台風21号直撃前夜 大雨の大津谷公園キャンプ場へ突撃

台風21号の影響で、この後雨はひどくなるばかりだけど


2017年10月21日(土)、22日(日)の一泊二日で岐阜県揖斐郡池田町にある大津谷公園キャンプ場にソロキャンプに行ってきました。今回で、今年35泊目のキャンプになります。

10月21日(土)は台風21号の影響で、あいにく午前中から自宅周辺で雨が降りはじめまてしまいました。これまで2週間続けて雨の週末でキャンプには行けずに残念だったので、今週こそはキャンプに出撃したかったのですよね。

でも、これから先は台風の接近で天気はますます悪くなることが容易に予想出来る状況だけあって、準備はしたものの出発しようかどうしようか迷っていました。天気予報を確認し、風は強くなさそうだし、雨も強く降りそうにもないので、とりあえず危険はないと判断しましたが、台風が過ぎ去るまでは雨がずっと降り続けそうなのが嫌なところです。

そんな中、14時を過ぎたころに雨が一時やんだので、天気予報で雨雲の動きをもう一度確認すると、これから3時間くらいは雨が降りそうもないことがわかりました。なので、この隙にテントを張ってやろうと思い、大津谷公園キャンプ場に向かってすぐに出発しました。

大津谷公園に到着し、無事、雨に合わずにテントの設営が完了しました。今回選んだテントは小川キャンパルのピルツ7です。ピルツ7はパパーマンがソロキャンプをはじめた頃に購入したトンガリテントで、今はもう廃盤になっています。

ピルツ7はワンポールテントだけあって、設営と撤収がとにかく早くできるのが一番の特長です。あしたの朝は、天候が悪くならないうちに一目散に撤収しようと考え、このテントを選びました。

2年くらい前は毎週、このテントのお世話になっていたのですが、すいぶん前からずっと使っていませんでした。久しぶりに立てたトンガリテントの姿を見て、当時のキャンプを懐かしく思い出しましたね。

大津谷04_テント設営完了
続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

キャンプ場の夜道を照らす便利な小道具たねほおずき

使い道が広いスノーピークたねほおずき


前回の記事 プリムスの優しい灯りに癒された夜 の続きです。

愛知県犬山市にある桃太郎公園 栗栖園地キャンプ場 2017年9月30日(土)の夜も更けて。

パパーマンはスノーピークほおずき以外にも、たねほずき ゆきを最近買ったのですが、しばらくこの小さなLEDランタンを使っているうちに、なかなか使い勝手がいい灯りだなと感じるようになりました。

まぁ、たねほおずきは本家のほおずきよりも小さい分、明るさは60ルーメン(ほおずきは100ルーメン)と暗いのは仕方ありませんね。でもその代わり、電池はHiモードで40時間(ほおずきは10時間)使えて長持ちなのですよ。乾電池を使うのであれば、たねほおずきの方が実用的ではないでしょうか。

パパーマンは、たねほおずきを下の写真の様に、ちょっと夜にキャンプ場を歩くときの懐中電灯代わりにも良く使っていますよ。ちょうどたねほおずきの輪っかの部分に指を入れてやると、なかなかとホールド感がいいのです。それに加えて懐中電灯と違ってあかりがよく広がるので、足元の様子がわかりやすいのがいいですね。

あとは、ぶらぶら持ち歩いてもシリコンのシェードがついているので、明るい光源が他の人の目に入りにくいと思います。そんなところも、たねほおずきのいいところかなと思っています。

桃太郎公園_たねほおずき


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

プリムスの優しい灯りに癒された夜

プリムスガスランタンについているフロストガラスの優しい灯りと言ったらもう


前回の記事 肌寒い夜に夏の終わりを感じた栗栖園地キャンプ場 の続きです。

愛知県犬山市にある桃太郎公園 栗栖園地キャンプ場 2017年9月30日(土)の夜です。

少し前まではソロキャンプにいつも持ってきていたコールマンのフロンティアPZランタン。このランタンの赤いボタンが無くなってしまい、メーカ修理から戻ってくるとマントルが無くなっていたのです。というのも、ホヤを外してから修理に出さなきゃいけない(運送中に割れない様に)ので、運送中にマントルは壊れてしまったのでしょう。

