプでもCB缶を使用したいのでイータパワーを選んだ


そろそろ本格的に寒くなってきましたね。みなさん冬キャンプの準備は進んでいますか。今回紹介は最近使い始めたプリムスイータパワーP-ETA-EF)というガスストーブを紹介します。

パパーマンがソロキャンプで使用している主燃料はCB缶です。調理する時などCB缶のカセットガスコンロなら燃料代も安いし、ツマミを回すだけで点火と消火が出来る手軽さが気に入っています。

なのでガスコンロを一年中使えないかなと思うのですが、冬キャンプの朝には寒さでドロップダウンをおこし火力が弱くなったり、北風がビュービュー吹いては火が消えてしまったりと、冬の過酷な環境でCB缶を使うと本来のコンロの性能が発揮できないのが難点です。パパーマンも昨シーズンの冬キャンプでは、早朝に寒さで凍ったガスコンロに火がつかなかったり、風に火があおられて炊飯が上手く出来なかったりと苦労した経験が何回かあります。

そこで今年の冬キャンプ前に、パパーマンはプリムスイータパワーを購入しました。イータパワーは、風防のついたゴトクと、プレヒート機構をもつガスバーナ、そしてヒートエクスチェンジャーのついた鍋(コッヘル)のセットです。

このイータパワーは本来、登山用に開発された道具なので、パパーマンのように平地でしかキャンプをしない場合はオーバースペックなのではと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、やはりいいものはいい!風にも寒さにも強くて、性能面でも価格的にもとても満足していますよ。

プリムス イータパワー13

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

プリムス EXQUIZA SPIDER EX-3233が見つかる

昔懐かしいガスストーブEX-3233が出てきた


パパーマンが、ソロキャンプをはじめてから

家の中をさがしても見つからなかったガスストーブ、

イワタニプリムススパイダー EX-3233

ふと古い段ボール箱の中から出てきました。


EX-3233プリムスがはじめて売り出した分離式のストーブで、

このストーブを購入したのは、もう1990年代のことです。


当時ガスストーブといえば、EPIかイワタニプリムスの2社がシェアを分け合っていた時代。

(青い缶のキャンピングガスもあったけど、あまり流通していなかった。)

分離式のガスストーブを初めて世に出した時は、パパーマンの記憶ではEPIです。

これは便利だなと感心していましたが、

そのあとでプリムスが直ぐにスパイダーストーブを発売しました。

プリムスも負けてないなと思い、プリムスが好きだったパパーマンは

スパイダー EX-3233を購入するに至りました。


ガスの分離式ストーブ(スパイダーストーブ)は、

今では様々なメーカから売り出されていますが

この辺りのストーブが原型ですね。


古い道具ですが、せっかくなのでソロキャンプで使い込んでみたいと思っていて

さっそく先日キャンプに持って行ったので、どんなストーブか紹介します。

プリムススパイダーストーブ01



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
アルバム
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

ユニフレーム ZATAKU II
焚き火テーブルと同じ高さなので、組み合わせるとフラットになり一体感があります
シナベニアの天板に癒されますよ

ユニフレーム フィールドラック
とても丈夫な棚です 地面に直接置きたくないキャンプ道具はこの上に載せましょう

ユニフレーム LTトートM
強靭な600デニールポリエステルを使用 同社の焚き火テーブル、フィールドラックやZATAKUⅡの収納に使っています

ユニフレーム
ごはんクッカープラス
このソロ用コッヘルセットを中心に組み合わせを広げています ごはんがうまく炊けます

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ロゴスの保冷剤 氷点下パックXL
倍速冷凍で氷点下のキープ時間が長く使いやすい

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。