新しいマントルをまだ入手しないため、いまだにPZランタンは自宅でお留守番。そこで久しぶりにプリムスのランタンを持ってきました。

PZランタンを購入してからはプリムスを全然使っていなかったのですが、今日は代打で登場となりました。このプリムスのランタンですが、今回はほんとに久しぶりに使いましたよ。そして使ってみると、フロストホヤの優しい灯りにとても癒されました。キャンプで使う灯りは明るいばかりが良いわけじゃなくて、それは適材適所なのでしょうけど、このプリムスのランタンはすぐ近くに置いておきたい灯りですね。

明るさはスノーピークほおずきと変わらないくらいなので、ガスランタンとしてはかなり暗い部類です。きっとパパーマンの使っているこのプリムスは、内部がゴミで詰まっているのじゃないかと思うのです。マントルが壊れたらメンテナンスしてやろうかと思いながら、そのマントルがもう何年も壊れないので、未だにそのままになっています。

プリムスはスノーピークほおずきより雰囲気は一枚上です。フロストガラスとシリコンゴムでは、やはり質感が全然違うわけなので、これは差があっても仕方ないところでしょうね。

桃太郎公園_プリムス


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

肌寒い夜に夏の終わりを感じた栗栖園地キャンプ場

アウトドアワゴンで3回分のキャンプ道具を運ぶ


2017年9月30日(土)、10月1日(日)の一泊二日で愛知県犬山市にある桃太郎公園 栗栖園地キャンプ場にソロキャンプに行ってきました。このキャンプ場を利用するのは久しぶりですね。今回で今年33泊目のキャンプになります。

土曜日は18:00前に栗栖園地キャンプ場に到着。この栗栖園地キャンプ場は人気のキャンプ場なので、駐車場はすでに満車でした。少し待っているとデイキャンプの方の車がどんどん出ていくので、なんとか空いたところに車を入れることができました。

少し暗くなったキャンプ場で急いでテントの設営をします。ただ、この栗栖園地キャンプ場はとてもサイトが広いのです。

駐車場に近いエリアにはテントがすでにいっぱいたっていて、もうテントをたてるスキマがありませんでした。なので距離が少しある場所まで、キャンプ道具一式を運んでやる必要がありました。

そこで、コールマンアウトドアワゴンの登場です。このアウトドアワゴンですが、昨年、この栗栖園地でキャンプをするために購入したのですよ。アウトドアワゴンはこのキャンプ場ではやはり必須のアイテムのようで、今回のキャンプでもこの赤いアウトドアワゴンを使われているキャンパーさんをたくさんお見掛けしました。

もちろん他社製品の方もいらっしゃいましたが、コールマンを使っている方が断トツで多い様に感じました。それにしても思い返せば、去年アウトドアワゴンを購入してから、あまりここでキャンプしていませんね。(汗)

それで、家の中で肥やしになっているかといえばそうでもなくて、小学校の運動会でクーラーボックスやチェアなんかを自宅から運ぶ時や、堤防釣りの時に釣り具一式を運ぶ時などに大活躍しています。なにかとイベントがあった時には便利なアイテムです。

桃太郎公園_コールマンキャリア

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スノーピークほおずきはマイクロUSBケーブルによるバッテリー給電で使うと便利

スノーピークほおずきが電池消耗ですぐに暗くなってしまうという不満


パパーマンがソロキャンプのメインランタンとして使用しているスノーピークほおずきですが、当初は電源として普通にアルカリ単三電池×3本を使っていました。すると電池が消耗することにより照度が低下してしまうまでの時間が早いため、ここにとても不満を感じていました。

というのも、電池を使った場合のほおずきの連続点灯時間がスペックではたった10時間なのです。これは別売りの充電池パックを使ったときも同じ10時間です。

比較としてLEDランタンの定番であるジェントス エクスプローラー プロフェッショナル EX-777XPの場合はHighモードでの連続点灯が72時間になります。まぁ、ジェントスは単1電池×3本を使用しているわけで、単純に比較するとほおずきが不利なのはいうまでもありません。ただ連続点灯時間だけの比較ではその差は歴然です。

この比較からも、ほおずきは最近のLED照明としてはかなり短い電池寿命だといっていいと思います。

10時間というと2回くらいキャンプにいけば電池が無くなってしまう計算になりますので、これだとけっこう頻繁に乾電池を取り換えるハメになってしまいますから、ここがほおずきの唯一の弱点といってもいいところです。

ほおずきはせっかく気に入って使っている照明なので、バッテリーの寿命をなんとか延ばせないか、また照度が低下するまでの時間を遅らせられないかと考えていました。

そこで、パパーマンはほおずきについているUSB端子にマイクロUSBケーブルを接続し、モバイルバッテリーから給電することを考えたのです。

スノーピークほおずきUSB01

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
Instagramへのリンク
Instagram
Twitter
おすすめ書籍
ゆるキャン⛺4巻
アニメ化決定! 人気沸騰キャンプコミック第4巻!
どんどんキャンプに夢中になっていくなでしこ、一人じゃないキャンプも楽しみはじめたリン。
今度はみんなでキャンプに行くことに…!
お気に入りキャンプ道具

パパーマンが実際に使っているキャンプ道具達を紹介します


モンベル(mont-bell) ムーンライト5型
暑い日本の夏に風通しの良いこのテント
張り綱不要で設営がとにかく楽ですよ

エリッゼステーク
村の鍛冶屋の丈夫な鋳造ペグ
限定色も発売され選べるカラーも増えました

テンマクデザイン
ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version
ソロキャンプサイズのタープ
厚手の生地なので夏は濃い影が出来ます
小川張りをするときにはコレを使っています

エリッゼ アルミタープポールレッド
ムササビウイングに合わせて赤いポールを使用してます

コールマン フロンティアPZランタン
コンパクトなサイズとフロストホヤの温かい灯りが気に入ってます コールマンの良心が詰まった安価なランタンです

スノーピーク(snow peak) ほおずき
LEDランタンなのにフロストホヤのようなシェードのおかげで目に優しい灯りがいいです おかげでPZランタンと同時に点灯していても違和感がありません

XHDATA® TECSUN PL-310ET
FM/MW/LW/SW PLL DSPラジオ 中国製ですが日本語取説付で安心な高感度ラジオです ソロキャンプの夜長はラジオを聴きながらよくまったりしてます

イワタニ カセットフー BO(ボー) EX
カセットコンロで最強の発熱量4.1kW
屋外でも風に強いダブル風防とヒートパネルを装備
アウトドアに便利なキャリングケース付です

イワタニ カセットガス スモークレス焼肉グリル やきまる
鉄板の表面温度を一定にして、脂が煙になるのを抑制するカセットガスコンロ
煙がでにくいので、アウトドアでも周りが囲まれた空間で使う時に便利なんです

ADIRONDACK(アディロンダック) AD キャンパーズチェア
肌ざわりの良いコットン生地の折りたたみ椅子 座り心地が良いので寝られます

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) CF アジャスタブルテーブルS
買ったばっかりですが、このテーブルはとにかく格好いい!プリムスの本気を感じます

Rockpals ポータブル電源
電源の無いキャンプ場で扇風機を使うために買いました AC/DC/USB給電可能で使いやすいですよ

NITINEN(ニチネン) カセットボンベ式ヒーター
ミスターヒート KH-011
冬キャンプでは足元が暖かくしたいので、コンパクトなこいつを使っています。屋外式なのに燃焼音が静かで、ドロップダウンに強いのがいい。

トランギア
ケトル0.6リットル TR-325
ごはんクッカープラスの中に収納するならこのケトル

ダイワ クーラーボックス RX SU X 2600X
夏キャンプでは保冷力の高い釣り用クーラーがオススメ 容量26Lで2Lのペットボトルが縦置きできるサイズです フタについている小さな投入口から、ちょっとしたものを取り出せるのが便利です

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。